「だるま落とし」ができればゴルフがもっと上達して、楽しくなります!

お気に入り
ゴルフは、ボールと遊ぶことができるようになればもっと楽しくなるはずです。

その1つが「だるま落とし」です。

スイングの基本はだるま落とし

スイングの基本はだるま落とし

getty

ザックリやソケット(シャンク)なんて聞くだけでも嫌です。

「スイングの基本はだるま落とし」だそうで、「これができれば、ドライバーもアイアンもアプローチもすべて上達する」とは、あるプロゴルファーのお話。

ゴルフのすべての要素が詰まっているそうなんです。

1ヤードショットを打ってみよう

1ヤードショットを打ってみよう

getty

右手でウェッジを持って、右足の前あたりにボールを置きます。

片手でボールの下にウェッジを滑り込ませ、勢いのないボールがフワッと上がって、できるだけ近いところにポトリと落ちれば成功です。

家でもできる練習メニューに、普通のアプローチスイングをして、1ヤードキャリー、1ヤードランで2ヤードをサンドウェッジで打つ練習があります。

これは結構難しく、ダフリトップが多発します。しかし、これができるようになるとアプローチが抜群に上手くなります。

理屈ではなく、体が覚えているんです。

1ヤードショットにはすべてが詰まっています、とのこと。

小さい動きは難しく、体幹を使う意識とインパクト感が身に付くらしく、これがすべてのショットにつながっていくのだとか。

体幹を使うショットは大事だという話はよく聞きますが、具体的にどう意識すればいいのかっていうのがなかなか難しいわけで、それがわかるというのであればやってみる価値はありそうです。

初めての人は、大概、いきなりカツーンとトップします(笑)。

飛ばさないようにと意識すると、どうしてもインパクトで調整してしまうような動きが出ちゃうんですよね。

でも何発か打っているうちにだんだんとコツがつかめてきます。

まずはクラブを短く握ること。そのほうがクラブの動きが安定するし、飛ばなくなります。

そしてコックを使わないこと。コックを使って打つとゆっくり振れないし、打点が安定せず、トップやダフリのミスが出やすくなります。

意識することは、手を使わずに体で振るということ。

ゆっくりとしたテンポで、大きな円弧のスウィングができるようになり、しっかりとフェースにボールが乗ったショットが打てるようになります。

上手くなってくると、1ヤードキャリーでスピンをかけることもできます。じゅうたんの上で、サンドウェッジでボールを拾えれば相当高い技術です。

友人に、家でウェッジの練習をしていた人がいましたが、襖(ふすま)はボロボロ、畳もボロボロでした。

その人はエイジシュートを何度もしていました。

ザックリの恐怖

ザックリの恐怖

getty

アプローチで、よくある失敗はリーディングエッジが芝に食い込んでスパっと抜けていかないザックリ、次にリーディングエッジでボールの横腹を打ってしまうトップによるホームラン、さらにはロフトを立ててきっちりインパクトし過ぎるナイスショットもダメ。

悪いショットではないのですが、低くく、強過ぎる球が出てしまい、だるま落としにはなっていない。

実はこのナイスショットをする人は、常にザックリの恐怖を抱えている人に多いのです。

だるま落としがゴルフの基本である理由は、低く入って低く抜ける、理想的なインパクト周辺のヘッド軌道を体で覚えることができるからです。

上手い人のクラブヘッドは必ず低く入って低く抜けていきます。大きなミスが出づらく、対応力があるのがこの打ち方なのです。

ザックリになる人は、スイング軌道が鋭角で上から入り過ぎていたり、フェースの使い方が悪くシャットになり過ぎて、リーディングエッジが引っかかったりしています。

ホームランになる人はダウンスイングでシャフトが寝てインサイドから入り過ぎていることが多いです。

軌道の上がり際に当たったり、一度手前をダフってはね返ったクラブのリーディングエッジで打ったりするとホームランになります。

また、ナイスショットをしてしまい、だるま落としのできない人は、キツいハンドファーストになっています。

一見問題がないように思えますが、このタイプの人は打球が低くなるので、長いクラブで球を上げられずに距離を出し切れないのです。

上手くだるま落としを成功させる最大のコツは、気持ちの持ち方にあります。

リーディングエッジをキッチリ入れようとするような几帳面タイプはダメ。

必ず手前からソールを滑らせて大雑把に振ること、さらに、フェースを開き気味に使ってソールを滑りやすくしてやることです。

距離も大雑把で、グリーンの真ん中に打てればいいやぐらいの気持ちで打ってみましょう。ラフからのバンカー越えショットみたいなものと考えてみてください。

フェースを開く

フェースを開く

getty

練習では、片手練習が最適です。なぜかと言えば、片手では早く振れないからです。

だるま落としができれば、アプローチでは上げて止めることができるし、ドライバーはヘッドが効いた高い軌道で飛ばせます。

アイアンも高いフォローで狙っていけるし、バンカーショットも安定してきます。

すべてのショットは、フェースが開き気味に低く入ってこなければならないのです。

「フェースを開く」という言葉、プロはよく使います。

アイアンとボールとのコンタクトが柔らかくなり、微妙な調整もできるようです。

アマにとっても、ダフリやトップのミスに対する保険のようなもので、割と安心感があるのか、一度覚えると、すぐに開きたくなります。

また、バンカーでの距離調節に使えますので、クラブを開く感覚を覚えれば、いろいとな場面で使えると思います。

だるま落としは、ボールの浮いているラフの中で練習すると感覚がつかみやすく、要領が飲み込みやすいです。

一度そのような場所で練習をして、感覚をつかんでみてください。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516