バンカーショットを難しく考え過ぎていない?成功の秘訣は“いつも通り”

お気に入り

こんにちは! アグレッシブアマチュアゴルファーむらけんです!

今回はゴルファーの皆さんを苦しめる存在である、バンカーについてです。

正直、バンカーに入ると一気にテンションが落ちてしまいがちですよね。

打っても打ってもバンカーから出ない場合はペナルティを払ってフェアウェイに出すこともあると思います。

僕はバンカーが得意なので、心掛けていることやコツなどを共有できたらと思っています。

まずルール

まずルール

getty

まず大前提のルールに関してです。

知っておいていただきたいのは、打つ前にクラブをバンカーにつけてはいけないことです。

ボールのすぐ手前にソールする(クラブの底を地面につける)、バンカーの状態をテストするために触れる、練習スイング時に触れる、バックスイング時に触れることは2打罰になります。

フェアウェイやラフではスイング時に芝に触れてもまったく問題ありませんが、バンカーは異なりますので、ボールを打つ際以外はクラブがバンカーに触れないよう注意してくださいね。

ボールが出ない……

ボールが出ない……

getty

バンカーで一番多い悩みは、アゴの高いバンカーでボールが外に出ず、何度も打ち直すことだと思います。

明確な意図がなく、ただ土ごとすくい上げようとしていませんか?

すくい上げようとすると逆にざっくりと砂にクラブがもぐり、ボールが上がる力は伝わりません。

小手先で調整しようとせずいつも通りが大切です。

バンカーの硬さにもよりますが、コツとしてはボールの約3センチ手前にアプローチと同じようにクラブを入れると良いと思います。

ボールにクリーンヒット

ボールにクリーンヒット

getty

これまたミスの典型ですが、バンカーに入ったボールを出そうとしてスイングすると、クリーンヒットし、逆側のバンカーに入ってしまうことがありませんか?(私は往復ビンタと呼んでいます。笑)

プロでも稀に発生することなので、確実に防ぐことはできません。ただ、同じ場所で打ち直すことは避けたいですよね。

一番やってはいけないことは、距離感を合わせるために力加減やスイングの振り幅で微調整することです。

これにより多少ズレが生じ、ホームランが出ている可能性が高いです。

対処方法は、ボールを2~3個分前側(目標方向側)に置くことです。

かつ、前述した「3センチ手前打ち」を実践すれば、ホームランを打つ可能性はかなり減少します。

やってはいけないこと1

やってはいけないこと1

getty

ここからはより具体的にやってはいけないことを共有していきたいと思っております。

その1つ目は、「砂に足を埋めてはいけない」です。

あまり足を埋め過ぎると足場が固定され、いつも通りのスイングができなくなるためです。

あくまでバンカーでは「いつも通り、ただ少しダフリ気味で」を求められます。バンカーからボールを出すためには、少しだけ砂にクラブ潜らせて打つ必要があります。

足を埋め過ぎず、バンカーの硬さを確認するくらいのイメージで足場を掘る程度に抑えておきましょう。

バンカーは打つ前にソールが砂に触れてはいけないので、通常のショットのような素振りはルール違反になります。手で触れることもできません。

その対処として足の裏で砂質を確かめるのです。

ただし、一度作った足場を「なんか違うなー」と均して別の場所に足場を作ることはペナルティに値する場合もありますのでご注意ください。

それでも上手くいかない方は、小手先に頼り過ぎていると思われますので、思い切って足を砂に埋めてみてください。

足を埋めた分だけ足場が低くなるため、この状態でいつも通りにスイングすれば、自然とボールの下にヘッドを潜り込ませることができるととらえることもできます。

あくまで私としては足を埋める方法は推奨しませんが……。

やってはいけないこと2

やってはいけないこと2

getty

やってはいけないことの2つ目は、「膝を深く曲げ重心を下げること」です。

先ほどお話しした、足場の話と共通する項目でもあります。

何よりも大切にしていただきたいのはあくまで「いつも通り」です。

「バンカーだから……重心を下げて……」と思っている間はバンカーからボールなんて出ません。

重心を下げることにより腰の回転がしにくくなり、いつも以上に窮屈な打ち方になります。

窮屈な打ち方になると、過度にダフることが多くなるため、「いつも通り」「力を抜いて」をキーワードに取り組んでみてください。

やってはいけないこと3

やってはいけないこと3

getty

やってはいけないことの3つ目は、「クラブをいつもより短く握ること」です。

バンカーショットはエクスプロージョンショットと呼ばれることもあります。直訳すると「爆発打ち」といったところでしょうか。

正直、そこまで爆発させるように打つ必要はないと思いますが、バンカーにクラブが弾かれてしまうような弱いショットではまったくダメですよね。

ただ、少しだけダフればOKの気持ちから、クラブを短く持つのはもっとダメです。何度も話しましたが、大切なのは「いつも通り」の精神です。

クラブをいつも通り持ち、3センチ手前を打つだけでびっくりするくらいきれいにバンカーから脱出できます。

フェースの使い方(上級編)

フェースの使い方(上級編)

getty

バンカーから安定して脱出するようになった方は、次に距離を合わせましょう。距離を合わせる方法としてオススメは「フェース角を変える」ことです。

・ピンが近い場合はフェースを開く
・ピンが遠い場合はフェースをスクエア

また、バンカーショットではフェースを開くのがセオリーといわれますが、砂が締まって硬いときはフェースをスクエアに構えます。

フェースを開くとソールのバウンスが効き過ぎて、硬く締まった砂に弾かれやすいためです。

振り幅ではなくロフト角で飛距離や砂場の柔らかさに対応する方法です。

ボールの上がり方が変わり飛距離が変わりますので、慣れた方は試してみてください。

お気に入り
むらけん

ゴルフが大好きな20代後半の会社員です。 ベストスコアは81、ドライバーは平均270yd。 得意なショットはドライバーショットとバンカーショット。 皆さんにゴルフの奥深さと楽しさを共有したいと思っております。 将来の目標はゴルフ場経営⛳️ https://www.instagram.com/muraken_golf/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。