知っていれば安心!ゴルフの日が雨になってしまった時の対応

お気に入り
こんにちは! アグレッシブアマチュアゴルファーむらけんです!

せっかくのゴルフが雨のせいで悲惨な思いをしたことがある方も少なくないのではないでしょうか。そもそも雨予報だとわかった時点で予約をキャンセルしてしまう方も多いと思います。

ただ、降るか降らないかわからない状況であったり、みんなで集まれる日がその日しかない場合など、キャンセルせずにラウンドする日もあるでしょう。

そこで今回は雨の日に必要な対応を記載していきます。

私は友人から一緒に回りたくないと冗談で言われるくらいの雨男です。かなりの回数を雨の日にゴルフをしてきましたので、少しでも有益な情報を共有できればと思っております。

傘とタオルは必須

傘とタオルは必須

getty

雨の日にはタオルと傘が必須です。タオルは身体用とクラブ用と、用途ごとに複数枚用意できればいいですね。

クラブで最も濡れてはいけない箇所はグリップです。グリップが効かなくなればクラブが滑って思うようなショットを打てなくなる確率が高くなります。

そのために渇いているタオルでグリップを拭いてあげることは非常に重要です。

そのために傘を有効活用し、グリップを濡れないようにしてあげましょう。画像のように傘の内側の骨にタオルを引っ掛けておけば、いつでもグリップが拭けて便利です。

また、自分がプレーをする時は、タオルをかけている柄の部分にグリップを立て掛けて地面においてあげましょう。そうすれば、プレー中に自分が使用しているクラブ以外のクラブは濡れずに済みます。

ただし、風が強い場合には風向きに注意してくださいね。

打ち方・クラブを変えよう

打ち方・クラブを変えよう

getty

水溜まりができてしまうようなグラウンド状況の場合は、キャリーで飛ばすようにする必要があります。理由はもちろんランが出ない可能性が高いからです。

ドライバーの場合はティーの高さをいつもより少し上げていつも通りスイングしましょう。無理に打ち上げるスイングをする必要はありません。

アイアンショットやアプローチをする際はいつもより少し軸足(右打ちなら左)側にボールを置き、普段よりもダウンブロー気味のスイングでボールをに打つようにしましょう。

地面が柔らかくなっているため、ダフるとクラブがざっくり地面に突き刺さり、ボールはまったく飛びません。

そもそも、雨が降っているとボールに雨が当たり飛距離が落ちます。さらに寒ければ空気抵抗が上がり飛距離がさらに落ちます。

クラブの選択は、1~2クラブ以上長めにし、いつもの8割くらいの力で打つくらいの気持ちでプレーするのが良いかと思います。

アプローチではピンを狙おう!

アプローチではピンを狙おう!

getty

グリーンをアプローチで狙う場合も注意が必要です。長時間雨が降っていれば当然グリーンは柔らかく、重くなっています。

着地してからのボールの転がり方も変わりますし、そのまま地面に突き刺さることもあります。

ボールが止まりやすくなる状況を活かし、ピンをデッドに狙いにいきましょう。少し方向がずれても晴れの日ほどのミスにはなりません。

グリーン着弾後のランが減ることを頭に入れつつ、最適なクラブ選択ができればよいですね。

テンポラリーウォーターの対処

テンポラリーウォーターの対処

getty

雨の日は、普段水溜まりができないようなフェアウェイにも水溜まりが発生します。

ボールの周辺や足元に水溜りもしくは水が染み出してくる場合は、テンポラリーウォーターという救済を受けることができます。

テンポラリーウォーター区域外のホールに近づかない場所にニアレストポイントを設定し、1クラブレングス内にボールをドロップすることができます。ペナルティーもありません。

このテンポラリーウォーターに関しては、ジェネラルエリア(ティーグラウンド〜グリーンのこと)とバンカーエリアで適用されます(バンカーではバンカー内にドロップ)。

知っていると少し上級者扱いされますし、ぜひ有効活用してみてください!
お気に入り
むらけん

ゴルフが大好きな20代後半の会社員です。 ベストスコアは81、ドライバーは平均270yd。 得意なショットはドライバーショットとバンカーショット。 皆さんにゴルフの奥深さと楽しさを共有したいと思っております。 将来の目標は馬主でドバイ旅行とゴルフ場経営⛳ https://www.instagram.com/muraken_golf/

このライターについてもっと見る >
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101

カートに追加されました。