「ルックアップ」は「〇」で「ヘッドアップ」は「×」ってどういうこと?

お気に入り
皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

よく「ルックアップをしてはだめ」とか「スイング中のヘッドアップはミスショットにつながる」なんて言われます。

なかにはルックアップとヘッドアップを同じ意味だと思っている人も多いと思います。

しかしルックアップとヘッドアップはまったくの別物なんですよね~……。

スイング中のヘッドアップは厳禁です

スイング中のヘッドアップは厳禁です

getty

まずスイング中に絶対に避けたいのがヘッドアップです。

そもそもヘッドアップとは、スイング時に無意識に頭が上がってしまうことを指します。

野球やテニスなんかはターゲット側からから向かってくる動くボールを打ち返すわけですが、ゴルフは正面にある止まったボールを体の横向きにあるターゲットに向かって打ち出します。

そのためにインパクトの瞬間からボールが飛んでいくところまでを目で追いかけなければいけないのですが、ヘッドアップしてしまうとインパクト前にボールから目がそれてしまいます。

そして目がそれることで、つられて上体が起き上がってしまうんですよね。

実はこの上体が起き上がってしまうことが、ヘッドアップしてはいけないと言われる一番の理由なのです。

というのも、ゴルフは地面にあるボールを打つためにスイング中は前傾姿勢をキープしておく必要があります。

しかしスイング中にヘッドアップ、つまりダウンスイングからインパクトにかけて上体が起き上がってしまうと、前傾姿勢が崩れてしまうのです。

前傾姿勢が崩れてしまうとダウンスイングで体が起き上がり、それと共に手元も引き上げられてしまいます。

そうするとダフリやトップの原因になるだけでなく、プッシュアウトやチーピンなど、さまざまなミスが起きてしまうので、非常に不安定なスイングとなってしまいますから、クセがついてしまう前に直す必要があります。

ヘッドアップの原因はいくつか考えられますが、一つには体重移動がぎこちないことが考えられます。

バックスイングで右足に移った重心を、切り返す時に左足に移していくのですが、これがスムーズにいかないために頭が上がってしまいます。

また、クラブの振り遅れで、インパクトの瞬間に体が開くのを防ごうとして、ヘッドアップになってしまうことが多くあります。

ヘッドアップを直すには、体重移動をスムーズに行うこと、振り遅れないことに気を付けて練習する必要があります。

体重移動に関していえば、切り返しで左足のかかとに体重をかけてダウンスイングに移行すると前傾がいったん深くなり、ヘッドアップを防ぎやすくなります。

反対にダウンスイングでつま先側に体重をかけ過ぎると、体が前に流れてしまいボールに近づき、ヘッドアップしやすくなります。

あとは今まで無意識に頭が動いてしまっていた方は、意識してボールから目を離さない、つまりルックアップしないようにスイングを矯正するのも良いでしょう。

しかし、あまりボールを見過ぎてしまうとスイングが崩れることがあるので、神経質になり過ぎないようにしなくてはなりません。

と、あれれ?

ここで『ルックアップ』という言葉が出てきましたよ。

ルックアップは決して悪い動きではない

ルックアップは決して悪い動きではない

getty

ルックアップとは、クラブと体の回転と一緒に、顔が回転して行く動きのことを指します。

最初にもお話しましたが、ゴルフは正面にある止まったボールを体の横向きにあるターゲットに向かって打ち出します。

ですからゴルフスイングでは、最終的に顔はターゲット方向に回転していくルックアップの動きが入ることになります。

しかしながら多くのアベレージゴルファーは、インパクトの前に目線をターゲット方向にそらしてしまいがち、つまりはルックアップのタイミングが早過ぎるわけです。

さらにルックアップしたときに、かなりの高確率で、セットでヘッドアップして上体が起き上がってしまいます。

もうおわかりですね。

ルックアップとヘッドアップはセットで発生してしまうので、どちらも一連の動きと感じやすくなり、結果的にルックアップとヘッドアップは同じ意味だと思われがちなのですね。

ただ、ルックアップはヘッドアップを引き起こしやすいだけであって、別の動きです。

ヘッドアップはスイング中にやってはいけない動きです。

前傾姿勢をキープできてヘッドアップさえしなければ、ルックアップはなんら問題のない動きなのです。

ちなみに女子ゴルフ界のレジェンドとして語り継がれるアニカ・ソレンスタムさんなんかは、ルックアップ打法と呼ばれるくらいに、インパクト前からターゲット方向に顔を向けてスイングしていましたが、前傾姿勢が崩れることなく、正確無比なボールコントロールをしていましたからね。

似て非なるもの

似て非なるもの

getty

むしろヘッドアップを意識し過ぎて、インパクト後もルックアップせずにボールを見過ぎてしまうと、スイングが崩れることがあるので、神経質になり過ぎないようにしなくてはなりません。

ルックアップ自体は問題ありませんが、我々アマチュアが切り返しからインパクトまで前傾姿勢をキープするには、インパクトまではルックアップを我慢したほうが良さそうです。

そしてインパクト後にクラブヘッドが手元を追い越してからルックアップすれば、スイングがスムーズになるはずです。

ルックアップはタイミング次第では決して悪い動きではなく、タイミング良く行えば、むしろスイングがスムーズになります。

いっぽうでヘッドアップによって前傾姿勢がキープできなことは、スイングにさまざまな悪影響を与えるので、いかなるタイミングでもやってはいけないものなのです。

ルックアップとヘッドアップは似て非なるもの!

これを理解しているのといないとでは、上達のスピードがまるで変わるかもしれませんよ!!

といったところで今回はこのへんで。

それでは、また。


★スコア100切りを目指す皆さん向けの情報をブログにまとめてみました (^ ^*)/ ★
(よかったらこちらも読んでみてください。)

『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』
お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ ゆる〜く書いているこちらのブログもヨロシクです♪ 『たった3分でスコアアップ!ゴルフ100切り研究所』(https://moriygolflab.com/)     https://moriygolflab.com/

このライターについてもっと見る >
ダンロップX2ボール200701-0801

カートに追加されました。