正しいスイングはアイアンのハーフスイングで身に付けよう

お気に入り

適した良きスイングとアドレスを身に付けることができれば自然と飛距離アップにつながります。やはり良きスイングとアドレスを身に付けることが練習だと思います。

ドライバーばかりだと崩れてしまう

ドライバーばかりだと崩れてしまう

ドライバーを新調して初ラウンドは調子が良かったのですが、それを持続するのはかなり困難みたいです。

どうも奏son輝です。

練習場などで他人の動向を見ていると、ドライバーばかりを練習している人はかなり多いものです。実際に自分もそうです。

ゴルフを始めたばかりの人やゴルフ暦が浅い人の多くも、やはりドライバーショットの練習を多く行っている傾向があります。

ゴルフにおいてボールを飛ばすことに快感を感じるのは仕方ありません。新商品においては、飛距離を売りに各メーカー宣伝します。

利き手を積極的に活用して強いインパクトを求めたり、高いトップ位置を目指したり、腰の回転スピードを上げてヘッドスピードを高めたりと正解探しに勤しみます。

最近気付いたり言われたりして意識してることは、飛距離重視のドライバー練習をたくさん行っているとアイアンのスイングに悪いクセが付きやすいので要注意だということです。

ティーアップしたドライバーショットの場合は飛距離が出せるのですが、アイアンが番手通り飛ばないと感じている人はいませんか。

スイング作りの過程でドライバーに偏った練習をしてしまっていた可能性が高いです。

せっかくたくさんのお金とたくさんの時間を要したのにそれでは無駄になってしまいます。

カチ揚げ振り上げ注意です

カチ揚げ振り上げ注意です

毎回練習のスイング作りの過程でドライバーを多く活用してしまうと、無意識のうちにカチ上げ振り上げ軌道のスイングが身に付いてしまう傾向があります。

どうしても感覚的に球を上げようとしてしまいます。ボールはクラブのロフト角によって自然と上がっていくものなのです。

ドライバー練習を中心にしていると、自然に球が上がっていく感覚が身に付かないです。もちろんドライバーショットの場合は上昇軌道で打つことが良い結果になりやすいです。

カチ上げ振り上げ軌道の感覚がアイアンのスイングにも身に付いてしまい、悪いクセとなってしまいます。

クセが身に付くとアイアンショットの適切な飛距離が出せないようになってしまいます。実際に自分はドライバーは他人より30ヤード飛びますがアイアンは10ヤード飛びません。

自らボールを上げようとする感覚が、カチ上げ振り上げスイング軌道を作り上げることになり、アイアンの場合クラブロフト角が大きくなりながらインパクトを迎えちゃいます。

クラブロフト角が少なくなりながらインパクトを迎えるのがゴルフスイングの基本、そして理想です。

練習場や打ちっ放しでは、人工マットで練習を行うので案外気が付かないものです。マットの上では、アイアンヘッドが滑ってくれるのでミスになりにくいです。

実際のラウンドと練習場でイメージしていた球筋はなかなか出ないものです。芝の衝撃に負けてグリップが緩んだり、クラブフェースが開いたり、練習の時とはまったく違う結果になります。

練習とラウンドで球筋に大きな違いが生じてしまうという人は、アイアンスイングに悪いクセを有している可能性が高いのです。

ハーフスイングでスイングを磨こう

ハーフスイングでスイングを磨こう

自分と一緒でアイアンが飛ばないといった悩みを抱えている方は、ハッキリ言ってスイングが正しい軌道となっていないということです。

自分に適したスイングを身に付けるためには、やはりドライバーを練習することを止め、アイアンのハーフスイングを取り入れることがいいです。

スイング作りに適したアイアンとしては、やはり基本の7番を選択すると良いでしょう。バックスイングを、正面から見た時の時計盤にあてはめ、シャフトを時計の9時の位置に、そしてフォローを15時としてスイングしましょう。

これがハーフスイングとなります。思ったより勢いが付きます。意識としては9時~15時の範囲で収めるようにスイングすることが大切です。

フルスイングをしていると、悪いクセがあってもボールはそれなりに前に飛ぶことがあります。

しかしハーフスイングだと適切なスイングをしないとボールも上がらないし、まっすぐ飛ばすこともありません。

ハーフスイングでは、クラブフェースを立てながらスイングすることが身に付くと言われています。

クラブを寝かしながらだと上手くインパクトを迎えることすらできず、体が適切な動きをしにくくなります。

手首の使い方やシャフトの使い方などもハーフスイングのほうが習得しやすいと言われています。

初心者のころは粘り強く練習でフルスイングでなくハーフスイングだけで練習するほうが上達します。なかなか実践は難しいですが(笑)。

練習は飛ばすことを楽しむ場ですが、ナイスショットを出さなければいけない場所でもあります。

自分なりに良きスイングを作る場所なのか一瞬の気持ち良さを発散する場所なのか考えて練習しましょう。

練習でスイングをしっかり作っていくためにはアイアンのハーフスイングが重要です。

ハーフスイングは右肩から左肩までの高さをやみくもに腕の力だけで振るのではありません。体全体を使ってハーフの振り幅で振ることです。

クラブを振る状態の動きと下半身との動きを同調させてください。スライスやプッシュアウトなど、たくさんのミスは大半の場合は上体と下半身との動きが同調していないことが原因です。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか? 冗談抜きで1ヶ月ハーフスイングのみ練習してみませんか。

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。