最新クラブが自分に合っているわけではありません

お気に入り
昔のドライバーと比べて進化したと感じることは多々あります。スイートエリアが拡大されていたりフェース面の反発力が高くなっていたり様々です。

しかしながら、本当に最新が最良とは限りません。みんなで考えてみましょう。

思考回路、頑固になっていませんか?

思考回路、頑固になっていませんか?

getty

最新クラブ購入癖がなかなか治らなず財布はいつも炎上中です。

どうも奏son輝です。

昔のドライバーと新しいモデルのドライバーを比較すると、もちろん新しいモデルのドライバーのほうがスイートエリアが広がっています。

スイートエリアが広いほうが打点がズレても強い反発が得られることは間違いありません。

昔のドライバーはスイートエリアで打てないと反発力がかなり低下しボールが飛ばないのは明確です。

ドライバーは難しく打点のズレが起きやすいです。しかし最近のクラブは打点がズレても飛ばせるような工夫が取り入れられています。

古いドライバーを打ってみるとよくわかりますが、スイートエリアが狭くとても難しいです。

それに比べて新しいモデルのドライバーは、明らかにスイートエリアが広がって楽に遠くへ飛ばせます。

ドライバーの進化を感じる理由として、アスリート向けとアベレージ向けのクラブが明確になっています。

昔のドライバーはどれもアスリート向けな感じで難しく、それがゴルフを継続できない理由の1つでもありました。

タイトリストなど、メーカーによっては難しくてハードなイメージが定着しブランド力になっていることもあります。

それはそれで全然問題はないですしステータスでもあります。

アスリート向けとアベレージ向けがはっきりしている現在のクラブ事情で、購入する側も悩むことがなくなったように感じますが、種類が増え過ぎているのも現代の悩みでもあります。

良いクラブをわざわざ変える必要はないです

良いクラブをわざわざ変える必要はないです

getty

少し昔から低重心ドライバーというのは実在しました。しかし最近では、さらに低重心化が加速しているのが現状です。

ドライバーは低重心化が求められ、低スピンが打てることをどのメーカーもアピールしている現状です。

昔のドライバーと比べ、低重心となり低スピンのボールが打てるようになった人はたくさんいます。吹け上がるボールが抑えられるようなドライバーは多くなっています。

低スピンドライバーというのは、バックスピン量が少ないということです。

ボールに揚力を与え難くなり、逆に高弾道が打てないという人が増えたのも現実です。

でも最近ではカチャカチャ機能が付き、ロフト角を大きくしたりシャフトも先調子のものを最初から装着しているモデルもあります。

ボールの上がり難さを予防する深重心でありながら、低重心というドライバーも増えて人気も高いです。

それとヘッドにカーボンを使用したドライバーが増えました。というかほとんどではないでしょうか。

カーボン素材を使用したドライバーは昔からありましたが、最近はドライバーヘッドにカーボン素材を使用してヘッドを軽量化をし、余剰重量を生んでいます。

軽量化することで余剰重量が生まれ、その分ウェイトを配置して重心位置のコントロールが可能となりました。

ウェイトカチャカチャ機能も流行っているのが現状です。

重心位置をコントロールすることでつかまりやすさを向上したり、逆につかまり過ぎを防ぐことも考えられます。

選択肢が昔から数十倍も広がる一方で、選択ミスが命取りになる場合も考えられます。

種類が多くワクワクも増えましたが、新発売で痛い目に遭ったという方も少なくありません。

いろいろ打ち比べてみましょう

いろいろ打ち比べてみましょう

getty

昔のドライバーと最近の新しいドライバーを打ち比べて明らかに違うのは、フェース面の反発力が高くなっているということです。

ルール適合範囲内で反発力が高くなっていますし、テーラーメイドはその辺本当にすごい気がします。

反発力を高めることでボール初速を速くすることができます。ミート率を高めることができますし、結果フェース面の反発力が高いほうが飛ばせるということです。

新しいモデルのドライバーは、ルール適合内で反発力を高めボール初速を速くすることを狙っている現代、とにかく何においてもスピードを速くしていこうという理論も多いです。

スイートエリアが広くなり、フェースの反発力が高くカーボン素材を使用し低重心で低スピンが打てることが当たり前のように進化していくでしょう。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。

ここまで進化してナイスショットが打てないということないでしょうとメーカーに問いかけられている気がします。

しかしながら、スライスが止まらなかったりチーピンも止まらないことでしょう。

もちろんメーカーの努力を否定することは1ミリもありません。進化していることを否定もしません。

そこで皆さん逆算することも忘れずにいましょう。

たった1年でクラブが劇的に進化するわけはありません。その前に考えることはたくさんあります。

2年前のクラブが真っすぐ飛ぶのならそれでいいのではないでしょうか。その辺よく考えて購入してみましょう。

それではまた。
お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。