右側を意識してゴルフしてみよう

お気に入り

ゴルフを始めた頃、ベテランの人に右膝がスエーしないようにアドレスの段階でギュッと右膝を内側に絞っておけと言われました。はたしてそれはなぜでしょう。

それって本当?

それって本当?

ゴルフはやはり腕の力でボールを飛ばすスポーツではないことに気付き始めました。捻転の意味もやっと分かり始めました。

どうも奏son輝です。

先ほど右膝の話をタイトル下に書きましたが、結論から言うと右膝を内側にギュッと絞っておく動作はまったく意味がありません。

絶対的に必要でないわけではありませんが、アドレスの時点でそこを意識することはそんなにない、少なくとも僕はそう感じました。

ゴルフのテークバックで始動の仕方が分からない人は、そもそも右膝が流れるのを止めるというのはスイング軸をズラさないためだということを少し理解してほしいです。

しかし右膝を踏ん張っちゃうとデメリットもあります。軸をズラさないようにと右膝を絞って固めちゃうとミスショットを誘発することになります。

スイングにおいて体のどこかを止めるのは極めてマイナスに働きます。軸をズラさずに回転しても体のそれぞれのパーツは無理に止めないことが正解です。

イメージとしては、右膝は固めないけど軸はズラさないという言い回しになりますが、あらかじめ右膝をやや左斜め下に向けて内側に絞っておけばスエーしないように思います。

右膝を絞って完全に固定した状態でバックスイングしようとしてもなかなかできません。アドレスの右膝の位置をキープしたままバックスイングしても上体の動きにつられて右に動きます。

右側だけでゴルフできる?

右側だけでゴルフできる?

getty

スエーするだけならまだしも、右膝を絞って固めることで体全体まで力んでしまえばミスショットが出る可能性が高まります。

先日も書きましたが、ゴルフスイングにおいてリキみは不必要なのです。ゴルフは脱力しなきゃ打てないスポーツであります。

究極に力を抜くことでヘッドスピードも上がり直進性も数段上がっていきます。いわゆる回転運動で捻転が必要です。

バックスイングで右に少しは流れるのをどこまで許容すればいいのか、多少のスエーを自分の中で許してあげるのも大事です。

そうなってくると右膝もキープしなくてはなりません。右膝が流れるのを完全に防止するのは体の構造上不可能です。

軸をズラさないためにできるだけアドレスの位置から動かしたくないというならば、どうすればいいのかよく考えましょう。

右膝を内側に絞るのではなくバックスイングでは右膝を伸ばすことも手段の一つです。アドレスの時もやや棒立ち気味に構えバックスイングで右足を支え棒のように使います。

つっかえ棒のように右脚を使うとバックスイングで右膝がズレることはありません。膝を曲げて踏ん張るように使っても右に流れます。

右膝伸ばして構えるとスムーズにバックスイングできないという人や、ダウンスイングで体重移動がしづらくなったという人もいます。

そういう人は、アドレスする時にトップスイングを作ってからその時の右膝の形をそのままに構えてください。そうすることで余計な動きは減ってきます。

目を閉じて素振りをすると発見があります

目を閉じて素振りをすると発見があります

getty

我々アマチュアゴルファーの多くは、球に上手く当たるか前に飛んでフェアウェイにいってくれるのかが不安なので、ボールの正面をずっと見ています。

インパクト後はすぐにヘッドアップして打球を追ってしまいます。いけない部分がたくさんですが、練習の時とラウンドのギャップはこんなものです。

逆にブロゴルファーや上級者の場合は、打つ方向が明確に決まっているので、ずっと見つめることなく球の右側付近を見ています。

もちろんインパクトを迎えても頭が残り、最高のビハインドザボールの形になり、ヘッドアップがしにくくなります。ほとんどのプロはこうです。

上級者のようにミスショットを極力なくすには、ダフり気味であればボールの左側に目線を合わせてみましょう。少し左軸になるのであまりダフらないようになります。

そして体がいつも突っ込み気味であれば、右側に目線を合わせ軸が右側に移り体が突っ込まないようになります。

目を閉じて素振りなどしてみると意外な発見があります。普段どおりのアドレスをして目を閉じて素振りをしてみるとどのように振っているのか開けているときよりも明確にわかります。

体が十分に回っていなかったり、クラブがインサイドになっていたりアウトサイドに上がっていたりします。

右や左に重心がかかり過ぎているのもわかりますし、目隠しは特に上下の動きが感じやすいです。

目を開けている時との違いに驚くと思いますが、最初はしっかり振れるようにそしてきれいに振ろうとせずに弱点を知りましょう。

同じ初心者ゴルファーの皆様いかがでしたか? いろいろと書きましたがやはりスポーツは基本が大事ですし、プロこそが基本のかたまりです。

素人レベルで褒め合いするのも良いですが、やはりプロの動画や打ち方を真似していきましょう。

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。