自分にとって最適な14本のクラブの組み合わせを考える

お気に入り
ご存知のように、ゴルフは使わなくとも15本以上のクラブがバッグに入っていれば、規則4.1bのルール違反です。

昔は市販のアイアンセットが3番アイアンからピッチングウェッジまでの8本セットで売られていたので、それにドライバー、スプーン(3番ウッド)、クリーク(5番ウッド)とサンドウェッジとパターを入れれば13本のクラブが決まり、後はもう1本のクラブを何にするか決まれば、14本のセットができあがりました。

残り6本のクラブ

残り6本のクラブ

getty

しかし最近では、ウェッジ、ユーティリティー、フェアウェイウッドなどで、いろいろなスペックのクラブが市場に出回っており、アイアンセットも5番アイアンからピッチングウェッジまでの6本セットとして売られているもののほうが、むしろ標準になっています。

ロフトの立ったストロングロフトのアイアンセットも少なくないということで、14本の決め方も大きく変わってきました。

つまり、5番アイアンからピッチングウェッジまでの6本とドライバー、パターで合計8本ですから、残りの6本のクラブをどのように決めるかというパズルを解くことが課題となりました。

そこで考えてほしいのが、14本のクラブに何を求めるかという狙いを決めることです。

例えば、自分の弱点をカバーすること。

もし、50~60ヤードのショットが苦手だと思っているのであれば、その弱点をカバーしてくれるようなウェッジを入れることを考えます。

その結果、ウェッジを1本追加したら、一番使わないクラブを1本抜く必要があります。

そんなセッティングの変更によるプラス効果が、マイナスの影響を上回れば、自分のセットは、最適化に一歩近づくことになります。

同様に、ドライバーが苦手であれば、スプーンをティーショットで多用するという発想で、そのロフトを一般的な15度より立っている13度にし、次のクラブを標準的な5番ウッド(18~19度)よりロフトの立った17度くらいのクラブを入れてみるというアイデアは功を奏するかもしれません。

それぞれのクラブの役割を考えて、セットとしての最適化を図ることが大切なのです。

飛距離別の役割分担

飛距離別の役割分担

getty

平均的な男性アマチュアゴルファーの場合、スプーンの飛距離が大体220ヤード、5番アイアンで170ヤードくらいでしょうか。

この場合、170~220ヤードのギャップをカバーするには、スプーンと5番アイアンとの間には、18度、21度、24度くらいの感覚で3本のフェアウェイウッドかユーティリティーを入れる案も有力になるでしょう。

スプーンと5番アイアンの間を2本のクラブでカバーする場合は、ピッチング以下に3本のウェッジを入れられますから、48度、52度、56度でもいいし、51度、56度、60度のような組み合わせも可能になります。

もちろん、実際にはロフトだけを考えればいいということではりません。

シャフトのスペックや重量についても、当然配慮しなければいけませんし、ウェッジに関してはソールの形状やバウンス角に加え、重量の面でその他のクラブに比べて、フィーリングに違和感のないように配慮すべきです。

ウェッジは3本、それとも4本

ウェッジは3本、それとも4本

getty

ショートゲーム用のクラブとしてもう1つ考えるべきことは、サンドウェッジよりロフトのあるロブウェッジ(通常はロフト角60度)を入れるべきかどうかというポイントが残ります。

ロブウェッジは特殊なクラブですが、その使い方を研究する時間のある上級者には、ぜひ考えてほしい選択肢です。

アベレージクラスではミスを誘発するクラブだと言えますから、初心者やロブウェッジを練習する時間のない人は、選択肢から外したほうがいいかもしれません。

ピッチングウェッジを含め、ウェッジを3本にした場合は、ドライバーと5番アイアンの間の距離を4本のクラブでカバーできることになります。

例えば、ドライバーのナイスショットの飛距離が230~240ヤード、5番アインで170ヤードだとすれば、その間の60~70ヤードを4本のクラブで、どのようにカバーすればよいのかと考えるわけです。

場合によっては一番ロフトの立っている5番アイアンと同程度のロフトのユーティリティーやフェアウェイウッドを入れることも可能で、それが合理的なセッティングになると感じることもあるでしょう。

ただし、重複する距離のクラブ(この場合は5番アイアン)がある時は、その1本を抜くことで、何が可能になるかを考えてみることです。

5番アイアンよりロフトの立ったクラブ

5番アイアンよりロフトの立ったクラブ

getty

スプーンと5番アイアンの間を埋めるロングゲーム用のクラブでは、ロングアイアン以外に7番、9番、11番といった150~200ヤードの距離を打つのに適したフェアウェイウッドやユーティリティーがあります。

ヘッドスピードのあまりないアマチュアゴルファーはもちろんのこと、プロにとっても魅力的な選択肢が増えたわけですが、これら多くの選択肢から自分に最も適したクラブの組み合わせを決めるのは、難解なパズルでしょう。

最も単純な答えは、これをすべてフェアウェイウッドでカバーするという考え方で、3、5、7、9番ウッドを入れるという考えです。

この考えのメリットは、同じブランドのモデルで揃えれば、クラブの流れがよく、同じフィーリングでショットできるという点です。

場合によっては、5番アイアンを抜いて、11番ウッドを入れるという選択肢もあるわけです。

一方、フェアウェイウッドが苦手という人は、スプーンだけ入れておいて、残りをユーティリティーとかロングアイアンでカバーするという考え方もあります。

一般的に、ユーティリティーはアイアンに近いフィーリングで打てるクラブで、フェアウェイウッドとアイアンの中間的なクラブですから、比較的力のあるゴルファー向けの選択肢です。

ロングアイアンに比べて、高弾道のボールが打てることと、多少のラフでも上手く打てるといったところがメリットです。

注意点としては、ユーティリティーというクラブの番手とロフトの関係は、フェアウェイウッド以上に、メーカーによって異なることです。

ただ単に3番とか4番のような数字で選ぶのではなく、そのロフトとシャフトの長さなどを良くチェックする必要があります。

いずれにしても、大切なことは、自分の弱点を補える調和の取れた14本のクラブセッティングを念頭に、個々のクラブの善し悪しだけで、クラブ選びをしないということです。
お気に入り
スリクソンMOVE MASTER2 210421-0509

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516