ドライバーの打ち方、バックスイングでクラブを閉じて上げることが必須です

お気に入り
最新の大型ヘッドドライバーは、バックスイングでクラブを絶対開いて上げないことが重要です。

ゴルフクラブには、元々開きやすい特性があります

ゴルフクラブには、元々開きやすい特性があります

getty

ゴルフクラブは、構造上重心が後ろにあるので、クラブを地面に置いたらフェース面は上を向こうとしますし、机の上にシャフトを置くとフェース面を上に向けて回転してしまいます。

クラブを動かした時にフェースが開く方向に回転しやすいのはこのためです。

そして、直進性の強い今どきのドライバーは、スイング中にフェースを開いたら戻ってこない。

つまり、実はドライバーが一番打ちづらいクラブになっているんです。

その打ちづらいドライバーのスイングを覚えれば、あとは簡単です。

フェースをボールに向けるように振れば、ヘッドがボールを真っすぐ押し、飛距離も方向性も抜群の弾道を描くことができるようになるのです。

開いて上げたほうが、クラブを動かしやすい

開いて上げたほうが、クラブを動かしやすい

getty

スイングでは、フェースを開いて上げたほうがクラブを動かしやすくなっています。

このため、多くのゴルファーは知らず知らずの内に(無意識に)テークバックでフェースを開いて上げてしまい、その結果、トップでオープンフェースになってしまいやすいのです。

ヘッドのトウが真上を向き、フェース面が地面と垂直になっています。

すると、ダウンスイングでフェースが開いて下りてきます。

開いて上げたものを、インパクトで閉じながら下ろしてくるのと、閉じたまま上げて、そのままインパクトまで下ろしてくるのを比べれば、一目瞭然、閉じたまま上げて、閉じたまま下ろしてくるのが簡単で確実です。

では、どうすれば閉じたままインパクトを迎え、オープンフェースを解消できるのか?

いくつかポイントはありますが、まずは極端なぐらいフェースを閉じて上げる感覚を養うことです。

30ヤード右にスライスを打っているならば、ストレートを打とうとするのではなく30ヤード左にフックを打つ、と言ったらいいでしょうか?

わざと真逆な体験をしたほうが新しい「型」を覚えやすいし、思い切って身体の動きを変えていけるからです。

そして、真逆なことをするぐらい大胆な気持ちがないと、身体の動きは変わりません。

スイングの「型」も変わりません。人間は慣れた動きから「外れる」ということに大きな抵抗感があるからです。

スライスをストレートにするには時間がかかります。

シャットフェースを身に付けるポイントは3つ

シャットフェースを身に付けるポイントは3つ

getty

シャットフェースをマスターするポイントは3つ。

1.テークバックの始動とともにフェースを下に向けていく

例えば、7番アイアンのロフトは30度。30度のロフトをテークバックの開始とともに29度、28度、27度、26度……という風にロフトを減らていきます。

ドライバーなら、フェース面を横や上ではなく、下に向けて少なくとも8時(スイングを正面から見て時計盤を当てはめた場合。ハーフウェイバックの半分くらい)までは真後ろに上げていきます。

閉じて上げるスイングでは、この初期の動作が一番重要です。左手の甲で見ると、下を向いたままで、正面から見ても手の甲は見えません。

違和感があると思いますが、ここが我慢のしどころです。手の甲が上を向いてしまっては、クラブは開いています。

2.始動とともに左前腕を反時計回りにねじる

左前腕の動きというのは、フェースの向きに多大な影響を与えます。左前腕を時計回りにねじるとフェースは開き(オープンフェース)、左前腕を反時計回りにねじるほどフェースは閉じます(シャットフェース)。

3.手首をコックする時、左手首は手のひら側に曲げ、右手首は手の甲側に曲げていく

オープンフェースになる人の90%以上は、手首をコックした時、左手首が甲側に曲がり、右手首は手のひら側に曲がっています。これは、特に意識することなく親指側にコックを入れるようにすれば大概上手くいきます。

簡単に言えば、フェースをボールに向けたまま上げて、バックスイングでは何も意識せずにまたボールにフェースを向けて戻す動きが、スライスを出さないためには効果的です。

動作はシンプルで、非常に簡単、特に難しい技術はいりません。

簡単な練習法

簡単な練習法

getty

この閉じて上げる簡単な練習法は、ドライバーを50ヤードから100ヤード真っすぐに打つというものです。

短く持っても構いません。真っすぐに飛ばすには、恐らくドライバーの面を意識してドライバーのフェースを下に向けて、当てるだけのショットになると思います。その時手の甲を見ると、下を向いたままのはずです。

そして、150ヤード、180ヤードと打てれば完成です。

長くゴルフをやっている人は、インサイドに上げてインパクトで閉じる動きに慣れていますから、この閉じて上げるスイングはかったるく、飛ばないように感じるかもしれません。

しかし、直進性がよく飛距離も変わらないととなれば簡単なスイングに乗り換えることに抵抗はなくなるでしょう。

この機会にぜひ、シャットスイングを習得してください。
お気に入り
ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516

TOPページへ >

TOPページへ >

ダンロップ松山プロマスターズ優勝バナー210415-0516