ゴルフを上達するために必要な練習法【パター編】

お気に入り
こんにちは! アグレッシブアマチュアゴルファーむらけんです!

今回はパターの考え方についてです。みなさんはパターのラインで自信のあるラインってありますか?

僕は上りのフックラインがとても好きな一方、下りのスライスラインが壊滅的に苦手です。

どのラインでも問題ないという方もいるかとは思いますが、個人個人によって、スライスラインだったりフックラインだったり得意不得意がありますよね。

パッティングはゴルフの打数の約半分を占める重要なプレーにも関わらず、練習がおろそかにされ、練習するのは当日の朝だけという方も多いかと思います。

パッティングは技術より慣れ・感覚が重要となってきます。

考え方を身に付けて慣れていくことで、よりパターが得意になれるはずですので、ぜひ試していきましょう!!

バックストロークをしないで打つ

バックストロークをしないで打つ

getty

ストロークの際、普段はバックストロークを取り、勢い付けて打つかと思いますが、そのバックストロークをしないという練習方法です。

この練習の目的は、自身のストロークがインサイドアウトなのかアウトサイドインなのかを確認するためです。

多くの人はアウトサイドインの傾向があり、真っすぐ転がらない可能性があります。

ちなみに僕がフックラインを得意な理由もこれです。

パッティングのストロークがダウンスイングでアウトサイドインになっているということは、引っ掛けが多くなり、フックラインは転がしやすいんです。

その一方、スライスラインは安定しません。

初心者だから……というわけではなく、ゴルファーの多くがアウトサイドインのストロークになっているそうです。

そのために、バックストロークをしないでパットを打つのが良い練習になります。

バックストロークをせずに、フェースでボールをそのまま押し出す感じで打つ。

フェースの向きが間違っていれば真っすぐに転がりませんし、フォロースルーの出し方も自然と学べますので、良い練習になると考えています。

また、アウトサイドインのストロークを修正する上でも、効果的な練習だと思います。

右手1本でパットを打つ

右手1本でパットを打つ

getty

右手1本だけでパットを打つのもおすすめの練習方法になります(左利きの方は左手1本で良いです)。

やり方は簡単で、いつものように構えたら、左手を離して右手だけでパットを打ちます。

片手だとクラブは重いので、グリップはいつもより少し短く持っていただいても構いません。

この練習はプロもよく行っています。

誰もが知っているタイガー・ウッズもパターの練習で取り入れています。しかも、10メートル弱の距離から右手1本だけで打つ練習をしているそうです。

右手の感覚を生かし、距離感を合わせる練習をし、あとは左手で方向をコントロールするだけです。

僕も3パットを減らせるよう取り組んでいますので、ぜひ試してみてください。

手でボールをカップに向かって転がしてみる

パターの練習をする前に手でボールをカップに向かって転がすことは感覚を養う上でいい練習となります。

やり方は簡単で、練習グリーンに行ったらパターを使わず、手でボールをカップに向かって転がすだけです。

距離感が思うように合わないと感じた時、芝の速さが読めない時などは特にやっていただきたいです。

その際に、手前で止まるように転がしてみたり、左右に止まるよう転がしてみたりと自分の意識する場所で止められるよう転がしてみてください。

ボールの転がり方や曲がり方を把握できれば、パターで打つ際も同じです。短い距離からパターの力感を合わせていけばいいだけです。

距離感は振り幅を活用しよう

距離感は振り幅を活用しよう

getty

転がし方や方向が決まったらあとは距離感です。

アプローチ同様に、パターも腕での加減はNGです。

腕で距離感を合わせようとすると、ボールへの当たり方や強さが安定しないため、距離がバラバラになってしまいます。

そこで大切な調整方法は、振り幅を使うことです。腕を使わず、振り幅でパッティングすることで調整が簡単になります。

引いて降ろす。その引く量で強さが変えられる感覚をつかんでください。先程の右手1本でパッティングをするのもそのためです。

ボールへの当たりも安定しますので、一定の距離を何度も打てるようになってきます。

そして調子の悪い日でも良い日でも一定の調子でパターを打てるようになるので、スコアも安定するようになります。

プロの選手はショットの調子が悪くてもパターの調子はそこまで変わらず、結果3オーバーくらいで済むというパターンが多いように感じます。

まとめ

まとめ

getty

いかがだったでしょうか。

当たり前に知っているという方はかなりの熟練者であり、知らない方のほうが多かったのではないでしょうか?

・バックストロークをしないで打つ
・右手1本でパターをする
・手でボールをカップに向かって転がしてみる
・距離感を振り幅で調整する

パターで最も大切なのは方向性と距離感です。

上記4つの記載内容でそのどちらも養うことができますので、日々の練習で試してみてください。

皆さんの3パットが少しでも減ることを願っております。
お気に入り
クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

クリーブランドRTX FULL-FACE 210621-721