基本のスイングとフォロースルーの重要性について

お気に入り

フォロースルーの重要性や練習を知り、正しいフォロースルーを身につけスコアアップを目指していきましょう。

インパクトよりも大事?

インパクトよりも大事?

最近芯でとらえることはできているのですが方向性がイマイチです。ゴルフとは奥深いスポーツです。

どうも奏son輝です。

スイングの基本の流れを確認すると、まずはアドレスです。当たり前ですが背筋を伸ばしまっすぐ立ち、股関節から上を前傾させる。

膝を軽く曲げてすねは地面に垂直に、重心が拇指球にきていることを確認したらスタンスラインと肩のラインと太もものライン、この3つのラインをしっかり平行にする。

初心者の方からすればただの立ち方と思う方もいると思いますが、このアドレスが崩れてしまうとこの後のスイングも崩れてしまいます。

次にテークバックですが、左ひじを柔軟に伸ばし左手の角度を保ちます。左の脇をしっかり締めトップにかけて左手の角度を保ちます。

テークバックでは左ひじをまっすぐ伸ばすのが理想ですが、左ひじは力が入り過ぎない程度にしましょう。

可動域でできる範囲で柔軟に伸ばすようにし、左わきを締めることをしっかり意識するとキレイに決まります。

それからダウンスイングです。ダウンスイングでは左ひじを身体に引き付けていくイメージを持ちます。

必然的に肩をしっかり回したスイングになります。肩をしっかり回すと腰もきちんと回転することになり、身体を使ったスイングをすることができます。

ハンドファーストを意識し、手首を左足の外側に押し出すような感覚でダウンスイングを行いましょう。

トップで地面を向いていた左ひじを、左わきを締めるように腹に向けて体に引きつけていくのがポイントです。

インパクトに向けて左腰を後ろに引っ張り、その勢いで左手(腕)をボールにぶつけるイメージでやるとさらにいいです。

インパクトを迎えるため左手を左胸の前に持ってくることです。アドレスでセットした位置に左手をインパクトで同じ位置に戻すのです。

左手の甲でボールをまっすぐ押す形と、右手のひらでボールを真っすぐ押す形がリンクして右手のパワーを最大限に引き出したインパクトになります。

逆に右手でクラブを思い切り振り下ろすように力を入れてしまうと、コックが早くほどけてしまい、ボールの手前をダフってしまう可能性が高いです。

そして重要なフォロースルーは、左手でクラブを目標に向かって大きく投げるようなイメージで左腕を伸ばしましょう。

左腕が地面と平行になるまでは左ひじをたたまずにまっすぐ伸ばしていきましょう。

フィニッシュで左ひじが引けてしまわないように左肩甲骨と背骨の距離を一定に保つことができれば、左ひじが引けることなくきれいにたたまれたフィニッシュができるでしょう。

インパクトに注意すれば勝手にきれいなフォロースルーになるというわけではありません。

ダウンスイングの形がよく、インパクトも上手くいってもフォロースルーができていなければ、ボールはあらぬ方向に飛んでいきます。

アドレスがしっかりしているから正しくテークバックができ、テークバックが正しいからダウンスイングで肩も腰もきちんと回転します。

ダウンスイングでしっかりと振れていればインパクトもパワーあふれるものになります。

インパクトのあともフォロースルーを意識し、その勢いを殺さないようにしっかりとフィニッシュしましょう。

インパクトまでできているのにフォロースルーを意識しないがばっかりに上手くいかないことはあります。

細かいことを少しずつ意識すれば、インパクトをスムーズにでき、インパクトがスムーズにいけばフォロースルーも自然に上手くいきます。

フォローからフィニッシュの流れ

フォローからフィニッシュの流れ

フォロースルーまでできるようになれば後はフィニッシュです。理想のフィニッシュは、力を入れ過ぎず勢いを保つことです。

スイングでフィニッシュまで来るとどうしても飛んだ方向を考えてしまいがちです。無意識に手首に力が入ってしまったり逆に抜けてしまいます。

力が入ったり抜けてしまうと、せっかくのフォロースルーまでの流れや勢いが変わってしまい、最後の最後でスイングが台無しになってしまいます。

自然できれいなフィニッシュを迎えるコツは、自分のスイングに自信を持つことです(笑)。

スイングに自信を持つことで心のゆとりが生まれ、しっかりと流れと勢いを保ったスイングができるようになります。

あとは無心で振るのみ

あとは無心で振るのみ

フォロースルーの重要性とフィニッシュまでの流れが分かったらあとは練習するだけです。

簡単に言えば、フォロースルーはインパクトの勢いを消さないように左ひじをまっすぐ伸ばし腰をしっかり回すことです。

意識しても左ひじが引けてしまう方も多いと思います。

左ひじが引けてしまうのは腰の回転が止まってしまい左腕がそれ以上伸ばせない体勢になっているからです。

インパクト時に右手で打ちに行き過ぎて左手の行き場がなくなっていることが原因です。

修正するためにフォロースルーでも腰の回転でスイングをリードすることができていると、左腕を伸ばして振り抜くことができます。

正しいフィニッシュの形をつくるには、ゆっくりとインパクトの位置まで逆動作で戻し、インパクトの位置からフォロースルーの動作をゆっくり行うことです。

終わりから練習する方法でフォロースルーのたどり着く先はフィニッシュであることを意識し、美しいフィニッシュを手に入れましょう。

正しいフォロースルーの形や手の力加減を簡単にチェックする方法もあります。

緩めに膨らませたビーチボールなどを両手で挟んでアドレス時のような前傾姿勢を取り、前傾姿勢を保ったまま身体を左にターンする、これだけです。

腰を回せているか、手に力を入れ過ぎてボールを潰していないか確認します。

手に余計な力が入っているとボールが潰れますし、そのままだと実際のクラブのときに手首をこねる動きになってしまいます。

腕が曲がっていてしっかりと伸びていなかったり、外側を向いてしまったりすることが多いですが、意識を持って練習すれば必ず直ります。

フォロースルーのときに左腕は横方向に伸び切っているのが理想です。この位置にあるクラブを腰を使わないで右手でつかもうとしてしまうと長さが足りません。

しっかりと腰を回すことで右腕も自然に伸びて正しいフォロースルーになるのです。回転不足はミスにつながります。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか? すべては連動しています。細かなところを確認してスコアアップにつなげてください。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。