考え方だけでスコアアップをしよう!コースマネジメントの基本

お気に入り
コースマネジメントとは、コースコンディション、ホールレイアウト、ピンの位置、自分の能力などを考慮して、どのようにコースを攻略するかを決めることです。

また、ゲームの流れ、リスクとリワード(報酬)のバランス感覚、さらには、自分の心の状態などをコントロールすることなども、広い意味ではコースマネジメント言えるでしょう。

もちろん、私たちは意識をするしないにかかわらず、コースマネジメントをそれなりにやっています。

例えば、ショットが左右に曲がった場合に、どちらのほうがダメージが大きいとか、レイアップのショットはどの辺りに落としたいとか、バンカー越えのピンを狙っていくか、あるいは、グリーンのどこに乗ると3パットになってしまうか……などを考えてながら、打つべきショットを決めています。

しかし、問題意識のない精神状態では、ついつい愚かなミスをしがちですから、そのようなミスを最小限にすることが、コースマネジメントと言えるのです。

例えば、OBも池などのペナルティエリアも同じ1打罰ですが、1ヤードも前進せずに同じ場所から打ち直しを強いられるOBは、2打失うのに等しいと言っても過言ではありません。

したがって、右がOBで左が池という狭いホールでは、左に外すほうがダメージが少ないことは誰にでもわかることです。

しかし、多くのアマチュアゴルファーは、このようなケースで池を避けるようなショットをしてOBにしているのではないでしょうか。

そのような行動は、まさに愚かなコースマネジメントの一例です。

また、常に理想のショットの距離と方向に合わせてクラブを選択し、ターゲットを決めて、フルスイングで打っている人を見受けますが、そうしたプレーも愚かなコースマネジメントと言わざるを得ません。

もちろん、そうした打ち方が常に間違いというわけではありません。

しかし、ホールのレイアウト、グリーンのアンジュレーション、ピンやハザードの位置などによっては、賢い選択と言えないケースが多々あるわけです。

ティーショットで考えるべきこと

ティーショットで考えるべきこと

getty

ミドルホール(パー4)やロングホール(パー5)のティーショットは、どのクラブで、どの方向を狙って打つかということを常に考える必要があります。

ティーショットのリスク、セカンドショットのポジション、ハザード、ラフ、林や木の状態などを考えて、クラブの選択とターゲットを決めていきます。

フェアウェイの狭いホールや、ドッグレッグのホールでは、特に十分考えて、ターゲットを決める必要があります。

また、いろいろな種類のボールが打ち分けられるという人ならば、ホールロケーションや風の向きなどを考慮して、最も有利なボールを打てるという強みがあるわけですから、そうした強みを上手く発揮できるような判断が望まれます。

中でも、特に気を付けたいのはドッグレッグの攻め方です。

どのように攻めるかは個人の技量や持ち球に左右されますが、基本的にはコーナーの反対側に打つというのがセオリーです。

もちろん、コーナーの林越えや池越えを狙えば、グリーンまでの最短ルートですが、ドッグレッグのコーナーは、間違いなくトラブルゾーンです。

多少遠回りにはなりますが、コーナーの反対側を狙うのが安全策になるのです。

グリーンを狙うショット

グリーンを狙うショット

getty

グリーンへのショットでは、ピンまたはグリーンのセンターに対して、どこを狙うかという判断をする必要があります。

常にグリーンのセンターを狙って打つというのも、1つのコースマネジメントと言えますが、そうした場合でも、速くて傾斜の大きなグリーンの手前にピンが切ってある場合など、センターを狙うべきではないケースもあります。

また、グリーンの近くからのショットでは、当然、ピンを狙うべきということが多くなりますので、そうした場合の判断基準を身に付けておくことが必要になります。

さて、ピンを狙うショットを考える場合、2つのことを考えなくてはいけません。

1つは、グリーンを外した時にどうなるかということ。もう1つは、難しいパットや3パットになる可能性の高いエリアはどこかということです。

グリーンを外しても寄せやすいピンの位置であれば、ピンを狙って打つリスクは低くなりますが、グリーンを外したら寄せられないような、ハイサイドに切ってあるピンを狙うのは、次のショットで寄せられないわけですから、賢い選択ではありません。

また、ピンの上につけたら3パットになる可能性が高いグリーンでは、そこにボールが行かないように打つべきで、少し長めの上りのパットが残っても、ピンの下を狙って打っていくほうがベターでしょう。

つまり、なるべく上りの真っすぐに近いラインのパットが残るようなショットを打つように攻めるのが原則です。

アプローチショットの狙い方

アプローチショットの狙い方

getty

アプローチショットでのボールの落とし場所と打ち出すボールの高さは、狙い通りにいかなかった場合のこともある程度考慮に入れて、安全サイドに設定します。

例えば、深いラフからのショットなどは、最悪でもグリーンに乗るようにサンドウェッジなどで少し強めに高く上がるボールを打っていきます。

また、フェアウェイや浅いラフからの距離のあるショットは、グリーンの平らなところにボールを落とせるのであれば、なるべく、ロフトの少ないクラブを使うことで、ミスした時のダメージを最小にすることができます。

また、グリーンが硬い時と柔らかい時では、ボールは驚くほど違った転がり方をします。

特に高く上げたボールではその差が大きくなるので、ショットを打つ前に、グリーンを歩いてみたり、他のプレーヤーの転がりをチェックすべきでしょう。

そしてグリーンの硬さと転がり方が予測しにくいケースでは、なるべく低いボールを打って転がしていくのが、正しいコースマネジメントと言えるでしょう。

また、バンカーからのショットや林からのショットなどについては、具体例を挙げて説明しませんが、少し狙いがズレた時にダメージが大きくなるようなショットは極力避け、リスクを取る場合には、その見返りが大きい時にのみリスクを取るような判断をするのがコースマネジメントの原則です。

最初はなかなか上手く考えられないかもしれませんが、とにかく上に挙げたようなことを考えるクセを付けていけば、「なんか今日はショットの調子は悪かったけどスコアは良かった」というラウンドが増えてくるでしょう。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516