スコア100切りを達成するために必要な考え方を教えます

お気に入り
こんにちは! アグレッシブアマチュアゴルファーむらけんです!

なかなか普段通りの生活に戻れない日々が続き、鬱憤が溜まっている方も多いのではないのでしょうか?

そのストレスを発散すべく、ゴルフでストレス発散をしている方が多い印象です。

ただ、ゴルフに行っても思うようなショットが少なかったり、思っている方向へのショットができなかったりするとさらにストレスが溜まり二重苦ですよね……。

今回は、100切りをなかなか達成できていない方向けに僕なりの考えを記載させていただきます。

ただ、技術的な情報ではなく、心身の準備や心構えに関してお話をできればと思っていますので、ぜひ確認していただければ幸いです。

ゲームプランを持とう!

ゲームプランを持とう!

getty

簡単なお話です。ゲームプランを立て、コースをどう攻めるかを決める必要があります。

恐らく100を切れないと悩んでいる方々は、300ヤード以上あるホールで、ティーショット時のクラブ選択に余地がなく、ひたすらドライバーを使用しているのではないでしょうか?

横幅の広いホールであれば問題ありませんが、狭いホールではOBを避け、あえてアイアンで刻むという選択肢も必要になります。

そのためには各クラブがどの程度の飛距離があるのか、どの程度の精度があるのかを把握することが必要になります。

このホールはどの程度難しいホールなのか? 攻める際は手前から? 右から? 左から? と考えながらコースを見ると、漠然と何も考えず打つこともなくなり、スコアアップの可能性も高まります。

ハンデキャップを確認しよう!

ハンデキャップを確認しよう!

getty

スコアカードには、各ホールに1~18の数字が割り当てられたHDCP(ハンデキャップ)の項目が設けられています。

このハンデキャップの数字が小さいほど難しいホールであると考えることができ、いわゆるそのホールの難易度の目安とすることができます。

このハンデキャップを目安に、難しいホール(ハンデキャップの数字が小さいホール)は無理をせず、ダボ(ダブルボギー)orトリ(トリプルボギー)でOKと考えると気持ちが楽になります。

逆に、簡単なホール(ハンデキャップの数字が大きいホール)はパーorボギーを狙うようにしましょう。

簡単にパーを取れないことは承知していますので、まずは気持ちだけでOKです。

スコアカードを見ながら、ここではパーが取れそう、ここでは最悪トリもありだな……と考えて進めていくことが非常に大切です。

僕の経験上、これだけで心の余裕もかなり出て、スコアが縮まること間違いなしです。

自分の弱点を把握しよう!

自分の弱点を把握しよう!

getty

100を切るためには自身の弱点を把握することも重要です。

僕の場合は、「ドライバーでのOBが多い」「3パットが多い」という明確な弱点がありました。

このうち、パットは本当にシャレになりません。

ドライバーで250ヤード飛ばす1打もパターの1打も同じ1打に変わりません。

そのことを意識すると、短い距離でのパターを沈められないことがどれだけ痛いかがわかると思います。

難しい距離のパターは寄せるだけでいい、と割り切って、なるべく3パットや4パットを減らすことで100切りは近づいてきます。

他にも100を切れない方で弱点があるとすれば、チョロやザックリ等の凡ミスが多いこと、自分の飛距離を把握していないこと等が挙げられます。

自分の弱点を把握し、どこを直せば100切りに近付けるのかを考えながらゴルフをできる人は、100切りだけでなく、90切り、80切りと進めていけると確信しています。

根気強くプレーしよう!

根気強くプレーしよう!

getty

ゴルフにミスは付き物です。それをいちいち後悔していては始まりません。

大切なのはクヨクヨしないこと! 切り替えをすること。根気強くプレーすること。
これに尽きると思います。

プロでも百発百中でフェアウェイキープできるわけではありませんし、近い距離のパターも外します。

それをイライラして次のホールまで引きずるプロがいい成績を残せると思いますか?

僕は残せないと思います。

ゴルフはメンタルスポーツと呼ばれるほど精神的要因が大きくプレー内容やスコアに関わってきます。

そのため、精神状態や調子が良い時には連続して勝てても、いったん調子が狂うとなかなか優勝争いできないことが多くあります。

最悪の場合は引退なんてことも……。

僕らはプロではないのでそこまで考える必要はありませんが、スコアを出したいのであれば「ミスは付き物〜♪」くらいの気持ちでプレーをしていただけたらと思います。

まとめ

まとめ

getty

今回お話した内容はすべて精神面のお話です。

もちろん精神面だけでは達成できるわけなく、練習は必要かもしれませんが、考え方を変えることで同じ実力でもスコアが変わってきます。

また、事前にリスク回避ができるようになるので、調子の悪い日でもそこまでスコアが落ちることもなくなるでしょう。

事実、僕もどんなに悪くてもスコアは80台後半で抑えられるようになったのは精神面の安定が影響していると思っています。

皆さんも考え方を変えることでスコアを出し、さらにゴルフの面白さに気付いていただけるよう、心から応援しています。
お気に入り
むらけん

ゴルフが大好きな20代後半の会社員です。 ベストスコアは81、ドライバーは平均270yd。 得意なショットはドライバーショットとバンカーショット。 皆さんにゴルフの奥深さと楽しさを共有したいと思っております。 将来の目標は馬主でドバイ旅行とゴルフ場経営⛳ https://www.instagram.com/muraken_golf/

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。