ピンを狙わないことも大事!?ショートホールを得意に変えよう!

お気に入り

こんにちは! アグレッシブアマチュアゴルファーむらけんです!

今回はショートホールを得意にするコツや攻略法をお話したいと思います。

ショートホール(パー3)は、ティーグラウンドからピンが見えており、ゴルファーの永遠の憧れであるホールインワンが唯一狙えるホールです(厳密に言うとパー4のミドルホールでも狙える人は狙えますが……)。

それだけにショートホールを“サービスホール”ととらえる方も多いのではないでしょうか。

特に年配の方は、ドライバーの飛距離が出ない分、ショートホールの精度を上げている方を多く見かけます。

ただ、ショートホールをサービスホールにするためには、あることを心掛ける必要があると私は考えています。

その内容を少しでも多くの方にシェアできたら幸いです。

周囲に目を向けよう!

周囲に目を向けよう!

getty

ショートホールに到着した際、考えることはミドルホールやロングホール(パー5)よりも多くのことがあります。

風やホール形状などの外的要因に加え、ティーの高さやスイングの強さなど多岐に渡ります。

ショートホールでやってはいけないことは、「ピンだけ見て周囲の情報を無視すること」です。

ティーショットでグリーンに乗らなかった場合は、寄せワン(アプローチでピン近くに寄せて1パットでカップに沈めること)が良いですよね。

そのためにも、なるべくフラットで傾斜のない場所を選んで大けがしないよう努めたり、バンカーを避けてピン狙いをあえて避ける勇気も必要です。

プロの選手でもピンそばを狙うときは狙う、バンカー等の障害物を避けるときは避けるなど、リスクをなるべく避けていることがわかります。

脱力しよう!

脱力しよう!

getty

ショートホールに限った話ではないですが、脱力することもかなり重要です。ピンを狙えば狙うほど力んで狙ったところに行かないのは、プロもアマチュアも同じです。

そんな時は、バンカーや障害物を避けた位置やグリーンセンターを狙うと良いでしょう。

おおまかな位置を狙うことで、上手く脱力ができ、普段と同じリズムで振ることができます。

グリーンオンの確率が高くなりますのでぜひお試しください。

距離感を把握しよう!

距離感を把握しよう!

getty

ショートホールでは特に距離感が重要視されます。ティーショットの距離感はもちろん、パターの距離感もかなり重要です。

大たたきしないためにも、自分のどのクラブでどれくらいの飛距離が出るのか、常に頭に入れておきながら、距離を合わせる意識でスイングしてみましょう。

距離感が合っていれば、2パットや、場合によっては1パットも狙えると思います。

ホールインワンは憧れですが、まずはショートホールでパーを取ることがスコアを出すためにも大切です。

まとめ

まとめ

getty

お話してきましたように、ショートホールは簡単に見えて奥深く、風の影響を多く受ける位置にあることも多くあります。

崖があるのもショートホールが多いです。ただその分だけ攻略のし甲斐があるのも事実です。

スコアアップを目指すためにも、攻略できるコースは攻略をしてよりゴルフを楽しんでください!

お気に入り
むらけん

ゴルフが大好きな20代後半の会社員です。 ベストスコアは81、ドライバーは平均270yd。 得意なショットはドライバーショットとバンカーショット。 皆さんにゴルフの奥深さと楽しさを共有したいと思っております。 将来の目標はゴルフ場経営⛳️ https://www.instagram.com/muraken_golf/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。