あなたのゴルフクラブに魔法をかける!新発想の鉛の貼り方講座(その2)

お気に入り
こんにちは、Lukeです。

今回のパート2では、新発想の『鉛の貼り方』についての具体的な手法を説明します。

最初は手探りだとしても、根気よく作業を続けてもらえれば、今までには感じたことがないくらいに、自分の思い通りにクラブをコントロールできるようになるかもしれません。

慣れてくると、自分に合いそうな場所がすぐにつかめるようになります。

ぜひトライしてみてください!

新発想の鉛の貼り方をスタート!

新発想の鉛の貼り方をスタート!
ここからは鉛の貼り方について説明しますが、まずは調整用の鉛を用意しましょう。

お勧めなのはゴルフ5で販売されている『調整職人』という鉛のテープです。

いろいろ試しましたが、この『調整職人』は重さを自在に調整でき、とても使い勝手がよい商品です。

容器にカッター機能がありますが、僕の場合は、幅を細く調整したい時もあるので、小さなハサミとセットでゴルフバックに携帯しています。

ドライバーの貼り方

ドライバーの貼り方
ドライバーの場合は、0.3~0.5グラムくらいに切った鉛のテープを、ソールにまず1ヶ所、任意の場所に貼ってみましょう。

つかまえやすいようにとか、ボールが上がるようにとかは考えずに、まずは貼ってみて自分がどう感じるのか、自分の感覚を試してみましょう。

たとえ0.5グラムでも、「振りやすくなった」のか「振りにくくなった」かは間違いなくわかります。

その自分の感覚を頼りにして、貼る位置をまんべんなく移動してみて、最も「振りやすい位置」を見つけ出してください。

皆さんのスイングのクセにマッチする場所が必ず見つかります。

ある程度いい場所が見つかったら、別の場所にもう1ヶ所試してみましょう。

2ヶ所の合わせ技によって、より振りやすくなる場合があります。

上の写真の2ヶ所に貼ってある例は、ソールの前方が本人が振りやすく感じた場所で、トウ側は本人がつかまえやすくなった場所です。

一般的な貼り方の常識とはまったく違いますが、本人の感覚に合えばOKです。

ユーティリティ&フェアウェイウッドの貼り方

ユーティリティ&フェアウェイウッドの貼り方
ユーティリティとフェアウェイウッドに貼る場合は、0.1~0.3グラムくらいから進めたほうがいいと思います。

ドライバーと同じ手法で、まずは1ヶ所任意の場所に貼り、自分がどう感じるのかを確認してください。

少し場所が違うだけで、急に重く感じたり、軽く感じたりと変化します。

とにかく自分が振りやすく、そしてボールの飛び方がイメージに近づくように、丁寧に根気よく作業を進めましょう。

アイアンの貼り方

アイアンの貼り方
アイアンも0.1~0.3グラムで作業を進めてください。

アイアンの場合は、ソールだけでなくバックフェースにも貼ってみる必要があります。

いろんなクラブの中には、すでに低重心過ぎる仕様の物もあるので、そんな場合は、重心位置のバランスを取るように、バックフェースの上のほうまで試してみる必要があります。

アイアンの場合は、本当にわずかな位置の違いで、スライスしたりフックしたりと大きく変化するので、いろんな場所を試しながらも、フィーリングが良かった場所は覚えておくことが大事になります。

パターの貼り方

パターの貼り方
パターは0.3~0.5グラム単位で、複数貼ることを前提で進めましょう。

マレット型のパターは写真のように、2ヶ所セットで進めてください。

たとえばプロが、ソール全面に「ベッタリ」と貼っているケースをよく見ますが、あそこまで重くすると、設計上の「芯」から外れるので、あまりお勧めしません。

もしヘッドを重くしたいと思っても、いきなり何グラムも「ベタッ」と貼らずに、少量でも重く感じる位置があるので、その位置を探しましょう。

いい位置を探すコツは、パターを無駄な力を入れずに握り、振り子のようにスムーズにストロークを繰り返しながら、パターに対して「どこに貼ったらいいのか?」を問いかけるようなイメージを持つことです。

揺らぐことなく、スムーズにストロークできる貼り方が必ず見つかります。

自分の感覚に合うクラブが上達への早道

自分の感覚に合うクラブが上達への早道

getty

クラブ別の鉛の貼り方を紹介してきましたが、少しはイメージがつかめたでしょうか?

とにかく今までの常識は忘れて、少量の鉛で、自由な発想でいい場所を見つけることが重要なのです。

人間の感覚は誰もがとても敏感であり、そして一定の感覚が持てるならば、安定した動きを続けることができます。

少量の鉛でいい場所を見つけることができれば、たとえ1週間ぶりにクラブを握っても、まるで毎日練習していたかのような感覚で、安定したスイングできるようになるでしょう。

アマチュアゴルファーは誰もが未完成なスイングなのですが、未完成なりに安定しているので、そのスイングにクラブのセッティングを合わせてやれば、それで十分な武器になります。

つまり、スイングを完成させるよりも、クラブを合わせるほうが簡単なので、まずは自分が振りやすいクラブにして、そこからスイングの改善を目指すほうが上達の早道になるのです。

もちろんスイングの改善が進めば、また違うセッティングが必要になりますが、その時はすぐに再調整できることが『鉛の調整』の魅力でもあります。

自分だけのスペシャルセッティングを目指してトライしてみてください。

なお、これからも新発想の『鉛の調整方法』を紹介する予定ですが、それまで待てない方は、下記の記事を参考にしてください。
お気に入り
Luke

こんにちはLukeです。 元プロスポーツ選手の経歴を持ち、現在もその競技のコーチングの活動を続けています。 ケガで現役を引退してからは、友人達にゴルフのアドバイスを始めました。 ゴルフをもっと簡単にするために、過去の常識には縛られずに、スポーツとしての柔軟で効率的な考え方を提案しています。 https://simplegolf-lab.com/

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200701-0801
ダンロップゼクシオセリーグコラボボール200701-0801

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200701-0801