力強いインパクトで飛距離アップを実現する右ひじの正しい使い方

お気に入り
スイングを後方から見た時、力強いインパクトを生むための右ひじの形は、適度に曲がった状態になっています。

右ひじが適度に曲がった状態でインパクトを迎えると、スイングで作った力を最大にしてボールに伝えることができると言われています。

クラブを体に引き付けるために、右ひじは少し曲がった状態

クラブを体に引き付けるために、右ひじは少し曲がった状態

getty

逆に悪い例というのは、右ひじが伸びた状態でボールを打つことです。

右腕が真っすぐに近くなることで、体が伸び上がってスイングするような形になります。

こうなってしまうと力がボールに十分伝わらずに、距離を最大限に出すことができなくなります。

ダウンスイングで、遠心力が付いたクラブを体に引き付けるには、両腕で引っ張り合う関係が必要で、腕が伸び切ってしまうと強烈に引っ張ることができなくなります。

綱引きで綱を引く時、足で踏ん張って、かつ腕は曲げた状態で引くはずです。

さらに、右ひじが体から離れてしまったスイングをすると、ヘッドの軌道がアウトサイドインになり、ボールにスライス回転がかかってしまいます。

つま先立ったアウトサイドイン軌道を修正し、安定したベタ足でスイングしたいものです。

右ひじを上手く使えるようになるための練習方法

右ひじを上手く使えるようになるための練習方法

getty

まずヘッドカバーを右の脇に挟んで、そのままボールを打っていきます。

右の脇にヘッドカバーを挟んでスイングをするので、あまり大きな動きはできません。

小さいスイングになりますが特に問題はありません。バックスイングではシャフトが地面に平行になるくらいまで、フォロースルーでも同じく地面と平行になるくらいまで振っていきます。

右脇を締め、ダウンスイングではクラブが体に擦れるほど近くを通し、右ひじを体に引き付けてクラブを下ろしてきます。

ヘッドカバーを右脇に挟んで落とさないようにして打つと、右のひじが曲がった状態でボールを打つことになります。

そうすると理想的な力強いインパクトの形を作ることができます。

バックスイングでは、左手を伸ばし、左手の甲をそのまま親指方向にコックを入れていけば、自然に右ひじが折られてクラブは右肩の付け根辺りに上がっていきます。

体にイメージを残して、次はヘッドカバーを挟まずにボールを打ってみます。

その時もインパクトでは右ひじが真っすぐに伸び切らないようにすることを意識しますが、インパクト後は自然に伸びていきます。

ゴルフボールを右手に持った状態をイメージし、そのボールをティーアップしたボールに向かって投げつけるような感覚でスイングすれば、インパクトと右腕が伸びるタイミングが合ってきます。

右手でしっかりとボールを押し込むには?

右手でしっかりとボールを押し込むには?

getty

飛距離を出すにはスイングのスピードを上げる必要があります。

それに加えてインパクトの時にボールをしっかりと押し込むことが重要です。

左手主導でスイングをしていくこと、それに加えて右手でしっかりとボールを押し込むことで飛距離が大きく伸びます。

これを練習場で確認するには、コックすることによって飛ばそうと集中するのではなく、バックスイングの最後で右肘をたたむようにすると、割と上手くいきます。

腕ではなく、その折ったひじをそのまま下方の地面に引っ張り下ろす、この方法だと暴力的なダウンスイングは不要です。

コックを保ってレイトヒットしようという努力も不要になります。

ダウンスイングの最初の瞬間に折りたたんだままの肘を引っ張り下ろせば自然にコックが保たれ、努力せずにレイトヒットが実現します。

心配しなくてもコックはインパクトで遠心力によって解かれます。

アーノルド・パーマーは、右ひじを体に引き付ければ多くのミスを減らせるという記事の中で、「ダウンスイングで体に引き付けられるこの右ひじの動きは、クラブヘッドがヒッティングゾーンに突入するまで、アンコックを正しく遅らせることを可能にする」と言っています。

インパクトで、若干曲がったままでコンタクトした後、フォロースルーでは両腕は伸ばされていき、地面と平行になる時点で完全に伸び切った状態になります。

決して、腕や手でクラブを返す必要はなく、両腕を伸ばしてローリングさせれば、ヘッドは左方向を指します。

両腕は折りたたまれて、フィニッシュとなるわけです。

ゴルフでは、左手がリーダー的役割を果たし、右手は出番を待って役割を果たします。

案外見落としがちなのは、クラブを上に上げるには、持ち上げるのではなく、ひじを使えばクラブは簡単に上がるということです。

それだけに、右腕、右手がボールを押し込んだり、加速したりと、裏方でその役割を上手くコントロールすることが上達への道です。
お気に入り
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアバナー210617-27
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721