冬ゴルフ。道具、ウェア、マネジメント……スコアメイクのポイント

お気に入り
冬のゴルフは、冬特有のプレーイングコンディションと寒さにどう対応するかによって、そのスコアも楽しさも大きく変わってくるものです。

何も考えずに、あるいは準備もせずに、気候が良い時と同じような気持ちでラウンドしたのでは、おそらく楽しいゴルフはできないでしょう。

冬のゴルフには、その気象やゴルフコースの状態に合わせた冬用のコースマネジメントがあり、適切な防寒対策の必要性があるからです。

冬は飛距離が出ないから、柔らかいボールを使う

冬は飛距離が出ないから、柔らかいボールを使う

getty

まず知っておいてほしいのは、冬ゴルフにおける道具選びに関わる正しい知識です。

冷え切ったボールと冷えた空気では、夏場のプレーと比較しますと、1クラブ以上も飛距離が落ちることもあるのです。

飛距離がダウンしてしまう理由は、主にゴルフボールが硬くなってしまい、反発力が落ちることと、気温の低下によって空気密度の上昇による空気抵抗の増大によるものです。

ちなみに、気温10度での空気抵抗は真夏の35度のそれを9パーセント上回ると言います。

グリーンを狙う風の状態などによっても空気密度の違いは関係してくるので、冬のコースマネジメントではそうしたことも加味して、判断材料にすべきです。

ちなみに、コンプレッションの低い、柔らかいボールを使うことによって、ボールにおける寒さの影響を最小限に抑えることができるという事実もあります。

最近はボールコンプレッションが50とか60といったような超柔らかいボールも売られています。

冬のボール選び、そしてプレーイングコンディションと飛距離の関係を検証し、理解を深めてほしいものです。

また、真冬に車のトランクに放置したキャディーバッグの下にあった、芯まで冷え切ったボールをそのまま使うのではなく、プレー前にお湯で数分温めてから使用したり、2つのボールをズボンのポケットに入れ温めるようにして、1ホールごとにボールを取り換えて、冷え切っていないボールでプレーするのもいいでしょう。

ただし、正式な競技ではお湯で温めることはルール違反なので注意しましょう。

硬いフェアウェイ、グリーンを事前にチェック

硬いフェアウェイ、グリーンを事前にチェック

getty

加えて、極端に寒い日は、地面の状態が普段とは大きく異なっている可能性がありますから、注意が必要です。

グチャグチャと柔らかくなっている場合もありますし、逆に凍って硬い場合など、その時のグラウンドの状態には十分注意を払って、ボールが落ちてからどのように転がるを上手く予測することが、寒い日のコースマネジメントのポイントです。

グリーンが凍ってしまうような気温の日にプレーする場合は、スタート前に練習グリーンでグリーンの硬さを確認しておきましょう。

その時に、練習グリーンが日なたにあるか、日陰にあるか、また、夜中にカバーがかけられていた形跡があるかなどをチェックし、その結果をプレー中のグリーンの硬さを予測するときの参考にしましょう。

必要であれば、グリーンフォークでボールマークを修理したり、ボールを肩の高さくらいからドロップするなどして、硬さをチェックしておくといいでしょう。

表面は柔らかくても1センチくらい下が硬いグリーンもあるからです。

そして、プレー中にじっくり観察すべきことは、これからショットしようとするグリーンと、その周辺の状態です。

日陰にあるか、日なたにあるか、カバーがかかっていたかといったことはもちろんのこと、グリーンの奥がどうなっているのか(グリーンでボールが跳ねてOBになる可能性)などにも注意を払うべきです。

グリーンが完全に凍ってしまっている場合は、対応の仕方が限られてしまいますが、グリーンにボールを直接落とさないことも必要に応じて考えるべきでしょう。

もちろん、アプローチでもグリーンの硬さは大きな影響を及ぼすものです。

硬いグリーンではパターで寄せられるのであれば、パターを利用するといいでしょう。

また、グリーン周りの芝は短くなっていることが多いですから、ウェッジでアプローチする場合は、ボールを右足寄りに置いて、サンドウェッジではなく、バウンスの小さめのピッチングウェッジやショートアイアンなどを使って、なるべく転がして寄せるようにするのが効果的です。

いずれにしても、寒いと体が動きにくくなっていますから、スイングを少しコンパクトにして、バランスが崩れないような打ち方がお勧めで、できれば普段の練習で、そうしたボールの打ち方も少し練習しておきましょう。

冬のお勧めは、普段よりも2クラブくらい大きな番手でコンパクトにゆっくり振って打つようなプレースタイルのゴルフです。

スイングの邪魔にならない防寒対策を

スイングの邪魔にならない防寒対策を

getty

コースマネジメントのノウハウや冬用のショットの練習も大切ですが、冬はなんといっても防寒対策が大事です。

最近は機能性の下着、防寒アウター、帽子、手袋などの選択肢も広がっています。

特に注意したいのはアウター選びで、ショットが打ちにくくなってしまうようなゴワゴワしたものやモコモコするようなものは避けましょう。

また、使い捨てカイロをポケットに入れておくことも、寒い日にとても役立ちます。

コースに出る1時間前くらいから使い始め、コースに出る時には十分暖かくなった状態で使えるようにしておきましょう。

手が常に冷えないようにすることは、とても重要なことです。

ゴルフの防寒対策は、ただ暖かければいいというものではなく、スイングやパットをする時に邪魔にならないものが必要ですから、その点にも十分配慮して、スッキリ、格好よくまとめたいものです。
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721