嫌われるゴルファーと好かれるゴルファーの違いはどこにあるのでしょうか?

お気に入り
どんなゴルファーが嫌われ、どんなゴルファーならば好かれるのか、そんな観点から自分の性格やゴルフのスタイルを考えたことはありませんか?

ゴルフを長年やっている人ならば、いろいろなタイプのゴルファーと一緒にプレーをした経験があるでしょう。

爽やかなゴルファーの気持ちの良い配慮で楽しいゴルフができたこともあれば、自分のことしか考えない人の態度や一言に不快な思いをしたこともあるのではないでしょうか。

ゴルフの楽しみ方について

ゴルフの楽しみ方について

getty

ゴルフの楽しみ方は人それぞれですから、同伴した人のプレーや言動に対する印象の持ち方が皆同じということはないでしょうが、それでも嫌われるタイプのゴルファーには、共通の問題点があります。

それは、ルールとマナーの知識、プレーファスト、態度と会話に関わるものが中心で、その人のゴルフの楽しみ方に対する考え方に大きく影響されていると考えられます。

ゴルファーの多くは、エンジョイ派の人であっても、自分の実力なりに最善を尽くし、良いスコアを出したいという思いで、プレーをしているのが普通です。

貴重な時間とお金を投じてゴルフ場に来たからには、ある意味当然のことでしょう。

しかし、そうした思いに対する配慮どころか、それ以前の理解が欠如している人もいます。

例えば、ゴルフ場は皆で集まって、ワイワイ楽しむもので、スコアは参考程度につけるものだと思っている人たちです。

また、ある程度は真剣にプレーすることの大切さはわかっているのに、周りに対して悪い印象を与えている人もいるでしょう。

いずれにしても、嫌われるタイプのゴルファーの大半は、残念ながら、自分に問題があることに自覚がないという共通点があります。

ルールとマナーの知識

ルールとマナーの知識

getty

まず、そこで正しいルールの知識がどの程度あるかというポイントの影響を考えてみましょう。

最低限のルールの知識でプレーしている人は言うまでもなく、ルール違反のプレーをしている可能性が極めて高いと言えます。

例えば、OBで前進ティーからプレーをし、自分が打った打数に1打罰を足して(結果的には前進3打)自分のスコアを記録、報告している人がいたとします。

そんな時、あなたはどう思い、どんな言動を取りますか?

ルールの知識が不足している結果、間違ったスコアの付け方をする。ややもすれば、誤魔化していると思われかねないわけで、嫌われるゴルファーになる原因にもなるものです。

また、そうした人に注意をするにしても、その注意の仕方ひとつで様々な感情が生まれ、不適切な言動につながるという負の連鎖が生まれることもあります。

些細なことと思うでしょうが、そんなことが楽しいはずのゴルフを台無しにすることもあります。

ベテランゴルファーであっても、正しいルールの知識が不足していたり、間違った思い込みがあることは珍しくないことで、そんな場合はビギナーであれば許されるものが、よりネガティブな感情を生む可能性さえあります。

ルールを知っていて、自分に都合の良いようにルールを厳守しない人もいますが、ルールを知らなければ、フェアプレーをしているつもりでも誤魔化しているのと同じ結果になることもあります。知識の重要性については十分認識してほしいものです。

次にマナーです。

正しいルールの知識がない人以上に正しいマナーの知識がない人、不足している人は、嫌われるゴルファーになる可能性が高いでしょう。

同伴者に気持ち良くプレーしてもらい、そのプレーの邪魔をしないことがマナーの基本です。

自分の動きや音、加えてティーイングエリアやグリーンでの立ち位置、プレー中の会話など、どんな状況でも他のプレーヤーの邪魔をしない、そして、グループ全員がゴルフに集中し、気持ち良くプレーできるように配慮すべきです。

プレーファスト

プレーファスト

getty

動作の無駄を最小限にして、プレーファストに配慮することは、守るべきマナーのひとつです。

ゴルフはできればのんびりゆっくり楽しみたい。

そんな気持ちが強い人もいるでしょうが、前がつかえていない限り、9ホールを4サム(4人1組)で2時間15分以内でラウンドする。

それが守るべきプレーファストの基準です。

それができないグループはスロープレー、マナー違反を犯しているわけですから、そうしたマナーを守ろうとする人は、グループの誰かがゆっくりプレーをすればするほど、急いでプレーしなければ思うことになり、あわてたり、プレーが雑になりがちです。

そんなスロープレーヤーを見ていれば、イライラするのは当然で、プレーへのネガティブな影響が出てきます。

だから、スロープレーヤーは、多くの人が最も嫌うタイプのゴルファーなのです。

焦らず、悠々とプレーができるコツを身に付けることが、ゴルフの上達には欠かせないものなのです

態度と言動

態度と言動

getty

不適切な態度(なげやり、ふてくさり)や不適切なコメント(言い訳、愚痴、批評など)が嫌われる要因になることは言うまでもありませんが、やはり、スコアが悪くなれば機嫌も悪くなります。

ミスしたり、運が悪かったりすれば、つい愚痴のひとつもこぼれるのが人の常です。

実は、そうしたことが嫌われるゴルファーと好かれるゴルファーの分かれ目なのです。

プレー中は運が良い時も悪い時もありますが、相手の運は良い、そしてその逆もしばしば起こるもので、それがゴルフです。

そんな時に嫉妬心を出したり、相手に対する配慮を欠く態度などが出るようであれば、残念ながら好かれるゴルファーにはなれないでしょう。

相手の立場や気持ちへの配慮は、ゴルフに限ったことではありませんが、忘れたくないものです。

例えば、自分の結果が良かった時は、他の人たちの結果や思いにも気を配りたいものです。良い結果の時は素直に喜べばいいですが、過度に喜ぶのは、控えたいものです。

特に、同伴者の結果が悪い時は。

他の人たちの状況や気持ちを尊重できないようであれば、好かれるはずがないでしょう。

ただ、お世辞や行き過ぎた気遣いは、あまり気持ちの良いものではないですから、控えめにすべきでしょう。

「ナイスショット」などの言葉は、乱発しても意味のないものです。

その人の技量をよく観察し、その人のレベルを考慮したうえで、本当に良いショットに対して発して、初めて意味のあるものです。

そうしたことが、知らぬ間に好き嫌いの判断基準になるのです。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >