意外と自分では気が付いていないかも? 空気を読んでラウンドしよう

getty

意外と自分では気が付いていないかも? 空気を読んでラウンドしよう

お気に入り

「自分は大丈夫」と思っている人はとくに、一度よく我が身を振り返ってみてください。

マナー違反はしていなくても、もう一緒にラウンドしたくないと思われているかもしれませんよ。

常識とは人それぞれです

常識とは人それぞれです

先日プロとラウンドしましたが、やはり上手い人は人間性も素晴らしかったです。

これはすべてのスポーツ選手がそうかもしれません。どうも奏son輝です。

プロとラウンドしてテンションが上がるのはわかります。いろいろ聞きたいこともたくさんあるでしょう。

しかしプレーが遅い人は、一緒にラウンドしたくないと思われています。本人はまったく気づいていないんですが、よく考えればわかることです。

ルーティンを守るのは大事です。でもそれが異常かどうかは、まわりの人が指摘してあげるべきです。

あきらかにおかしい場合というよりは、他の人より時間がかかっている時点で気づくべきです。

しかも、そういう人に限ってショットを曲げて、しっかり時間をかけて探し続けるのです。

そういう人に限って「後ろの組が打ち込んできそう」とか「休憩時間が短い」などと言いますが、原因はあなたです。

雰囲気を壊してはダメです

雰囲気を壊してはダメです

調子が悪いと明らかに不機嫌になったり、周りに当たり散らすような人は論外です。でも現実にはいるのです。

突然無言になったり、舌打ちしたり、イラッとしているのはみんなに伝わりますし、周囲の人も気分はあまり良くありません。

スコアが完璧で、失敗がないラウンドなんてありません。ミスが出るのがゴルフであり、それを最小限に抑えながらラウンドするのが醍醐味です。

ミスは仕方ないと割り切り、淡々とプレーし、周りを盛り上げる人が、かっこいいゴルファーです。

スコアが良くても、怒って周りに気を遣わせているようでは、スマートなゴルファーとは言えません。

空気を読む、そしてラインも読む

空気を読む、そしてラインも読む

getty

誰もが自分と同じ考えではありません。教えてもらいたい人と、教えてもらうのを嫌う人がいます。

その人の考え方、教える側の教え方にもよりますが、教えてもらいたいほうは自分から聞いてきます。

教えてもらいたくない人は、そもそもゴルフ以外でも、教えてもらうことを嫌がる人でしょう。

無理に自分から距離を縮める必要もないし、次第にラウンドする回数も減るでしょう。

お互い大人ですからその場の空気を壊すような真似はしなくていいでしょう。

同じ初心者ゴルファーの皆さん、大丈夫ですか? もしかして当てはまる可能性がある人いらっしゃいませんか?

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップA
GDOゴルフテック