飛距離と方向性アップにコックは必要!でもどうすれば?

お気に入り
飛距離不足や正確性に悩み、「コックを使ったほう良いですよ」と打ちっ放しのオジサンからも言われました。

コックを入れればヘッドスピードが上がります。しかし、恥ずかしながらコックの意味がわからないし、正しい形もわからないです。

自然にコックが作れるように一緒に勉強しましょう。

まずは試してみましょう

まずは試してみましょう

getty

先日練習場で、ローカルのオジ様からコックを使いなさいと指摘されました。飛距離にはかなり自信があったのですが、「もっと飛距離が上がるよ」と言われました。

どうも奏son輝です。

コックと言われても瞬間的には何なのか理解できていませんでした。さてコックとは何なんでしょう。

簡単に言えば、コックとは手首を親指側に折る動きです。上手く利用すると自分の力以上にヘッドスピードを出すことができます。イメージは金づちで釘を打つ際の動きと同様です。

スナップを効かせると軽快に釘を打ち込むことができますが、手首を固定したまま釘を打ってもなかなか釘は埋まっていきません。その原理です。

ゴルフも、手首のコックを使わないとヘッドスピードが伸びず飛距離が出ません。コックを作る時に間違えやすいのが、手首を右手の甲側に折ってしまうことです。

これはヒンジという横の動きになり、コックではありません。我々アマチュアはこのヒンジをしてしまっている方が多いです。

手だけでヒョイと振り上げるとまったく力感が伝わりません。コックが入っていると自然に体に張りが生まれ、左腕が伸びて上半身と下半身の捻転差がある締まったスイングになります。

コックが入ってないスイングだとヘッドスピードが上がりません。体の右側を押し込むことでスピード不足を補おうとスウェーしてしまい、不自然なスイングになりミスにつながります。

正しくコックが入ると、力を入れなくても一気に振り抜くことができます。一番簡単なチェック方法は、バットのような重いものを素振りに使うといいでしょう。

左腕が地面と平行になっている状態ではシャフトが地面と垂直になりません。手首にコックが入ってない状態でテークバックしていることになります。

自然とアドレスを取りゆっくりテークバックを行います。左腕が地面と平行になった時点でシャフトが地面と垂直になっている状態が理想です。

グリップを緩めグリップエンドを地面方向にストンと落としてみましょう。自然にできるようになるとヘッドスピードが飛躍的に伸びます。

少し慣れてきたら、左手の中指と薬指と小指をしっかり握り、右手の人差し指を支点にてテークバックすることで意識しなくてもコックが入るようになります。

あくまでも自然に行いましょう

あくまでも自然に行いましょう

getty

アドレスではグリップを強く握らず力を抜いて自然に握りましょう。

腕と手首の間には多少の角度を持たせ、極端にまっすぐ伸ばさないようにしましょう。

テークバックで左腕が地面と平行になるタイミングでコックを固めていきましょう。

親指側に手首を折るとシャフトが真上を向く形になります。

正しいコックを作るには、クラブと身体の距離を離さないことも重要になってきます。

コックを作るタイミングに「これが正しい」という決まりはありませんが、切り返しで無意識にコックが入るといいです。

ダウンスイングではコックを維持したままインパクトまでクラブを振ることが大事です。

ダウンスイングでコックが解けてしまっては努力も台なしです。

コックを維持したままスイングするために、グリップエンドを右足に引き付けるように下ろしましょう。

クラブが右腰辺りに来た時、シャフトが立っているように身体とクラブの距離を離さない様に意識を持ちましょう。

インパクトでコックをキープしグリップが右足前に来るまでは角度を保ちましょう。

コックが解けていくのはフォロースルーに入ってからと考えて良いと思います。

右足前でグリップが下がり切るのが理想で、左手首が甲側に折れてしまわないよう注意しましょう。

フォロースルーでは、コックが解け、腕が地面と水平になる辺りから自然と手首が再びコックされていきます。

手首だけを意識して動かしたりはしないで、腕と身体の動きを同調させましょう。

キーポイントは三位一体。同調させていくことは多くのプロも提言されています。

あくまでも自然に

あくまでも自然に

getty

自然に力強いスイングを最終的な目標にしましょう。

クラブヘッドを持ち、クラブを逆に持ち素振りをするとビュンと風を切る音がします。

その音がボールのある位置のほんの少し左で聞こえたら最高です。この位置が手首をリリースしている位置として適切だと思います。

リリースのタイミングが早過ぎたり遅過ぎると違う位置から音が聞こえます。意識しながら、ボールのほんの少し左で音が鳴るようにに近づけていきましょう。

適切なリリース位置の感覚をつかめたら、クラブを通常通りに持ち替えましょう。

一瞬の動きであるコックを意識しようとし、腕や手首を余計に動かしてしまったり身体との同調を失ってしまったりと逆効果になってしまいます。

頭で考えなくてもできるように、身体に染み込ませて自然に覚えていくことが大事です。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか?

コックはスイングの基本とも言える感じがしてきました。しかしこれがスイングのすべてではありません。

いろいろなことを追求していけるゴルフって本当に楽しいですね。それではまた。
お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。