連続素振り!体に覚えさせることの大事さを学ぼう

getty

連続素振り!体に覚えさせることの大事さを学ぼう

お気に入り

ビュンビュン連続で素振りをするやり方で体に染み込ませていきましょう。当然メリットがたくさんある良い練習です。

小さくそして速く

小さくそして速く

いまどき流行らない、体に染み込ませていく反復練習ですが非効率ではない気がします。

昔は1000本ノックたくさん受けてましたどうも奏son輝です。

一見無駄に思いますが、ボディーブロウのように効果が出てくる連続素振りは、切り返しとフォローで手首の角度が90度になるようにスイングします。

腰はほとんど動かさずヘッドの重みを感じながらスイングします。両足はカカトまでべったり付けたまま本当に手打ちの感覚で良いです。

ボールが右に出てしまう人は、ヘッドが効いておらずグリップが一緒にヘッドについていってしまっています。ボールがつかまらずヘッドスピードも上がりません。

連続素振りは何かのヒントに必ずなるはずです。

すべてリンクしていくはずです

すべてリンクしていくはずです

小さい連続素振りで覚えられることは、正しいアームローテーションやヘッドが走る感覚です。

個人的には、フェースがターンしてボールをつかまえる感覚が分かるようになりました。

少し前にも書きましたが、ボールが右に出る人やスライスする人、飛距離が出ない人の悩み解決につながるはずです。

またスイングの一番大切な部分を、身体の動きで覚えられます。ボールを打つよりもいい練習になるときもあるんです。

意外にベテランもやってる

意外にベテランもやってる

連続素振りのドリルは、初心者だけの練習ドリルではありません。経験豊富なベテランゴルファーだってスイングが崩れてくる場合があります。

こんなとき連続素振りをすると、スイングの矯正や動きの再確認もできます。ボールも打たなくて良いし場所も取らなくて良いし最高です。

形を細かく確認するのも大事ですが、体に覚えさせる感覚も大事になると思います。体に刻み込むリズムを一定にすることで馴染んでくるはずです。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。効率的な練習をしているつもりでも実は非効率なことをやっているかもしれません。

スコアと自分を見つめ直しましょう。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップA