体が開いてスライスする人は右手の片手打ち練習がおすすめ

お気に入り
あることを直すだけでスライスの症状が改善される可能性もあります。スライスして飛ばない、つかまらないという悩みをお持ちのゴルファーはこの練習を試してください。

方向を1つに絞ろう

方向を1つに絞ろう
先日ゴルフコンペに参加しましたが、後半OBこそないものの擦り球のチカラない弾道に苛立ちました。

どうも奏son輝です。

指摘されて治らないのはズバリ身体の開きです。当たり前のようですが身体が開くとスライスします。

身体が開くとアウトサイドインのスイング軌道になります。ヘッドが遅れて入りますからフェースも開いてスライスします。

こうなるとボールはつかまらないしスライスの原因にもつながりますし、飛距離も出ません。

身体が開くということは百害あって一利なしです。

スライスが出ている方は、もしかしたら過去に指摘を受けて自分なりに修正したのが悪い方向にいってませんか?

やはり開くのはよくありません

やはり開くのはよくありません
身体が開く方は、ダウンスイングの状態で胸が前方に向き始めます。

パワー不足だったり飛距離を出そうと力が入ると身体の回転でクラブを引っ張ろうとするからです。

身体を回転させるのを我慢して、インパクトではボールの位置よりも右胸を後ろに残しておくような意識でスイングしてみましょう。

「右側でボールをさばく」といった表現をされることが多いですが、原理は右胸を後ろに残し右側でボールをさばきます。

ダウンスイングでグリップをヘッドが追い越すイメージとも言いますが、自分に合うイメージでスイングしてみましょう。

右側でゴルフしましょう

右側でゴルフしましょう
右胸を後ろに残す動きをいきなりスイングしろと言われてもなかなかすぐにはできませんが、それがスライスの原因の人が多いです。

そんな人におすすめなのが右手の片手打ちです。

注意点は、ウェッジを短く持って飛球方向と肩のラインを平行にすることです。

平行ラインを崩さないように打つだけですが、スライスが出ない人はこれができます。

腰の回転は使わずに手打ちをやると、身体が開かない感覚を覚えていくことができます。

身体が大きく開いていくのはインパクトの後なので、インパクトまでは手打ちでも良いのです。

右手の片手打ちで右胸をボールよりも後ろへ残す動きを覚えましょう。右手の片手打ち練習といっても、大きくスイングするだけです。

右手片手打ちで身体の開きを抑えることができれば、飛距離が伸びボールがつかまりスライスが出ません。

信じて練習してみてください。

同じ初心者ゴルファーの皆様いかがでしたか? つかまり過ぎても嫌ですが、スライスはそれ以上に嫌なものです。

それではまた。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >