たまには1人で回りたい!おひとり様ゴルフのススメ

お気に入り
1人ゴルフの魅力は、なんと言ってもその気軽さ、手軽さにあります。

疲れていたり、心配事があったりで、あまりゴルフをしたくない時でも、友人や会社の同僚たちなどとの約束はキャンセルするわけにはいきませんから、ついついゴルフをしたいという気持ちが盛り上がらないまま、ゴルフをすることもあります。

そして結果は推して知るべし……。

その結果、そのような約束には消極的になり、本来はゴルフが好きであるにもかかわらず、あまりやらなくなってしまった。

そんなパターンにハマっている人もいるのではないでしょうか?

一方、1人ゴルフはやりたい時にやればよいものですから、気の知れた友人や仲間などとの楽しさはない半面、ゴルフを楽しむという面では十分。

前述のような理由でゴルフから遠ざかっている人には、魅力的なもののはずです。

とは言え、どこかのクラブのメンバーであればそんなプレーもしやすいでしょうが、そうでない人が、1人でプレーできるコースは多くはないです。

したがって、それもできずに二の足を踏んでいるゴルファーは、少なからずいるでしょう。

そこで今回は、どうしたら1人ゴルフができるのか、そして、そんな1人ゴルフを楽しむために必要な知識と心構えについて、すこし説明しましょう。

1人で行けるゴルフコース

1人で行けるゴルフコース

getty

基本的に日本のゴルフコースは、1人でフラっとゴルフ場に立ち寄ってゴルフをしたいという人、しかも、ビジターはお断りすることになっています。

したがって、1人ゴルフをしたいのであれば、そのようなゴルファーを受け入れるコースに行くのが、まずは大前提になります。

そんな1人ゴルフの選択肢には、基本的に以下の3通りがあります。

A.1人ゴルフを事前に受けるゴルフ場

ビジター1人でも、事前に予約を受けるゴルフ場もあります。ネットで予約可能な手軽さも魅力です。

直前でも予約可能なゴルフ場も少なくないことも魅力で、これが最もオススメです。

B.1人参加可能なオープンコンペ

1人でも参加できるオープンコンペに申し込む。ネットで予約可能なものが多いので予約は簡単ですが、コンペなので手軽さは半減するかもしれません。

C.1人でプレー可能なゴルフ場

ファーストカム・ファーストサーブ的に(組み合わせベースが基本で)プレーさせてくれるコース。当日、フラっと行ってプレー可。

予約はできなくとも、電話で事前に空き具合などを確認すべき。

ビジターとして1人で行ってプレーできるゴルフ場は以上のようなものですが、日本にはCのようなゴルフ場は(ショートコースにはありますが)極めて少ないので、Aのようなタイプのコースでプレーすることを考えるべきでしょう。

アメリカンスタイルなどと称しているゴルフ場には、このタイプのコースが多いのですが、アメリカンスタイルという言葉は、別の意味で使われることもあるので注意しましょう(例えば、ランチなしのスループレーなど)。

いずれにしても、自分なりに考えられる状況別に、ベストの1人ゴルフ用のコースリストを作ることをお勧めします。

つまり、時間的制限がある時はここ、そして、時間的にも予算的にも制限が少ない時はあそこといった具合に、自分なりのコース一覧のようなものを作っておくのです。

1人ゴルフの楽しみ方

1人ゴルフの楽しみ方

getty

一方、1人でゴルフをプレーするのに腕前を気にしている人もいると思いますが(平均を大きく下回るレベルの人は遠慮すべきですが)、その点はあまり気にしても仕方のないことです。

平均的なレベルであれば十分で、それは平均スコアにして100~110くらいということです。

また、マナーとプレーファストさえしっかりできれば、多少平均に達していないゴルファーであっても、1人ゴルフは可能でしょう。

ただし、反対にスコアが平均より良いレベルのゴルファーでも、マナーやプレーファストがしっかり身に付いていない人は、1人ゴルフはやめておいたほうがいいでしょう。

どんなコースで誰とプレーするにせよ、正しいルールに則り、気持ちの良いマナーでプレーファストが実践できなければ、ゴルフをプレーする資格はないくらいの気持ちを持っていただきたいです。

要するに、レベル的には平均スコアが110くらいの腕前のゴルファーであれば、誰でも1人ゴルフは問題ないのですが、問題な人は、マナーが悪く、プレーファストの必要性を認識しておらずに、キビキビしたプレーができない人です。

1人ゴルフをしたければ、練習場に通うだけでなく、マナーとルール、そしてプレーファストをしっかり学んでほしいものです。

アメリカのように、もっと気楽に思い立った時に(予約や確認なしで)プレーできればよいと思う人も多いでしょうが、見方を変えれば、ある程度事前に手配をする必要があるということは、サプライズが少なくなるというメリットもあるのですから、悪い面ばかりではないとも言えるでしょう。

1人ゴルフに興味を持った方は、ぜひ自分にとってベストな1人ゴルフ用のコースリストを作るべく、これを機会にいろいろチェックされたらいかがでしょうか。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516