実はスコアアップの肝!ショートパットを確実に入れるコツ

お気に入り
1メートル以内の短いパットは入れて当たり前という考え方になりますから、余計なことを考えがちで、実は意外と外すことが多いでしょう。

その日の最初の短いパットや大事な場面でのショートパットでド緊張するゴルファーも少なくないはずです。

短い距離を外せば、スコアもまとまりませんし、他のショットに影響を及ぼしかねず、楽しいはずのゴルフが台なしになってしまいます。

ショートパットをする時の意識変化

ショートパットをする時の意識変化

getty

ビビってしまう状況下でのショートパットのことを、英語では「ニー・ノッカー(knee knocker)」と言いますが、1メートルのパットと5メートルのパットでは、考えることが違ってくるのが普通です。

1メートルのパットでは、ほとんどの人が入れることと外すことの両方を強く意識するものですが、距離が長くなるにつれて、外すことに対する意識は弱くなり、カップの近くにボールを止めることを意識するようになるのが普通です。

その意識の変化がパッティングストロークに大きな影響を及ぼすことになります。

外したくないという意識の中で外す心配をした時に、悪い結果になりやすいことは言うまでもありません。

短いパットをよく外す人は、その心配の度合いが大きいのが普通で、入れることよりも外すことばかりを考えている人が多いのではないでしょうか。

もちろん、パットの上手い人でも程度の差こそあれ、外すことは意識するものですが、両者の大きな違いは、その意識を上手くコントロールできるかどうかです。

意識を上手くコントロールするには、失敗するのではないかという起きてほしくない悪い結果ではなく、良いストロークをすること、つまり、プロセスのクオリティーにこだわって、ストロークすることです。

加えて、しっかりストロークした結果、ボールがカップのど真ん中からきれいに入るというイメージをより具体的に、そして、鮮明に頭で描いた状態でストロークすることが効果的なのです。

ボールの転がるラインと、それがカップインするスピードやカップに入っていく場所、そして、カップに入った時の音なども含め、ポジティブなイメージをできるだけ詳細に鮮明にイメージします。

そうすれば、外す心配はいつの間にか消えてしまうものです。

ショートパットの技術的な注意点

ショートパットの技術的な注意点

getty

前述のように、ショートパットではメンタルな面での問題点の排除が最も大切だといえますが、パッティングストロークの技術的な注意点についても、ここで同時に触れておきましょう。

まず第一に、パターヘッドを真っすぐ引いて、真っすぐ出すことが一番重要だと考えている人も少なくないでしょうが、そうしたことを考えながらパットをすること自体が外す原因なのです。

多少真っすぐに引けてなくても、パターのフェース面がボールを打つ瞬間にスクエアになってさえいれば、その前後の動きに関係なく、短いパットはほとんど入ります。

ただし、フェース面をスクエアにというストロークのメカニクスの意識を持ってボールを打つのは禁物です。

メカニクスにこだわるのであれば、もっとシンプルにフェース面の向きとは関係ないこと、例えば、振り幅やボールをヒットした時の感触などを意識したほうがいいでしょう。

また、振り幅を意識するのであれば、テークバックとフォロースルーの大きさが1対1の小さ過ぎないストロークのイメージを持つことです。

次に、ストロークのペースですが、ゆっくり一定のスピードでストロークし、しっかりボールを打つことが、短いパットを入れるのに最も重要な「フェースをスクエアにする」という点からは有効なことなのです。

そうしたストロークを覚えるには、パターヘッドの上にコインを置いて、それが落ちないようにストロークする練習が効果的です。

短いストロークで速くパターヘッドを加速させれば、コインは落ちるはずです。自分のパッティングストロークをそうした観点から一度チェックしてみましょう。

ボールをヒットする前後のパターヘッドのスピードを一定にすることです。

加速モードで打つことを考えている人は、ショートパットではその考え方を改めたほうがいい結果が出るでしょう。

ショートパット専用のルーティーン

ショートパット専用のルーティーン

getty

以上がショートパットを入れるために有効なメンタルとテクニカルに係わる注意点ですが、これらのことをすべてを毎回上手くこなすのは案外簡単ではありません。

そこでお勧めしたいのが、ショートパット専用のルーティーンを作って、毎回それを実行することです。

通常のパットでは、正しいスピードのイメージを持ってストロークすることが大切ですが、短いパットでは、状況が少し異なります。

集中すべきことは、パターのフェース面をターゲットに合わせたら、途中では絶対にスピード調整や軌道調整などをしないよう、ボールがカップインするイメージを強く描がいて、フェースの向き、ヘッドの軌道、そしてストロークの強さなどを考えることなく、いつもの振り幅とペースでスムーズにストロークすることです。

それを実行するのにベストな自分なりのルーティーンがあるはずです。

外すような気がしたら

外すような気がしたら

getty

無心な心でストロークするつもりで準備しても、人によってはボールを打つ直前になると、外すのではないかという不安感が芽生えることもあります。

また、普段はそんなことがなくても、一度でも思ったようにパットができなかったりすれば、そうした心配がラウンドの途中でも急に出てきます。

しかし、そんな時こそルーティーンが力を発揮します。

いつも通りルーティーンに従って、ボールを打つことを100パーセントやり切ることにこだわってほしいものです。

入れることや外すことへのこだわりは、きっぱり捨てるべきです。

どんなルーティーンをするにせよ、必ず実行しなければいけないことは、ストロークをする前に自分のルーティーンを間違いなく実行したという確認をしてから、ストロークすることです。

外すのではないかという不安感を排除し、無心に近い状態を作るのに「確認」のステップが効果を発揮するからです。

確認の段階でルーティーンの手抜きをしたとか、何かが変だと感じた時は、仕切り直しをしましょう。

何度も仕切り直しをするようでは、プレーファストの観点から問題ですが、集中してルーティーンを行っていれば、そうしたことが度々起こることはないはずです。

いずれにしても、最後はイメージしたストロークをすることだけに全神経を集中さるということが、ショートパットを入れるコツなのです。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

スリクソンMOVE MASTER2 210421-0509