ハイバウンス=初心者、ローバウンス=上級者?ウェッジのバウンスの選び方

「冬になったら突然アプローチが下手になってしまった……。アプローチでダフリ、トップ両方出てしまう」

そんなお悩みにお答えします。

この記事を書いている私は、ゴルフ歴35年、2000年にプロテスト合格、コースレッスンは3500回ほど開催しているゴルフコーチです。

【本記事の目次】
・バウンスって何?
・ローバウンスとハイバウンスの違いって!?
・自分の打ち方にあったバウンスデザインを見つけよう

ではご覧ください。

そもそもバウンスって何?

そもそもバウンスって何?

getty

バウンスとは、ウェッジのソールが膨らんでいる部分のことを言います。

じつはこのバウンスデザインにより、バンカーショットが簡単になったり、アプローチショットでのダフリのミスを改善できたりします。

具体的には、バウンスデザインによってリーディングエッジが砂に刺さらず振り抜けるようになっていたり、フェースが開きやすくなったりするのです。

ローバウンスとハイバウンスの違いって!?

ローバウンスとハイバウンスの違いって!?

getty

ちなみに現在発売されているウェッジのバウンス角は8度~12度が中心です。

なかにはバウンス角が14度とかなり大きなものもあります。

それぞれのバウンスの特性について詳しく説明していきましょう。

【ローバウンス(8度以下)はバウンス角が少ないデザイン】

ローバウンスのウェッジは、冬の枯れた芝生からでもアプローチショットがしやすいです。

ハイバウンスと比べてソールの膨らみが少ない分、ボールだけをクリーンに打つことができるのです。

しかしバンカーショットではソールの膨らみがないために、リーディングエッジが砂に深く刺さりやすくなってしまい難しく感じるはずです。

プロや上級者など、テクニックがありバンカーショットに慣れていないと使うのは難しいです。

ローバウンスのウェッジは、アプローチショットでは扱いやすいですが、バンカーショットではテクニックがないと扱いが難しいのが特徴です。

【ハイバウンス(12度以上)はバウンス角が大きいデザイン】

バウンスが大きいウェッジは、リーディングエッジより先にバウンスが地面に当たるため、クラブヘッドが砂に刺さりにくいのが特徴です。

ボールと砂を一緒に打つバンカーショットでは、ハイバウンスの効果で打ち込み過ぎを怖がらず思い切って打つことができるのです。

そんなこともあり、ハイバウンスはバンカーショットでは強い武器になってくれるはずです。

しかし、その反面ハイバウンスは不都合も出てきます。

具体的には、冬場の芝生に厚みがなくなっている場所からのアプローチショットです。

インパクト時にバウンスが地面を跳ねてしまいトップのミスが出やすくなります。

ハイバウンスはバンカーショットでは武器になりますが、冬場のアプローチショットでは使いにくさがあるかもです。

【レギュラーバウンス(10度前後)は中間に位置するデザイン】

レギュラーバウンスはその中間に位置するウェッジです。

つまりバンカーショットも、アプローチショットにも対応できるバウンスデザインです。

一本でアプローチもバンカーも打ちたい人に合っていると思います。

自分の打ち方にあったバウンスを見つけよう

自分の打ち方にあったバウンスを見つけよう

getty

■ハイバウンスはアプローチを苦手にしてるアマチュアゴルファー向け

バウンス角が大きいハイバウンスは、ヘッドが芝生に刺さりにくく振り抜けが良いのが特徴です。

ハイバウンスが合う方は、「ハンドファーストでアドレスをする人」「右足寄りにボールを置く人」です。

両者ともに鋭角にクラブヘッドを打ち込むので、ハイバウンスにするとザックリなどの大きなミスを抑制することができます。

加えてダフりが多い人もハイバウンスによりソールが滑りやすくなるのでオススメです。

■ローバウンスはテクニックを使ってアプローチショットをしたいプロやゴルフ上級者向け

ローバウンスは、地面への接地タイミングがハイバウンスより遅くなるので、ボールをクリーンに打つテクニックを使いやすくなります。
 
こう書くと「ローバウンスはプロや上級者向けなの?」「初心者には難しそうで無理かも」と思う方もいるでしょう。
 
たしかにハイバウンスと比べると難しいかもしれませんね。

しかし、強いハンドファーストで構えなければ、意外に初心者ゴルファーでも使えたりします。

そんなこともあり、ハンドファーストの度合いを弱めて、ボールを中央へ置いてアプローチショットをする人はローバウンスでも大丈夫です。

ゴルフのキャリアではなく「構え方」「ボールの位置」を踏まえてバウンス角を選んでほしいと思います。

最後にまとめ

最後にまとめ

getty

バウンス角は大きくても小さくても大丈夫です。

しかし自身がどんな状況でウェッジを使うのかを明確にして、その状況に合ったバウンスデザインを選ぶようにしていきましょう。

同じウェッジを使い、テクニックを駆使してアプローチやバンカーをするのも良いですが、限られた時間の中でゴルフを楽しんでいるエンジョイゴルファーさんは、自身がよく遭遇するシチュエーションに合ったバウンス角を選んでほしいなと思っています。

プロゴルファーやゴルフ上級者は、そんな思考でウェッジ選びをして、状況に応じて使い分けています。

ロフト角度はもちろんですがバウンス角にも注意してウェッジ選びをしてみてくださいね。

今回は以上です。

ではHave a nice golf!

お気に入り
ゴルフコーチ宮下芳雄

ゴルフをとても愛しています。高卒でゴルフ場に入りプロを目指す→プロテスト3回目でやっと合格→何度もQT失敗し試合に出れず→バイトをしながらレッスン会社を起業→転職→JGMオンコレ(コースレッスン)立ち上げる。普段はJGMセベバレステロスGCにてコースレッスンをしながらYouTube、ブログを書いています。 https://www.youtube.com/user/miyashitayoshio1

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。