体が小さくても“伝達効率”を上げて飛ばせるゴルファーを目指そう!

お気に入り
こんにちは。アグレッシブアマチュアゴルファーむらけんです。

今の時代、女性でも250ヤード以上をバンバン飛ばす方がいたり、男性になると350ヤード以上飛ばしてさらにフェアウェイキープをしてくるバケモノすらいます(笑)。

そういった方々には、単純に力がある方もいますが、体中にバネを持っている選手もいます。体の可動域が広く、同じ身長や体重でも力が変わるのです。

僕も167センチと大きくないですが、300ヤード飛ばすことができるよう伝達効率にこだわっていますので、少しでも多くの方に共有できればと思っています。

今回はそういった体のメカニズムにフォーカスして、効率という観点からボールを飛ばせるよう手助けをしていきたいと思っております。

単純に力で飛ばす選手はたくさんいる

単純に力で飛ばす選手はたくさんいる

getty

飛ばすためにはドライバーでティーショットを打つ際、体を目一杯回転して飛ばす必要があると思い込んでいませんか?

ドライバーショットを飛ばすために必要な要素は多岐に渡ります。

単純な力、回転力、押し込み、ボール回転、ボールの抵抗、風など、考えればキリがありません。

マン振りをして方向をある程度度外視し飛ばしているアマチュアゴルファーは多数存在し、その方々は確かに単純に腕っぷしに力があるのかもしれません。

ドラコンプロの選手になるような選手は力もあり、バネもあり、可動域が広く、さらにマン振りのように見える力強いショットを打つため、これまた見応えがあるのも事実です。

ただ、ツアープロをはじめとする多くのプロゴルファーは、単純に飛ばせばスコアに直接結びつくわけではないことを知っているため、マン振りはしません。

これには理由があることは皆さんご存知でしょう。フェアウェイキープ率が落ちるためです。

そのため、プロゴルファーはティーショットでもあまり思い切り振っていないように見えますよね。

それなのに滅茶苦茶飛ぶんです……。

300ヤードを優に超えてくる姿を見ると、次元が違うなと思い知らされます。

これこそが伝達効率を最大限高めた姿であり、プロゴルファーの成せる技ですよね。

フェアウェイキープ率を高めて距離を飛ばす。そんな姿を見るとプロゴルファーの方々の努力の印が垣間見れて、少し感慨深いものがあります。

手首の強さ・柔らかさを身に付けよう!

手首の強さ・柔らかさを身に付けよう!

getty

さて、ここからはより効率を高めて距離を飛ばすショットを打つために必要な項目を整理していきます。

まずは「握力の強さ」です。

トンカチを持って釘を打ちつける動作をイメージしてみてください。

軽く持って釘を叩くのと、強く持って釘を叩くのでは釘が入るスピードが違うかと思います。

握力があればあるほど力がグリップに、そしてヘッドに伝わりますので、より強い打球が飛ぶようになります。

また、「リストの強さ」も大切です。

一般的に手首を立てるという表現をしますが、手の甲が腕の延長線上よりも下にあると手首が寝ている状態になるため、力が伝わりにくく、打球は飛びません。

そしてもっとも大切なのは手首の柔らかさです。

手首の柔らかさを鍛えるのは難しいですが、方法としては、ヘッドの重いサンドウェッジを使って、ロブショットを打つ方法があります。

ボールを3~5ミリ程度ティーアップした状態でサンドウェッジを握り、フェースを開いた状態で構えます。

その状態でロブショットを打つ練習をしましょう。

ロブショットが打てない場合は手首が固まっていることが多いため、右手の押し込みを意識し打つように心掛けてみてください。

フットワークを活用しよう!

フットワークを活用しよう!

getty

次に「フットワーク」です。その英語の通り、足で仕事をして力を伝達します。

プロゴルファーで言うと、ローリー・マキロイやジョーダン・スピースがこの部類に当たります。

まず軸足に体重移動をし、バックスイングをします。その後、体が沈み地面反力を最大限に活用して打ち上げます。

上半身に力を入れていないように見えるのは、下半身がそれを補うだけの仕事をしているからです。

反対に、自身も含めアマチュアゴルファーの方に多くいるのは、腕だけでスイングをしている方です。

足がもたらすパワーを活用せずに上半身で飛ばそうとしても限度があります。

ドライバーの飛距離が出ないほとんどの要因はここにあると考えていますので、普段から下半身を意識しティーショットを打つよう心掛けてみてください。

正直、打球も変わりますし、下半身の疲労度も変わります(笑)。

ケガをしないことにもつながる!?

ケガをしないことにもつながる!?

getty

年を重ねると当然体の関節は硬くなり、可動域も狭くなります。

そんな中で距離を飛ばそうと思うと、自然と体に無理をさせて体を痛める原因にもなりえます。

しかし、伝達効率を高めたフォームを習得していれば、加齢によって落ちる飛距離も最小限に抑えることができますし、可動域が広がっているため、体に想像以上の負荷を掛けることもないため、結果としてケガ予防につながります。

日々のストレッチも欠かせません。

ぜひ皆さん、年配になったときにも周囲から驚かれるようなショットを打てるよう、伝達効率を上げたフォーム作り、体作りを目指しましょう!
お気に入り
むらけん

ゴルフが大好きな20代後半の会社員です。 ベストスコアは81、ドライバーは平均270yd。 得意なショットはドライバーショットとバンカーショット。 皆さんにゴルフの奥深さと楽しさを共有したいと思っております。 将来の目標は馬主でドバイ旅行とゴルフ場経営⛳ https://www.instagram.com/muraken_golf/

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5大処分市200701-0801
ダンロップゼクシオセリーグコラボボール200701-0801

カートに追加されました。