アプローチを柔らかく打つ秘訣は、パッティングのイメージです!

お気に入り
セカンドでグリーンそばまで来て、ザックリ! 悔しいですよね……。

柔らかく打ちたい!

柔らかく打ちたい!

getty

セカンドショットで、グリーンの近くまで来ました。ピンの近くに寄せれば、パーもあります。

何とか1メートル以内ぐらいに寄せたいのですが、なかなか上手くいかないものです。それどころかトップしてしまって、グリーンにも乗らないなんてことも度々です。

近いだけに、ダフリやトップはガックリです。

アプローチで、どうしても柔らかく打てずにパンチが入って、強くヒットしてしまったり、ハンドダウンですくい上げるイメージがある人は、フォローでグリップエンドを低く下げようとする傾向があり、ザックリしがちです。

ザックリやトップに悩まされるなど、アプローチが苦手な人のショットは、すくい上げるような軌道になっています。

そして、誤ったアドレスをしています。

アプローチを、アイアンスイングの小さいバージョンだと考えがちだからです。

スイングというよりは、パットのストロークに近いイメージなのです。

アプローチのスイング軌道は、シャフトが短くなる分、かなりアップライトになります。

アプローチ用アドレスを取りましょう

アプローチ用アドレスを取りましょう

getty

アプローチ用アドレスを持てばスイングはシンプルになります。

まず、ボールポジションは右足つま先の前辺りにセットします。

そして、クラブを寝かさないために、ハンドアップにしてクラブを立てます。そうすると、その分ボールと体の距離は近づいてきます。 

従って、ウェッジクラブは総じてシャフトが短い上に、短く持つと、シャフトラインがさらに立って、スイングというよりも、ロングパットのように転がすイメージに近づいてきます。

ダフリやトップは、クラブヘッドがボールの手前に落ちてしまうことで起こります。また、アプローチで強く入ってしまう理由は、コックを使うからです。

アプローチでは体重移動をせず、大きなコックを使わずに、腕のストロークだけで打つようにします。

パンチは、手首やひじのコックで入ります。アドレス時に両手のひらを上に向け、ひじの内側が天を向くように、大きな荷物を受け取るときのような構えにします。

米国のプロが、アプローチの構え方とスイングの仕方を、次のように説明していました。

「トラックの荷台の上から、ゴルフバックを横にして手渡されます。あなたは下にいてそのバッグを両手で受け取ったら、そのバッグをグリーンの方向に、ゆっくりでいいですから投げてください」

腰を落とし、両手を前に出して、そして横にスライドさせるイメージができます。

ひじが動くと、クラブがいろんな方向に動いてしまうので、ひじをコントロールする必要があります。

試しに、ヒジを使ってクラブを上げてみてください、クラブは簡単に上がります。

ですから、ひじは体のほうに向けたまま横に移動させます。

イメージとしては横にスライドさせる感覚です。と言っても手打ちではありません。

ゆっくりとソフトに打つ方法があります

ゆっくりとソフトに打つ方法があります

getty

スイングの感覚は残しつつ、どんなに振っても20ヤード以上は飛ばないような構えに切り替えます。 

どんなに振っても飛ばない構えとはどんな構えでしょうか。

距離が短くなるほど、スタンス幅を狭く、構えをコンパクトにします。スタンスは両足をほぼくっつけて揃えてしまいます。

スイングする感覚でしっかりとボールをインパクトしたいので、あらかじめインパクトの形をつくってしまいます。

左足体重で腰を切っておく、インパクト後の左足体重の形です。

足を揃えてボールをセットしたら今度は45度くらいに腰を開いて構えます。その状態から肩のラインを飛球線方向に戻すのがポイントです。

つまり腰が開き、左を向いていて、左足に体重が乗り、上半身は開かず正面を向いて、インパクトの形で構えるんです。

あとは肩のラインに従って腕をストロークするだけ。

腕だけのストロークなのですが、あらかじめ腰を左に切っているので、アドレスの時点から体のねじれを感じ、スイングの感覚が保たれるというわけです。

言葉で覚えるよりも、形で覚えたほうが簡単です。

スイングの感覚でテークバックしても、もうアドレス時以上に腰が回らないので、実際には腕だけを上げる形になり、大きく振り過ぎることはありません。

さらに柔らかさを増すには、グリップを柔らかく握ります。どのくらいかというと、手首が自由に動く程度です。

そして、あくまで近い距離ですが、真っすぐ打つ裏技があります。それは、右手を握り直して、クラブの真上から指先だけで握ることです。

パターと同じようにストロークできます。

真上から握ればフェース面が変わりませんから、真っすぐ引いて、真っすぐ出せます。

ボールの手前の芝が立っていて、エッジがざっくり入りそうな時には、先ほどの構えに加えてヒールを浮かせるといった応用もできます。

ヒールを接地させず、トウでボールをとらえるので、球足が弱まり、下りのアプローチでも回転のない死んだ球が打てます。

トウ寄りで打ちますから、スピンは減ります。

アプローチをスイングの縮小版ととらえると振ってしまいがちですが、手首をロックしたパターととらえると、ゆっくりボールに当てることができます。

右脚前あたりに、ボールを置いたらクラブをボールの真上にセットし、そのままボールだけを打ちます、バウンスが使えるならバウンスを滑らせて打つ方法もあります。

いろいろご説明しましたが、ぜひ試してみてください。
お気に入り
golf fan

季節感をいつもゴルフで感じています 仲間も多くなり、交友関係も広がりました。 楽しみながら、上手くなっていきたいと思っています。

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。