ゴルフのラウンド前にぜひやりたい4つの練習

お気に入り
こんにちは! アグレッシブアマチュアゴルファーむらけんです!

普段のラウンド前にどんなことをしていますか?

何もしない人、ストレッチだけする人、パターだけする人、入念にショットを確認する人。

様々だとは思いますが、スコアを出したいと考えているのであれば、準備は念入りにする必要があります。

僕自身もゴルフを始めたばかりの頃は、100切りを達成してもその後また105に後戻りしたりと、思うようにスコアが伸ばせない日々が続いていました。

そんな時にたまたま朝早起きができたためストレッチをしてみたんです。僕自身野球をやっているので、野球の時にやっている股関節や肩関節に重点を置いたストレッチです。

そうしたらなんと急にスコアが伸びに伸び、89を出すことができたんです!

身体がいつもより動くことも実感しましたし、ドライバーの飛距離で数字にも現れていました。

と、すこし話は逸れましたが、今回はラウンド前の練習について自らの経験談を元にお話ししていきます。

もちろんラウンド前の練習はしておいて損はないと思いますし、プロを見ていても、ラウンド前は入念に練習しているのがわかります。

今回はそんなラウンド前の練習方法について、どんな練習をしたらいいかご紹介したいと思います。

準備運動(ストレッチ)

準備運動(ストレッチ)

getty

一番最初にやるべきことは簡単な準備運動(ストレッチ)になります。

他の3つは、時間がない場合は省略してもどうにかなるかもしれませんが、この準備運動だけはやっておいていただきたいです。

朝の寝起きの状態だと筋肉は冷えた状態で可動域も狭く、思うように動いてくれませんので、最低でも朝イチのティーショットの前に体を温めておきたいところです。

ストレッチは特に決まったものをやる必要はなく、体が動くことを把握できれば良いので、友人と一緒に会話しながらやれば嫌な思いもせず楽しくウォームアップできますね。

可能であれば、ゴルフの際に使用する筋肉をイメージしながら、肩関節周りと股関節周りを重点的にほぐすことができればなお良いですね。

アプローチの練習

アプローチの練習

getty

続いてアプローチの練習です。

アプローチグラウンド(練習場)があれば有効活用し、なければショット練習場を使いましょう。

練習をするのは主に100ヤード以内で、使うクラブはウェッジですね。

スコアに直結するクラブと言って過言ではありませんので、一番念入りに練習しておいて無駄はありません。

事実、プロ選手も練習のほとんどをアプローチに割きます。ドライバーでバカバカ打ってる選手は見たことがありません。

短いクラブから徐々に距離を伸ばすのが良いと思います。

ゴルフ場によっては立派なアプローチグラウンドがあり、バンカー練習ができる場合もあります。

アプローチグラウンドでは30ヤード程度打てる所が多いです。

マイボールで練習できるのも強みですね。有料練習場で打つわけではないので、たくさん練習したい人にはもってこいですね!

ぜひ練習場も含めたお気に入りのゴルフ場を探してみてください。

ショットの練習

ショットの練習

getty

続いてショットの練習になります。

アプローチ、パットの練習の順番は好き好きで問題ありません。

体を温めるために準備運動をしますが、寒い日は一旦体を温めてもすぐに冷えてしまいますから、ショットの前に準備運動を入れるようにしてみてください。

練習で使うクラブですが、すべてのクラブを打たなくてもいいと思います。プロでも全番手を打つ人はあまりいません。

おすすめは、ウェッジ、ショートアイアン、ミドルアイアン、フェアウェイウッドまたはユーティリティ、ドライバーの5本です。

時間がない場合は、ウェッジ、ミドルアイアン、ドライバーの3本でもいいですね。
振りやすいウェッジでより体を温めてから、長いクラブを打っていくのがおすすめです。

ボールは1カゴ、または数十球程度打てば十分かと思います。

パターの練習

パターの練習

getty

最後はパターの練習になります。

順番は自分に合うものを選んでいただければ良いですが、その日のグリーンの速さであったり、感覚をつかむためにパットの練習もしておきましょう。

ストレッチもショット練習もしないけどパターだけはやると言う人は多いですよね。

ラウンド前のパットの練習の一番の目的は、その日、またはそのコースのグリーンの状態、速さをつかむことです。

パターが苦手という方は、まずは平坦な場所で打ちましょう。まっすぐ打ち出せているのかを確認することはとても大切です。

その上で距離感を合わせることに重点を置き、短い距離(50センチ程度)から距離を合わせていくのがおすすめです。

そして最後に傾斜に応じて距離感を合わせていきましょう。

まとめ

まとめ

getty

今回はラウンド前の4つの練習を記載しましたが、スコアを出したいと思う方はぜひ行っていただきたい内容です。

・ストレッチ
・アプローチ練習
・ショット練習
・パター練習

上記に加え、タバコを吸ったりコーヒーを飲んだりと、リラックスすることも有効です。

ぜひ自分に合ったウォームアップを探し、スコアアップのため少しでも取り入れてみてください。
お気に入り
むらけん

ゴルフが大好きな20代後半の会社員です。 ベストスコアは81、ドライバーは平均270yd。 得意なショットはドライバーショットとバンカーショット。 皆さんにゴルフの奥深さと楽しさを共有したいと思っております。 将来の目標は馬主でドバイ旅行とゴルフ場経営⛳ https://www.instagram.com/muraken_golf/

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。