クラブ購入の際はスペックをしっかり確認しましょう!

お気に入り
クラブを購入される際にはいろいろな情報を調べまくりましょう。そこからラウンド力につながることがたくさんあります。まずはロフト角ぐらいからでも大丈夫です。

情報屋さんになろう

情報屋さんになろう
クラブセッティングを総入れ替えしましたが、お金を掛けたからにはベストスコアを更新したいものです。

どうも奏son輝です。

さてゴルフにおいては最大14本のクラブをバッグに入れることが許されています。知っての如く一番飛距離を出すことができるのがドライバーです。

ドライバーがなぜ飛距離を出せるのか考えたことはありますか? クラブの全長が長くヘッドスピードが速くなりやすく、ロフト角がもっとも立っているからです。

ドライバーに限らずスペックで必ずチェックする項目にロフト角があります。ロフトが多いとボールが上がり、ロフトが少ないとボールが低くなります。

ロフト角の役割はバックスピン量にも影響しています。

ロフト角とは、シャフトを地面に垂直にした時のシャフト軸線とフェース面が作る角度を指すものです。

当たり前ですが、パターを除いて最もロフトが少ないクラブはドライバーです。番手が小さくなるにつれてロフトは大きくなっていきウェッジへつながります。

周りの友達やお知り合いのキャディーバッグを覗いてみましょう。ドライバーのロフトは大体8度くらいから12度くらいで、ウェッジは最大で60度くらいだと思います。

14本の組み合わせは様々ですし、同じセッティングでもロフト角が違ったりと、その人の戦略性にあったクラブが入っているはずです。

たかが14本されど14本です。ベストスコアやワーストスコアには、それぞれのドラマを作り出す素晴らしいアイテムがあるのです。

特性を知る事で分かる

特性を知る事で分かる
最近のドライバーには、ひとつのモデルにつき2~3種類くらいのロフト角が用意されています。

スイングスピードやボールの上がり具合に合わせて選ぶというのが一般的ですが、だいたい角度は9.5度と10.5度が多い気がします。

ロフト角は大きいほどフェース面が上を向く方向に傾き、数値が大きいほどボールが上がりやすくなり、ボールの打ち出し角が高くなります。

それ以外に影響があるのがバックスピン量です。

フェース面の角度が大きくなるほどインパクトでボールとぶつかる角度も大きくなるので、摩擦が大きくなりスピン量が増えやすくなります。

バックスピンが多くなるとボールが空中で上に飛ぼうとするようになり、ロフト角が増えることでボールが上がりやすくなります。

打ち出し角だけでなくバックスピンが増えることの影響もあるというのを覚えておくと話のタネになるはずです。

バックスピンは、多過ぎるとボールは上に吹き上がってキャリーが伸びないうえにランも少なくなります。

どのロフト角を選ぶのかというのは、飛距離に影響してくることを学びましょう。

高く上がることをうたうクラブばかりですが、初めから高い球しか打てない人はいろいろ調べる価値はあるはずです。

ちなみにカチャカチャ付きドライバーは、シャフトを回転させてロフトを変えるシステムですが、ロフトを変えるとフェースの向きにも影響が出ます。

何事もラウンド力につながる

何事もラウンド力につながる
先ほどのカチャカチャクラブについて具体的な話ですが、ヘッドをロフトの増える方向に動かすと左回転の動きが加わります。

すなわちフェース面が左を向く。反対にロフトの減る方向に動かすと右回転の動きが加わりフェース面が右を向きます。

ロフト角とフェース向きが連動してしまうのを理解して、こういった症状が起こるということも覚えておくとこれまた購入時に役に立つでしょう。

あとロフト角で気をつけることは、ヘッドには10度と刻印されていても実際に計測すると12度というようなことがたたあります。俗に言うリアルロフトの話です。

ロフトの数字の少ないもののほうがなんとなくカッコ良く感じるというメーカーさんの策略であり、実際はボールが上がりやすいロフト設定でありながら少ない数字を表示していることがあります。

リアルロフトと補足に書いてあるメーカーさんもありますので、気を付けましょう。これにより打った後にロフト角の違いに気付いてしまう人もいます。

同一メーカーであっても別のモデルで、同じロフト10度モデルのロフト10度同士で比べたら角度が2度異なるということは全然あります。

同一のモデルであるのであれば、9度は上がりにくく11度は上がりやすく10度はレギュラー的な中間モデルととらえるのが良いと思います。

ロフトは数字が大きくなるほどクラブの構造上ボールは右に飛びにくくなります。スライスに悩むビギナーはある程度ロフトのあるクラブが一般的にはオススメとなります。

目安ですが、総重量290グラム、長さ45.5インチ、シャフトの硬さはSR、ロフト10.5度くらいが、平均的なアマチュア向けのドライバーのスペックです。

同じ初心者ゴルファーの皆様いかがでしたか。見た目ももちろん大事ですが、クラブの詳しい情報からベストスコアを目指すのも悪くないです。
お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200701-0801
ゴルフ5大処分市200701-0801

カートに追加されました。


ゴルフ5大処分市200701-0801