アプローチショットは、転がすのか上げるのかハッキリさせよう

お気に入り
アプローチショットといっても、距離やライなど、その状況はいろいろあります。

その状況に対して、打ち方も使用クラブも、ゴルファーの数だけ違います。

しかし、どんな状況のアプローチショットにも共通した基本があります。

ランニングアプローチであろうが、ピッチショットであろうが、バックスイングとフォロースルーの振り幅が左右対称であるということです。

まずは、このことを大前提にしておいてください。

スコアを作るのは、ショートゲームであるといっても過言ではありません。

相手がどんなロングヒッターであっても、勝負はグリーン周りからの寄せやパットで決まります。

しかしながら、練習場をのぞけば、多くのアマチュアゴルファーはドライバー中心の練習で、その重要性に気づいていないようです。

グリーン周りでザックリやトップという致命的なミスを繰り返す人というのは、インパクトの力加減で距離を合わせようとしているのです。

大きなバックスイングでスイングがインパクトで終わってしまっていたり、反対に小さく上げて、大きくフォロースルーを取るようなスイングをしているのです。

アプローチショットは力加減ではなく、ゆったりとした肩の回転による振り幅でソフトに打つことが基本中の基本なのです。

徐々に低くなっていくボールを打っていく練習から始める

徐々に低くなっていくボールを打っていく練習から始める

getty

寄せが苦手という人には、パッティングの要領で小さな振り幅で振り子のようにストロークしながら、ボールをクラブフェースでソフトにつかまえる練習を始めることをお勧めします。

9番アイアン辺りのクラブを使うといいでしょう。

クラブフェースでボールをつかまえるには、クラブヘッドを上から入れなくてはいけないことに気づくことでしょう。

そのためには、オープンスタンスを取り、左足に体重をかけなくてはいけないことを必然的に覚えます。

フワッと上がって、コロコロと転がるショットになればOKです。

パッティングの要領だからといって、最初からランニングアプローチから始めることは、あまり感心できません。

というのも、ランニングアプローチをマスターしてから、ピッチ&ランのようなボールを上げるショットの段階に進むと、ボールをすくい上げる打ち方が身に付きやすいからです。

その点、9番アイアンくらいで、クラブを吊ったアドレスからパッティングのような要領でソフトに高く打ち出していくショットを覚えていくと、低く打ち出したい時にはボールを右足寄りに置けばいいだけのことで、ボールをすくい上げようという意識もなく、自然に上から打ち込むことができるからです。

落とし場所を明確にして、ボールを転がしていく

落とし場所を明確にして、ボールを転がしていく

getty

アプローチショットは、ボールを転がしていくのか、上げていくのか、ハッキリ球筋をイメージしてアドレスに入らなければいけません。

毎回、ただ漠然とピンに寄せていては、いつまで経っても、アプローチショットは上達しません。

まず、転がしていくと決断したら、ピンではなく、ボールの落とし場所を明確にしなくてはいけません。

つまり、キャリーとランのイメージをはっきりさせるのです。

ピンではなく、落とし場所に対して、クラブフェースをスクエアにセットします。

オープンスタンスを取って、左足体重でアドレスし、ボールの位置は右足寄りに置きます。

右に置くことで、自然にロフトが立ちますので、意識して転がそうと思わなくても、低くボールは打ち出されます。

ピンまでの距離が近くなるほど、結果を気にしてヘッドアップしやすいので、インパクトまではしっかり頭を残して、ボールを見ていましょう。

短いショットですので、体重移動は不要です。最初から最後まで左足体重のままスイングします。

ただし、頭を残すのはインパクトまでで、インパクト後は体の回転とともに頭を上げていき、体をしっかりターンさせてください。

ボールを上げる時は、少し右足体重にする

ボールを上げる時は、少し右足体重にする

getty

転がしでは寄せることができず、ある程度キャリーが必要な状況というのも実戦ではよくあります。

キャリー5、ラン5というようなピッチ&ランや、ほとんどランのないピッチショットを打つ場合も、転がし同様に落とし場所をまずイメージしてください。

キャリーを重視するアプローチショットでは、まずボールを上げるためのアドレスを作らなくてはいけません。

ランニングアプローチと同様に、スタンスは体のターンがしやすいようにオープンにします。

腰、肩のラインもやはり左に向けます。

クラブフェースは開いて、目標となる落とし場所に合わせます。

体重は6対4くらいで右足にかけます。

ボールの位置は、ランニングアプローチの時よりも左にセットします。

これでボールを上げるアドレスは完成です。

スイングは左肩を意識してください。左肩を回して左腕のリードで打ち下ろすのです。

リストコックも使いますが、それは手先でスイングすることではありません。

キャリーが必要と思うと、手先だけでしゃくり上げてしまいがちです。大事なのは、左肩でスイングする気持ちを持つことです。

もちろん、クラブヘッドは手を追い越してはいけません。

打ち放題ではない練習場だとちょっともったいないような気もしますが、練習場で5ヤード先や10ヤード先の落とし場所を狙い、前述の打ち方で高い球や低い球を打つ練習をしっかりしておけば、コースで必ず役に立ちます。
お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。