トップでの手首の角度が方向性を決める

お気に入り

トップの位置でのグリップに気をつけることで方向性が変わってくるはずです。様々なグリップ位置と方向性を確認していきましょう。

試してみるのも良いかもしれない

試してみるのも良いかもしれない

安定したスコアはいつやってくるのでしょう。大波小波が続いています。

どうも奏son輝です。

肩を90度まで回しヘッドをストレート軌道にするだけでは、真っすぐ飛びません。理論上は飛ぶかもしれませんが余計な力やシャフトのしなりも加味しなくてはなりません。

フェースにボールが真っすぐに当たらず、開いたり閉じたりしていれば無論曲がってしまいます。真っすぐに当てるために重要なのは、トップでの左手首の角度です。

始動から左手首を甲側に折ってトップまで持っていく方もいます。左手首を甲側に折ればフェースが開き、インパクトでフェースが開いた形で当たるので、右に曲がるスライスボールになります。

特にウィークグリップで握る人は左手首が折れやすくなります。

小さなことの積み重ねです

小さなことの積み重ねです

最近は、少し流行とまではいきませんが始動から左手首を手のひら側に折るやり方があります。フェースが閉じたインパクトになり左に曲がるフックボールになります。

理想はスイングトップで左手首が甲側にも手のひら側にも折れず、左手の甲と左腕が一直線の形になります。

理論上トップで一直線になっていれば、インパクトでもフェースが開いたり閉じたりせず真っすぐに当てることができます。

スイングトップで左手の角度を変えないように意識しても治らないので、意識は両肘の間隔を変えないことです。

アドレス時の両肘の間隔をトップまで変えないように上げてみると、左手首の角度を意識しなくても、自然に角度はキープされます。

肘と手首はとても重要

肘と手首はとても重要

自分はトップでフェイスが開いていると指摘を受けました。トップで両肘の間隔が変わり、両肘の間隔が広がれば左手首は甲側に折れてしまいます。

間隔が狭まれば手のひら側に折れます。これを変化させるのは至難の技ですが長い目で見て変えていきましょう。

理想はトップまで両肘の間隔を保ち肩を90度回すことです。それでも曲がる人はストレートな軌道になっていないことを疑いましょう。

スイングトップでのシャフトの向きはとても重要です。トップからのスイングで変化させようとすると合わせにいってしまいます。

両肘の間隔が広がる人は左手首が甲側に折れるとともにシャフトクロスしてしまい、また問題が広がります。ポイントを1つずつ解決しましょう。

シャフトクロスは行き過ぎたクラブを戻す無駄な動きを入れてしまうので、まずは肘の間隔やフェイスの向きを直しましょう。

トップでシャフトはターゲット方向に向くのが理想です。まずはトップで肩を90度まで回し、背中をターゲットに正対させることが重要です。

ストレートボールを打つ手段の1つは、トップで左手首をキープし、トップまで両肘の間隔を変えずシャフトをターゲット方向に対して平行にすることです。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。まずは1つ1つクリアにしていきましょう。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
ゴルフ5 コーデバトル200403-0416

カートに追加されました。