グリップやアドレスが重要!基本をもう一度見直そう!

お気に入り

グリップとアドレスを見直すことで、自然体でスムーズなスイングでボールを真っすぐ打ちたい方向に打てます。正しいグリップとアドレスを今一度確認しましょう。

握りから構えから

握りから構えから

ゴルフをする上で重要なことは、スイングの基本を身に付けることです。珠が前に飛ばないと話になりません。

スイングの基礎は、正しい握り方(グリップ)とアドレスです。特にグリップは体とゴルフクラブの唯一の接点ですし、スイング全体に大きく影響しクラブコントロールするには欠かせません。

それと正しいアドレスを作ることで体とゴルフクラブと地面をきれいに連動させることができます。効率よくボールに力を伝え飛距離を出しましょう。

初心者の方には良く聞いてほしいのですが、握り方には左手と右手それぞれでいくつか種類があります。

主にどのようなボールを打ちたいかによって握り方を変えます。握り方には、主に向きについて、スクエアグリップやストロンググリップ、ウィークグリップなどがあります。

そして手の形について、オーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップなどがあります。

グリップの組み合わせによって、飛距離と方向性のバランスが取れた、自分に合った球を打てるようになります。

基本を大切にいく

基本を大切にいく

右利きの場合は、ゴルフクラブは左手そして右手の順番で握ります。スクエアグリップはとても握りやすく、一番の基本でボールが真っすぐ飛びやすい握り方です。

小指から薬指そして中指の順にクラブを握り、親指はグリップの中心よりやや右側に乗せます。

手のひらでぎゅっと握ってはいけません。指で摘まむような感覚です。この指で摘まむような感覚はとても大切です。

親指と人差し指にはあまり力を入れずに、小指と薬指と中指の3本でクラブをしっかり握ります。これが飛距離にもつながります。

右手はまずオーバーラッピンググリップでいきましょう。

利き手となっている右手の力が抜け、左右で力の偏りが減ることによりボールの方向性が安定しやいというのがメリットです。

右腕を体の横でだらんと下に垂らした状態からクラブの横に添えていきます。右手の小指を左手の人差し指と中指の間にかぶせるように上に乗せます。

常にお手元にゴルフクラブを置き、実際に手に取って暇がある時はたくさん体験してみてください。

おかずを入れたい(練習で応用したい)時は、グリップの長さを変え、打ちたい球を想像すると本番ではより打ちやすくなります。

長く持つと飛距離が出やすく、短く持つと弾道の低いライナー性の球筋になります。

握りは変えずにそのままの状態でクセをつけていきましょう。技術的に未熟な状態でグリップの長さを変えると基本のスイングが崩れてしまいます。

安定して真っすぐ打てるようになった時に取り入れるとさらに楽しくなるはずです。

握りと構えだけでこうも違うものか

握りと構えだけでこうも違うものか

構えには気をつけましょう。格好良いアドレスで数段上手く見えます。アドレスとはざっくり言うと構えのことです。

ボールを打ちたい方向に飛ばすためには、正しいアドレスが欠かせません。少しのズレが150ヤード先には大きなズレになるでしょう。

アドレスのポイントは、適切なスタンス幅で立ち、正しい姿勢で前傾角度を作り、立ち位置を調整することです。

アドレスは適切なスタンス幅で立つことから始まります。基本的なスタンスは、足を閉じ背筋を伸ばし肩幅に足を広げます。

その時の目線は真正面です。スタンスが決まったら次は前傾角度を作ります。アドレスの中で最も重要なポイントです。

背筋が真っすぐの状態を維持し、太ももの付け根から上半身を30度前に傾け、膝を軽く曲げます。膝下はなるべく地面に垂直にしたまま膝から上を曲げます。

そして先ほど紹介したグリップを作ります。格好良いアドレスの完成です。腕をだらんと下に垂らし地面と垂直にします。

腕が垂直になった状態を維持したままクラブをボールが当たる位置まで移動させます。手を使ってクラブをボールに近づけないように気を付けましょう。

これで見た目だけならプロのアドレスです。スタンスと前傾角度が正しくできているか確認しましょう。

体が固い方は少しスタンスを狭くすると腰が回りやすくなります。スタンスを広くすると重心が下がるので、速いスイングがしやすくなります。

この辺りは自分をきちんと知り適正な形を作り上げましょう。

左右の重心は左右均等に体重をかけます。体の軸を地面に垂直に作ります。前後の重心は拇指球に体重をかけます。

かかとが浮いたり足の指に力が入り過ぎないように拇指球を中心に立ちましょう。前傾角度は30度を目安として前傾しましょう。

前傾し過ぎるとフックしやすく、ダフりやすくなり、棒立ちになるとスライスやトップになります。

なんとなく分かってきたのではないですか? 同じ初心者ゴルファーのみなさんいかがですか。

いろいろ悩んでいると思いますが、意外にこの辺りをいじるだけで解決することは多いかもしれません。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。