上達の近道は最新のスイング理論を学ぶこと!

amazon

上達の近道は最新のスイング理論を学ぶこと!

お気に入り

ここ数年でゴルフスイング理論は様々な進化を遂げてきました。その1番の要因は、もちろんゴルフクラブの進化にあります。

1990年頃まではパーシモンヘッドにスチールシャフトを組み合わせた、非常に難しいドライバーが主流でした。

そして2000年台まではチタンヘッドなどが主流になりますが、今のようなフルチタンやカーボンコンポジットヘッドの大型ドライバーが増えたのは、ここ10年での出来事です。

そのため、パーシモン時代に構築されたスイング理論は今のクラブにマッチしないことが多く、初心者のうちに古い「常識」の理論を刷り込まれてしまうと、上達の大きな妨げとなってしまいます。

今回は、昔と今のクラブの特徴やスイング理論の違いについて解説しようと思います。

パーシモンドライバーの特徴と打ち方

パーシモンドライバーの特徴と打ち方

getty

クラブの進化のうち、もっとも変化が大きいのはもちろんドライバーです。

スイング理論はその時代のドライバーに合わせて構築されることが多いため、昔の理論をそのままに今のドライバーを扱おうとすると、方向性も飛距離も安定しません。

バブル時代のドライバーの特徴は以下のようになります。

■パーシモンドライバーの特徴
・ヘッドが小さく芯も狭い
・ヘッドは重くシャフトも硬い
・真っすぐ飛ばすことが難しい
・芯を外した時のお助け機能なし
・ヘッドの弾きなし

■パーシモンドライバーを扱うために必要な技術
・インパクトでボールを押し込む
・フェースを球に乗せてコントロールする
・膝の曲げをキープし下半身を目一杯粘らせる
・横方向の体重移動を使ってボールを押し込む
・切り返しでシャフトに負荷をかけてしならせる

最新ドライバーの特徴と打ち方

最新ドライバーの特徴と打ち方

getty

パーシモンドライバーと比較し、今のドライバーは軽くて振りやすく、パーシモン時代に構築されたスイング理論は、今のクラブには必要ない点が多くなっています。

ここ10年で発売されたドライバーは、その特徴も扱い方もまったく違っています。

初心者のうちは、中古ドライバーを使用している人も多いと思いますが、さすがにパーシモンやチタンヘッドの小型ドライバーを買うことはないでしょう。

バブル時代のドライバーと比べると以下のような特徴が挙げられます。

■パーシモンドライバーとの違い
・多少芯を外しても飛距離が落ちない
・多少芯を外しても曲がらない
・シャフトに負担をかけなくてもスピーディーにしなり戻る
・シャフトに負担をかけ過ぎるとスピン量が増えて球が暴れる
・フェースの反発が高く、ボールを押し込む時間がない
・打ち出し方向はフェースの向いている方向でほぼ決まる

もちろんドライバーだけでなくアイアンも進化しており、芯が広く飛距離が出るようになってきています。

昔のマッスルバックのアイアンはまるでバターナイフのようですが、今のマッスルバックアイアンは重心位置も下がり、ミスショットにも強くなっています。

ベテランゴルファーの理論に気をつけて!

ベテランゴルファーの理論に気をつけて!

getty

最近の雑誌やYouTubeでのレッスン動画では、最新の理論にアップデートされた情報が提供されていますが、ベテランシングルゴルファーの頭の中にはまだまだ「古いスイング理論」が残っている方が多くいます。

初心者のうちは、実際にアドバイスしてくれる人の理論に引っ張られてしまいますので、ベテランゴルファーのワンポイントアドバイスは一度疑ってかかったほうがいいでしょう。

ゴルフスイングにおいては、古い常識は今の非常識となっていることが多くあります。

特に、ドライバー練習中に「もっとタメをつくれ」というアドバイスには注意しましょう。

今時のドライバーでタメを作ろうとすると、ヘッドが返り切らず振り遅れます。

また「体が開いている」ことも一概にはNGではありません。

「身体が開きクラブは閉じている」状態でインパクトできれば、ダスティン・ジョンソンのようなパワーフェードを打つことができます。

またPGAツアー4戦目にして勝利したマシュー・ウルフのスイングは、今時のクラブで飛ばすための要素の塊です。

しかし昔のゴルフスイング理論で判断すると、「NG」とされる動きばかりが入っています。

ベテランゴルファーからのアドバイスは、なぜそのようなアドバイスをくれたのかな? と本質を見つめてから受け入れるようにしましょう。

上達を早めるためには、最新のスイング理論を積極的に勉強していく必要がありますよ!

お気に入り
Yanagi@JPDAドラコンプロ

JPDA(日本ドラコンプロ協会)所属のドラコンプロです。 168cm(60kg)とドラコンプロとしては小柄ですが、ドライバーの飛距離は300ydを超えています。 身体の使い方、クラブの使い方を工夫するだけで、飛距離は簡単に伸びます!! ドラコンプロとしての知識や経験を活かし、フィジカルやメンタルのコントロール方法に関して、専門的な知識を噛み砕きながら、能力をフルに発揮するための豆知識をお伝えしたいと思っています。 Twitterやブログもやってますので、気になる事があればお気軽にお問い合わせください。 https://life-tuning.net/

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。


フォーティーンDJ4bk_191209-200131