飛距離、グリーン、泥、水溜まり……雨ゴルフの対処法

お気に入り

こんにちは! アグレッシブアマチュアゴルファーむらけんです!

今回は雨の日に必要な考え方、対応を記載します。

私は友人から一緒に周りたくないと冗談で言われるくらいの雨男で、かなりの回数で雨の日にゴルフをしてきました(笑)。

そんな私が雨の日でもスコアを出す上で非常に大切な考え方をまとめ、共有させていただきますので、最後までお付き合いください。

距離は大きく落ちます

距離は大きく落ちます

getty

まずは距離です。

雨の日は空気抵抗に加えて雨が当たることで当然飛距離は落ちます。

また、雨の日は一般的に温度が下がるため、着込む必要があり、晴れの日に比べ体の自由度が限られます。つまり飛距離が落ちます。

基本的には低い弾道が良く、吹き上がるようなショットは打つべきでないと考えます。

なぜなら吹き上がれば上がるほど、空気抵抗と雨による抵抗が大きくなり飛距離が出なくなるからです。

ただ、フェアウェイが雨で濡れているためランは出ません。

キャリーで飛距離を稼げてなおかつ弾道が低いクラブを選ぶと良いと思います。

なお、2打目以降のクラブ選択ですが、 基本的には1クラブ、風や雨が強い場合は2クラブ以上長めにしておく必要があります。

グリーンは柔らかくなります

グリーンは柔らかくなります

getty

「雨降って地固まる」ということわざがありますが、ゴルフに関しては雨降ると地緩まります(笑)。

基本的はボールは転がらず、スピンも掛かりづらいです。

逆に転がらないことを利用して、普段よりもピンを直に狙うことができるようになることは良い点ですので、いつもよりピンを狙うよう意識してみてください。

プリファードライについて

プリファードライについて

getty

雨の日は土が柔らかくなり、ボールに泥が付きやすくなりますが、基本的には泥は拭くことができません。

ルール上、泥を拭けるのは、

・落球の勢いで埋まったボールを拾い上げた際

・グリーン上で球をマークした後

の2パターンのみです。

ローカルルールでプリファードライやリフトアンドクリーンというルールが適用されれば拭き取り可能ですが、基本は拭き取り不可ですので説明は割愛します。

なお注意すべきなのは、ボールに泥が付く場所によってボールの動きに違いがあることです。

・右側に泥が付く→フックボールが出やすい

・左側に泥が付く→スライスボールが出やすい

・クラブと当たる面に泥が付く→当たる面が変わるので飛距離が落ちる

・進行方向側に泥が付く→ドロップボールのようなミスショットが出やすい

上記のことを踏まえ、泥が付いた場合は直接ターゲットを狙うのではなく方向の補正を入れてあげると大事故につながることが少なくなります。

テンポラリーウォーターの対処

テンポラリーウォーターの対処

getty

雨の日は、普段水溜まりができないようなフェアウェイにも水溜まりが発生します。

ボールや足元が、水溜りもしくは水が染み出してくる場合は、テンポラリーウォーターという救済を受けることができます。

1クラブレングス内でホールに近付かないよう、ボールを移動してドロップすることが出来ます。ペナルティーもありません。

このテンポラリーウォーターに関しては、ジェネラルエリア(ティーグラウンド〜グリーンのこと)とバンカーエリアで適用されます。

ただし、グリーンに関してはボール周辺だけでなく、カップへの線上も対象になります。

まとめ

まとめ

getty

以上、雨の日ゴルフに想定される対応に関して記載して来ましたが、最初は周りの方々に聞きながらで問題ありませんので対応を試みてください。

特に、クラブの選択に関しては番手を多少上げてあげるだけで対応可能ですのでぜひ頭に入れてプレーをしてみてください。

お気に入り
むらけん

ゴルフが大好きな20代後半の会社員です。 ベストスコアは81、ドライバーは平均270yd。 得意なショットはドライバーショットとバンカーショット。 皆さんにゴルフの奥深さと楽しさを共有したいと思っております。 将来の目標はゴルフ場経営⛳️ https://www.instagram.com/muraken_golf/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。