パッティングはフォロー>テークバックで加速インパクトを心掛ける

お気に入り
パッティングのスタイルは、グリップだけとっても何種類もあるわけですから、「こう打つべき」などと断言できるものは何ひとつありません。

ですが、その人に最も合ったパッティング・スタイルを考える上で、ストロークとテンポがどうあるべきかは、いろいろ試してみる価値は大きいはずです。

大きくゆっくりストロークすること

大きくゆっくりストロークすること

getty

グリーン周りからのチップショットと違って、パッティングではダウンブローにボールを打ちません。

スイングの最下点を少し過ぎたところ(およそ5センチが良いと言われています)でややアッパーブローにボールを打つというスタイルが、転がりの良いボールが打てるという観点から、近年、最も支持されているパッティング理論です。

また、転がりの良いボールを打つという観点からは、パターヘッドが加速モードの時にボールをヒットすることが有効だとも言われており、そうした観点からも、どのようにパッティングストロークをすべきかは工夫する必要があると考えられます。

例えば、3メートルの距離を転がす時に、テークバックの大きさを20センチくらいと、大きめの振り幅で打つこともできますし、10センチくらいの小さめのテークバックで打つこともできます。

両者の違いは、大きめのテークバックをした時はゆっくりめのストロークをして、小さめのテークバックをした場合には、早めにパターヘッドを加速するようにストロークする必要があるという点です。

ちなみに、良いパッティングストロークの基本は、フォロースルーの大きさがテークバックの大きさよりも少し大きめになるようにして、パターヘッドが加速モードで動いている時にボールをヒットすることとされています。

また、フォワードスイング(ダウンスイング以降)でのパターヘッドの加速は、パターの上に乗せたコインが落ちないくらいゆっくりめにしたほうが良いとも言われていますが、加速モードでボールをヒットするという点だけを考えますと、大きく、ゆっくりめにストロークすることは、ミスパットのリスクが高くなると言えるでしょう。

フリーハンドで直線を引く時に、ゆっくり引くのと速く引くのでは、速く引いたほうが線がブレない原理と同じです。

自分のパッティンストロークをチェックする

自分のパッティンストロークをチェックする

getty

そこで自分のパッティングスタイルはどうなっているのか、パッティングストロークの大きさとテンポという観点から一度よくチェックしてみてください。

例えば、前述したように3メートルくらいの距離のパットを打つ時、無意識にストロークした場合、テークバックの大きさはどれくらいなのかを確認してみましょう。

そして、フォロースルーの振り幅の大きさが、テークバックよりも少し大きめになっているか、また、パターヘッドが加速モードで動いている時にボールをヒットしているかどうか、さらに、加速のペースはどうなっているかなどについて、自分のパッティングの傾向を理解できるまでよくチェックしてみるといいでしょう。

いずれにせよ、大切なことは、自分のパッティング・ストロークに対する理解度を深めて、改善しなければならないポイントを見つけ出すということです。

ロングパットは距離感、ショートパットはラインを優先する

ロングパットは距離感、ショートパットはラインを優先する

getty

やや大きめのテークバックで、ゆっくりパターヘッドが加速していくパッティングストロークができることが望ましいことは前述したとおりです。

しかし、テークバックを大きくしてしてしまうと、パターヘッドが加速モードで動いている時にボールをヒットすることができなくなることが多くなってしまう傾向があるので、そのバランスを考えて、自分に合ったパッティングストロークの大きさとテンポを考えるべきでしょう。

そして、ロングパットかショートパットか、それぞれの距離ごとに、自分にとって最も良いと思われるストロークとテンポがわかったら、そのパターンを忘れないように何度も時間をかけて練習してみてください。

なお、その時に左腕と右腕の関与の仕方、つまり左腕で引くようにしてストロークするのか、右腕で押すようなイメージでストロークするのかということについても、いろいろな組み合わせを研究してみるのもいいでしょう。

特にラインを出すことが重要なショートパットのストロークについては、その点について研究してみる価値はあるはずです。

一方、ラインよりも距離感のほうが重要なロングパットでは、ラインを出すことが重要なショートパットとは、考え方を変えたほうが良い結果につながることも少なくありませんから、その研究もしてみるといいでしょう。

自分に最も合っているパッティングストロークがどのようなものかという考えがまとまったら、そのストロークで何度も練習して、そのメカニクスを頭の中で考えなくても繰り返し自然に行えるようにすることが有用です。

実際のラウンドでは、メカニクスではなく、フィーリングに自分の神経を集中させることができなければ良いパットは打てないと考えて、練習も実戦も行うことお勧めします。
自身のパッティングのテンポやストロークの特徴を知るには、クラブメーカーのピンが提供しているアプリ「PING」が便利です。

下は、そのアプリの使い方を詳しく説明した記事です。
お気に入り
プロギアサイエンスフィット211019

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアサイエンスフィット211019