新作発表!キャロウェイ Xフォージド スター アイアン

https://news.callawaygolf.jp/special/x-forged-star-2019/img/popup/PC_img3.jpg

新作発表!キャロウェイ Xフォージド スター アイアン

お気に入り

私の大好きなブランド「キャロウェイ」から新しいアイアンが発表されました!

Xフォージド スター アイアンです! 「STAR」ってかっこいいですね。

画像を見た瞬間は「去年出たXフォージドじゃん」と思ったのですが、ちゃんと見るとバックフェースの形が変わっており、少しキャビティの彫りが深くなったのかな? というのが最初の印象です。

公式サイト上で公開されている特長は、

①1ピース軟鉄鍛造ならではの打感

②ストロングロフトにより、軟鉄鍛造でありながら飛距離性能が高い

③低重心化による高弾道

④ヘッドサイズを従来のXフォージドより大きくさせ安心感がある

というものです。

詳しく見ていきます。

特長①② 打感と飛距離性能

従来の軟鉄鍛造アイアンは、ほとんどのモデルではロフトが寝ていて、飛距離性能を求めず、「狙った距離を打つためのアイアン」というものでした。

それが昨今、軟鉄鍛造アイアンでも飛距離性能を求めるプレーヤーが増えているそうで、このようなニーズに応えたアイアンとなっております。

確かに、見た目がかっこ良くて飛距離が出たら、まるでツアープロになったようで良い気分ですよね。

どれくらいストロングロフト化したかを見てみると、なんと7番アイアンでロフトが29度!

遂に軟鉄鍛造アイアンでも30度を切りました!

私のマイクラブの6番よりも立っています。

ロフトだけを見れば「そりゃ飛ぶだろう」となりますが、これだけ立っていて本当に球が上がるのかが心配です。

ちなみに、私は自分のポリシーとして4番アイアンまで入れておりますが、4番のロフトは20度です。

ヘッドスピードが50メートル/秒あれば球は上がりますかね。

打感の良さについては、現行のXフォージドと同じであれば秀逸と言えますね。

特長③④ 高弾道と安心感

「これだけロフトを立てて球上がるの?」と疑ってしまいますが、高弾道を実現するために低重心化を図っているそうです。

現行のXフォージドとバックフェースの形状が変わっていて、下のほうがより肉厚になっているように見えます。

タングステンが入っているとも書いていないですし、本当に球が上がるのかまだ疑っていますが、そこはアメリカでアイアンの売上No.1の会社ですから実現してくれているでしょう。

また現行のXフォージドに比べてフェイスサイズをアップしているそうなので、安心感を高めてくれているそうです。

思うに、ターゲットは中級者と見られます。飛距離性能と同時に安心感も求められているようです。

おわりに

写真を見てください。良い顔してますよね。あまりグースが効いていないのもグッドです。

これだけ良い顔をしているのに飛ぶって、反則です。技術の進歩は半端じゃないです。

まだ球が上がるかについては疑ってますが……。

今回のXフォージド スター アイアン、公式サイト上ではいろいろ特長は書いておりますが、テクノロジーについては触れられていないのが気になりました。

作り込みに自信あり! ということですかね?

シャフトは比較的軽めの設定(モーダス3 105とN.S.950 GH neo)となっております。

8月2日より試打ができるそうなので、早く試打したいですね。

7番で180ヤードくらい飛ぶのかな? そしたらPGAツアープロじゃん!

等々妄想しながら、楽しみにしてます!

お気に入り
ぽーりー

平均スコア90のど真ん中アベレージゴルファーです。 子育てでなかなかゴルフはできていませんが、 隙を見つけてはギアやレッスンの情報収集に熱が入ってます。 その中で「これは!」といった情報・体験を中心に発信し、 皆様のお役に立てればと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH