今さらですがダフリの原因を追究しよう

お気に入り
初心者の時期をやっと越えてきた所ですが、今さらながらダフリやトップで1打2打損しています。

安定した80台前半のスコアを出すことが今年の目標ですが、そういうミスを出してしまうとスコアにも直結しません。

基本には常に返っていますが、いま一度いろんなことを復習してみましょう。

スコアを出したい気持ちとは裏腹に……

スコアを出したい気持ちとは裏腹に……
ドライバーのコツをつかんだはずですが、次はアイアンが思うようにいきません。方向性重視には考えていますが距離も欲しいです。でもそれ以前の問題なのかも……。

どうも奏son輝です。

ティーショットはいつでもきちんと当てて飛ばしたいです。もちろんアイアンもその気持ちでラウンドしていますが、上手くいきません。

気合いを入れて打とうとしたときに限ってミスをする。そんなことばかりです。飛距離もほとんど出なくて気持ち的にもだいぶ凹んでしまいます。もちろんスコアにも悪影響です。

ダフリの原因はいろいろありますが、我々アマチュアのダフリのミスには、大まかにポイントがいくつかあります。

ダフリにつながる動きを改善するための練習法を聞きましたので、ありふれたことではありますがご紹介します。

ミスのないそして飛距離の出るショットを打てるようなっていきましょう。気持ちよいショット連発して素敵なスコアで1日ラウンドしたいものです。

構えからそしてダウンスイングに繋がっていく

構えからそしてダウンスイングに繋がっていく
ダウンスイングのときに右肩が下がってしまうことはありませんか。自分では分からない人は動画に撮ってみましょう。ゴルフでドライバーを使って打つときはアッパーブローが基本です。

当たり前ですが、ヘッドがスイングの最下点を通過した後にボールをとらえるとアッパーブローになります。最初からアッパーに振ろうとすると右肩が下がってしまいます。

我々アマチュアに多いすくい打ちになってしまいます。

理論的には、ヘッドがゴルフボールの手前に落ちるとダフリにつながります。

ダウンスイングのときの手首の角度もミスの原因となります。ダウンスイングのときに腕が伸びて手首の角度がキープできないとクラブの軌道がおかしくなります。

手前を叩いてしまうとダフリにつながります。手首の角度をキープしてスイングしていく意識をつけることが改善のためには重要になります。

スイングするときに上半身がターゲット方向に傾いてしまうこともダメと言われます。突っ込みの要因となります。

体が斜めになることでドライバーの軌道も斜めになり、ヘッドが地面を叩いてしまいダフります。

ボールを飛ばそうという意識が強過ぎるとこうなるので注意が必要です。

前傾姿勢にも気を付けよう

前傾姿勢にも気を付けよう
以前も書きましたが、前傾姿勢はゴルフの基本です。プロは切り返した後やインパクトのときにこの前傾姿勢をキープできています。しかし我々アマチュアは上体が起き上がってしまうことが多いです。

体が起きて頭の位置も上がってしまう、いわゆるヘッドアップは典型的なミスでダフリやトップを引き起こします。これは我々アマチュアに一番多いかもしれません。アドレスのときに作った前傾姿勢をキープすることでミートがきちんとできます。

ゴルフでスイングを安定させるためには構え方も大切です。基本となる構えをきちんと身につけましょう。

右肩が下がってしまうという方は、いつもと同じようにアドレスをしそこから左手をグリップから離して右肩を押さえます。

その状態から右腕一本でゴルフクラブを振っていきます。ハーフスイングからスリークオーターくらいで動きを確認していきましょう。ここでもハーフスイングが大事になってきます。

プロがよくやっている、左手を右肩に当てることで位置が下がることを防止し、身体が開くことも防ぎます。

素振りをした後何球かこの状態のままで球を打ってみましょう。しっかりとインパクトでき、真っすぐ飛ぶような体の動きを確認してみましょう。

そして手首を固定する感覚を身につけるために、クラブを膝の高さまで上げ、繰り返し振ってみるのもお勧めです。

この高さで振ることによって手首の動きが最もつかめます。両膝をついた状態でドライバーを振る練習も効果的です。YouTubeなどでもたびたび紹介されています。

上半身の突っ込みを防ぐためには、左足の使い方を変える方法がいいでしょう。

普段と同じようにアドレスを取り、左足のかかとを上げてつま先だけで立つようにしましょう。

体重はほとんど右足にかかるような形になると思います。この状態で素振りを何回かすると左足に荷重がかからなくなるので、自然と突っ込む動きがなくなります。軽くボールも打って、いいイメージをつかんでみましょう。

そしてヘッドアップを防ぐ方法もあります。

尻の位置を固定する方法が良いです。イメージを作るときは、壁にお尻をつけたままで素振りの動作をしてみましょう。お尻の位置が固定されると前傾姿勢を保つことができます。

打ちっ放しや練習場では、設置してある椅子やキャディーバッグなども利用しましょう。

普段とは逆に置いて背もたれの部分がお尻につくような状態で素振りをし、前傾を保った動きを確認しましょう。上体が起きてしまうというゴルファーには本当に効果的な練習方法です。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。ネットをみたらいろいろと方法は出てきますが、経験者の言葉は大事です。まずは実践しましょう。

それではまた。
お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200801-0901
ダンロップゼクシオの日200801-0901

カートに追加されました。


ダンロップX2ボール200801-0901