レッドペナルティーエリアとイエローペナルティーエリアの違い、知っていますか?

お気に入り
2019年、ゴルフのルールは大きく変わりました。

それまで、ティーグラウンド、あるいはティーインググラウンドと呼んでいたものがティーイングエリアとなりましたし、グリーン上でピンを抜かずにパットができるようになったり、膝の高さからボールをドロップするようになったり……。

そういえば、かつて、ウォーターハザードと呼ばれた場所もペナルティーエリアと呼ばれるようになりましたね。

さて、この時に変更されたペナルティーエリアからの正しいボールの処置の方法を知っていますか?

ペナルティーエリア内のプレー

ペナルティーエリア内のプレー

getty

ペナルティーエリア(以下PA)の境界線は、赤杭と赤いライン、または黄色杭と黄色いラインで示されていますが、新ルールではそれぞれのエリアの名称が、赤はラテラルではなく、レッドPA、黄色はイエローPAとなりました。

そこにボールが入ってしまったら、まず、そのボールをプレーできるか否かを判断する必要があります。

プレー不可能、もしくはプレーをしないほうが得策と判断した場合は、1打罰の救済を受けることになりますが、PA内のボールをプレー可能と判断した場合は、そのままプレーを続行することができます。

旧ルールでは、ソールをしたり(クラブを地面に付けること)、手やクラブが少しでも地面やルースインペディメントに触れればペナルティーが科されました。

新ルールでは、そうしたソールとルースインペディメントに係わるペナルティーがなくなり、自由にプレーできるようになりました。

なお、PA内のボールをプレーした結果、そのボールがOBになったり、そのPA内にとどまったりしてプレーできない状態になった場合、PA救済の1打罰の下に(OBの場合はその1打罰も加えて)そのボールが、そのPAに最初に入る時に横切った地点を基点とし、後述する(2)の救済、レッドPAであれば、(2)または(3)の救済を受けることができます。

赤杭、黄色杭の違い

赤杭、黄色杭の違い

getty

さて、前述のようにPAの境界線は赤杭と赤ライン、または黄色杭と黄色ラインで示されていますが、どちらの場合も、そこにボールが入ったことがわかっているか、ほぼ確実な場合は、規則17「ペナルティーエリア」に従って救済を受けられます。

赤と黄色の違いは、ボールをドロップできる場所の選択肢にあります(ドロップの仕方の詳細は後述)。

どちらにも下記の(1)(2)の選択肢が与えられますが、レッドPAには境界線を横切って入った地点から2クラブレングス内のホールに近づかないPAの外のエリア、すなわち救済エリア内という選択肢が与えられます。

救済エリアという言葉は、2019年のルール改定で導入されたゴルフ用語で、レッドのほうが救済の条件が多い分、有利ということになります。

●救済の選択肢(ボールをドロップできる場所)

イエローPAの場合
(1)最後のプレー地点にドロップして打ち直し(ストロークと距離の処置)。ティ-ショットではティーアップ可
(2)境界線を横切って入った点とピンを結んだ後方線上にドロップ

レッドPAの場合
上記2つに加えて
(3)境界線を横切って入ったと推定される地点から2クラブレングス内のホールに近づかないPA外のエリア(注)にドロップ。ドロッピングゾーンがあれば、そこからのプレーも可

1打罰で救済措置を受ける場合は、上記のように黄色か赤かによって、ボールをドロップできる場所の選択肢が異なるので、その点をよく理解しておく必要があります。

(2)の選択をする場合、PAの境界線を最後に横切った地点とホールを結んだ線上で、そのPAの後方であれば、いくら離れても距離に制限はありません。

ただし、新ルールでは救済の基点を決め、救済エリア内にボールをドロップし、その救済エリア内にボールが止まらなければならないと定めているので、注意しないと、ルール違反で2打罰を科される可能性もあります。

旧ルールの時に、ほとんどの人がやっていた後方線上と思われる場所にマークをせずにボールをドロップする方法だと、ルール違反になる可能性があります。

マークをせずにドロップした場合は、ボールが最初に落ちたところが救済の基点になり、それよりもボールがホールに近づいた場合は、救済エリア外のボールと見なされるからです。

なお、PAのほうにボールが飛んでいったが、そこに確実にボールが入った合理的な状況証拠がなく、必ずしもボールがPAに入ったとは言えない場合でボールが見つからない時は、たとえPAにボールが入った確率が高くても、ロストボール扱いとなり、上記(2)、(3)の救済は受けられません。

救済のボールドロップ

救済のボールドロップ

getty

救済を受ける時のボールドロップについては、ボールは膝の高さから救済エリア内に落とし、そのボールが救済エリア内に止まらなければなりません。

そうしたドロップを2度やっても救済エリア内にボールが止まらない時は、2度目のドロップでボールが最初に落ちた場所にプレースする手順でプレーをします。

旧ルールのように肩の高さからのドロップは、正しくないドロップで、無効なドロップとしてペナルティーは科されませんが、ドロップをやり直す必要があります。

それをせずに、そのボールをプレーしてしまえば、ボールが救済エリア内ならば1打罰、また、救済エリア外であれば2打罰となります。

ゴルフを長くやっているベテランゴルファーほど長年のクセが抜けないでしょうが、クラブチャンピオンシップなどの正式競技では、このルールは知っておかなければ、思わぬルール違反でペナルティーを受けてしまいかねません。

また、たとえ競技に出なくても、正しいルールを知っていれば、それだけ有利にゲームを運べます。しっかりと覚えておきましょう。
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721