パターが上手くなる4つの簡単な工夫を教えます

お気に入り
こんにちは! アグレッシブアマチュアゴルファーむらけんです!

今回は、100を切りたいけど切れない方、もしくは日によってパターの上手さが変わってしまう方向けに、パターを安定させる方法について書かせていただきたいと思います。

みなさんはパターのラインで自信のあるラインってありますか? スライスラインだったりフックラインだったり様々かと思いますが、得意不得意がありますよね。

パッティングは技術より慣れ・感覚が重要となってきます。さらに申し上げると、パターはかなりルーティンが大切です。

練習と同じように真っすぐ押し出し、距離感を合わせる。それが練習通りにできないからパターは難しいのです。

僕も100を切れない日々が続いている中、今回の内容を取り入れたら、急にパターが上手くなりましたのでぜひ参考にしてください。

1.傾斜をしっかりと把握しよう

1.傾斜をしっかりと把握しよう

getty

皆さんは毎回、パターを打つ際にどのように方向や強さを決めていますか?

傾斜による影響が大きく、だいたいこれくらい曲がるだろうと推測して打ち出しますよね。その際、ボール側から見るだけでピンの奥まで行って傾斜を見ていますか?

結論から申し上げますと、見たほうが良いです。ボール側から見ただけでは傾斜を読み違えてしまう場合が多いからです。

周囲を見渡し、自分がいる場所は他の場所よりもどの程度高低差のある位置にいるのかを把握すれば、「思ったより曲がった/曲がらなかった」「思ったより転がった/転がらなかった」を減らすことができます。

また、かなりの傾斜があるようなトライの場合、カップインを狙うのではなく、カップの周りに半径1~2ヤードの円を想定しパットすることで大きなミスを防ぐことができます。

入れようという気持ちが入ってしまうと、大きくオーバーして3パットや4パットを誘発してしまうためです。

どちらにしろ、状況判断が正確に行える人こそ、パットが上手くなる人なのかもしれませんね。

2.ライン出しをしよう

2.ライン出しをしよう

getty

傾斜を把握したら次はライン出しです。ボール何個分曲がるかを検討し打ち出し方向を決めます。

ただ、打ち出し方向に関しては自らの意思でどれくらい曲がるかを決定する必要がありますので、練習するに限ります。

大切なのは打ち出し方向を決めてその方向にしっかり打ち出すことです。

打ち出し方向を決めても打ち出し方向がバラけてしまっては、打ち出し方向を決めた意味がなくなってしまいます。

まずはライン出しが正しいことを把握するために、傾斜のない直線のパッティングで方向性が合っているかを確認しましょう。

真っすぐ打ち出すことができない人がフックラインやスライスラインを得意なはずがありませんよね。

得意だという方がいれば、それは強運の持ち主か、諦めから来る思い切りの良さかもしれません。

3.ライン出しの方法を知ろう

3.ライン出しの方法を知ろう

getty

ズバリ、線(ライン)を描きましょう!! 実際にゴルフボールにラインを引くことは多くのプロゴルファーも実践しています。

目的はもちろん、ピンまでの正確なライン出しです。

なぜ線を引くのかというと、ボールの真後ろからカップを見るのと、実際構えた際に上からボールを見るのとでは受けるイメージがまったく違うからです。

パッティングはセンスが必要かと思われる方も多いと思います。しかし、ボールにラインを引くことでセンスを補うことができるのも事実です。

毎回同じパッティングをするための手助けになることは間違いありません。

また、転がる際の転がり方も確認ができます。

真っすぐのライン上をボールが真っすぐ転がれば、マーカーで引いた線はきれいに一直線を描きます。

しかし、真っすぐだと思っていたのに実際には傾斜がついて転がった場合は、マーカーの線は一直線にならずグネグネといびつな模様を描きます。

そのように、フィードバックができて次のホールにも経験を活かせるため、このマーキングにはかなりの意味があります。

4.芝の種類を確認しよう

4.芝の種類を確認しよう

getty

コースに出てまず確認していただきたいのは、その日に使用するグリーンの芝の種類です。

一般的に広く使われているベント芝は芝目の影響をあまり受けませんが、高麗芝は芝目の影響を大きく受けてしまいます。

ベント芝の場合は、あまり神経質にならなくてもいいでしょう。

基本的には、高いほうから低いほうへ芝の葉先が向くので、下り傾斜は順目、上り傾斜は逆目となります。

つまり、高麗芝で下り傾斜の場合は少し弱くパットし、上り傾斜の場合は少し強くパットする必要があるということになります。

例外もありますが、まずはここを頭に入れておいていただけるとパターが上手くいく可能性が高くなるかと思いますので、ぜひ覚えておいてください!

まとめ

まとめ

getty

最後にまとめです。

・傾斜をしっかりと把握する
・ライン出しをする
・ライン出しの方法を知る
・芝を確認する

以上この4点を意識し、状況を正確に認識して正確な判断を下せるよう取り組んでみてください。

パットが上手い人はゴルフが上手い人、です。ぜひ皆さん、「ゴルフ上手いね!」と言われることを想像しながらやっていきましょう!

僕自身も意識をして精進していきます。
お気に入り
むらけん

ゴルフが大好きな20代後半の会社員です。 ベストスコアは81、ドライバーは平均270yd。 得意なショットはドライバーショットとバンカーショット。 皆さんにゴルフの奥深さと楽しさを共有したいと思っております。 将来の目標は馬主でドバイ旅行とゴルフ場経営⛳ https://www.instagram.com/muraken_golf/

このライターについてもっと見る >
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001
Cleveland RTX ZIPCORE 200901-1001

カートに追加されました。