スコアアップの近道!3パットを減らすため工夫をしよう!

お気に入り
こんにちは! アグレッシブアマチュアゴルファーむらけんです!

今回はパターの考え方についてです。

プロの選手がどう考え、あんなにも上手くパッティングができるのか紐解いていきましょう。

みなさんはパターのラインで自信のあるラインってありますか? スライスラインだったりフックラインだったり様々かと思いますが、得意不得意がありますよね。

パッティングはゴルフの打数の約半分を占める重要なプレーにも関わらず、練習がおろそかにされ、練習するのは当日の朝だけという方も多いかと思います。

パッティングは技術より慣れ・感覚が重要となってきます。さらに申し上げると、パッティングではかなりルーティンが大切です。

練習と同じように真っすぐ押し出し、距離感を合わせる。それが練習通りにできないからパターは難しいのです。

僕も100を切れない日々が続いている中、今回の内容を取り入れたら、急にパターが上手くなりましたのでぜひ参考にしてください。

考え方を身につけて慣れていくことでよりパターが得意になるはずですので、ぜひ試していきましょう。

スパットを目印にしよう

スパットを目印にしよう
パットで一番大切なことは、正確にピンに向かうライン上に球を転がすことです。その際、球の近くに印を見つけて、それに向かって打ち出すことでより正確なストロークができるようになります。

スパットの見つけ方は小さな穴や枯芝、色の違う所などなんでも構いません。

目線が少しだけ移動するように近くに設定することによって、ストロークがスムーズになりますので、打点も安定します。

ただ、穴や枯芝を見つけられても、ゴルフのパットでは正しく打ち出すことができないとカップインは望めません。

まずは、真っすぐ打ち出せることが当たり前にできていない方は、室内練習用のパターマットを使用するなど、練習に励みましょう。

仮想カップを想像しよう

パッティングが難しくなる要因の1つが、グリーンの傾斜です。

まずは傾斜をだいたいで良いので、予測することが大切です。

上りなのか下りなのか、スライスなのかフックなのか。それだけまずは大雑把に把握し打ち出す方向を決めます。

その際に大切なことが、自分が打ち出したい方向に仮想のカップを想定することです。

上りならカップの奥に、下りならカップの手前に、スライスならカップの左に、フックならカップの右に、仮想のカップを想定します(画像は「+72ゴルフレッスン」様よりお借りしました)。

仮想カップを想定し、パッティングすることで打つ直前の小手先の微妙な力加減や打ち出し方向にいい影響を及ぼします。

もう少し左かな……と迷いながらパッティングするのと、明確に目標を決めてパッティングするのでは成功する確率が大きく変わるため、ぜひ取り入れてみてください。

距離は振り幅で調整しよう

距離は振り幅で調整しよう

getty

アプローチ同様に、パターも腕での加減はNGです。

腕で距離感を合わせようとすると、ボールへの当たり方や強さが安定しないため、距離がバラバラになってしまいます。

そこで大切な調整方法は、振り幅を使うことです。腕を使わず、振り幅でパッティングすることで調整が簡単になります。

引いて降ろす。その引く量で強さが変えられる感覚をつかんでください。

ボールへの当たりも安定しますので、一定の距離を何度も打てるようになってきます。

そして調子の悪い日でも良い日でも一定の調子でパターを打てるようになるので、スコアも安定するようになります。

プロの選手はショットの調子が悪くてもパターの調子はそこまで変わらず、結果3オーバーくらいで済むというパターンが多いように感じます。

最後にマインドセットを

最後にマインドセットを

getty

最後に一つ、伝えたいことを記載させていただき、マインドセットしましょう。

パターの練習はしていますか? ドライバーの練習ばかりしていませんか?

目的がストレス解消であればそれでも問題ありませんが、スコアアップをしたいのであれば、パター練習は最も大切と言っても過言ではありません。

事実、すべてのホールで2パットで回った場合、パターは実に36打も打つことになります。

おおよそ半分から3分の1はパターによってスコアが加算されているのです。3パット4パットすることがどれだけスコアアップを妨げているか理解できると思います。

まずは、真っすぐのラインでアドレスとストロークを安定させることを重視しましょう。

自分の向いた方向と打ち出しの方向がずれていないのかを確認し、ずれていれば微調整。その上でラインを読まなければ、入ったとしても単なるまぐれですよね。

パターの正しい距離感を身に付けるには、実際のグリーンや練習場併設の練習グリーンで実践するのが一番です。

ただ、毎日練習場に行けるわけではないので、自宅でもできるよう練習できる環境を作りましょう。パターマットが効率的ですね。

まずは真っすぐ向いて真っすぐ打つ。それがどれだけ難しいかを理解できれば一歩前進しているのではないのでしょうか。
お気に入り
むらけん

ゴルフが大好きな20代後半の会社員です。 ベストスコアは81、ドライバーは平均270yd。 得意なショットはドライバーショットとバンカーショット。 皆さんにゴルフの奥深さと楽しさを共有したいと思っております。 将来の目標は馬主でドバイ旅行とゴルフ場経営⛳ https://www.instagram.com/muraken_golf/

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。