風の強い日や曲げたくないときは、低い打ち出しで攻めていこう

getty

風の強い日や曲げたくないときは、低い打ち出しで攻めていこう

お気に入り

風の影響しない低い球で攻めていくことはスコアアップにも直結します。

高低のボールを打ち分けることでレベルアップにもつながっていくはずです。

風の影響

風の影響

弾道が高い球が悪いクセになりつつある今日この頃。冬になると風の影響を受けて自慢のドライバーで飛距離を稼げません。

どうも奏son輝です。

風の強い日は風の影響を受けないように低い球筋で攻めたいです。ドライバーでティーアップを低くし低い球を打つ方法もあります。

しかしティーアップを低くすると入射角が鋭角になり、スピン量が増えて逆に吹き上がって風に弱い球になります。

ティーアップは変えずに低い球を打ち分けていく方法を考えましょう。ティーアップを高くしても鋭角に打ち込めば吹き上がってしまいます。

少しだけ目線を変えて、ヘッドを水平に動かす意識を持ちましょう。フェースの下目に水平に当てると打ち出しの低いライナーボールになります。

あと、低い球を打つときのポイントは手先でクラブを低く動かそうとしないことです。

手先を使うとダウンで急激にヘッドが加速する原因になり吹き上がってしまいます。

やはり、いつも通り体の回転を使い、風が強くてもゆったり振る意識を持つことです。

逆転の発想ですが、強い風の日はいつもよりゆっくり振るイメージを持つとしっかりとフェイスの正面に当たり低い球が打てます。

ティーアップにも注意していこう

ティーアップにも注意していこう

先ほども書きましたが、ティーアップを低くする方法もありますがなるべく自分はティーの高さは変えたくないです。

ティーアップをいつも通りにしてティーを飛ばさないように打つのが効果的です。

ヘッドをボールの真横から入れて水平に動かす必要があります。結果的にティーは飛んでもかまいません。しかし飛ばさない意識を持つだけでヘッドは水平に動いてくれます。

だけど最も避けたいのは低く打とうとして上から打ち込んでしまうことです。その場合はアドレスで左ヒジをゆるめておきましょう。

左ヒジが突っ張っているとインパクトでヘッドが加速しません。フォローは低く長くヘッドを出さず左ヒジをたたんで手元を体の近くに引き寄せる意識を持ちましょう。

少しの意識だけで大丈夫です

少しの意識だけで大丈夫です

強くて低い球と打とうとすると体が左右にブレやすくなります。軸が左右にスウェイしないようにその場で回ることを意識しましょう。

特にドライバーの場合は、体の軸が右に若干傾いたアドレスになります。その角度を保ったまま体を回転させる。頭や体が左に突っ込まないように注意しましょう。

あと低いボールを打つポイントは、インパクトで体が伸び上がらないようにすることです。インパクトでボールに当てようとするほど手元は浮きやすくなります。

ダウンスイングで右ヒザが伸びないように意識しましょう。右足股関節に体重を乗せたままインパクトすると右ヒザは伸びにくくなります。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがですか。ほんの少しの意識で自分の選択肢は広がっていくはずです。

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH