ティーショットですべてが決まる!?まずはティーショットの成功率を高めよう

getty

ティーショットですべてが決まる!?まずはティーショットの成功率を高めよう

お気に入り

ティーイングエリアの中であれば自分の好きなところに好きな高さに調整し打つことができるティーショット。

ここの成功率を上げていけば自ずとスコアは良くなります。

やはり1打目は大事

やはり1打目は大事

ティーショットでの引っ掛けにかなり悩んでいます。飛ばしたい飛ばしたいという気持ちは抑え切れずについつい右手を使い過ぎてしまいます。

右手の使い過ぎによるミスショットは、実はとても多いと聞きます。左手リードを意識することが飛んで曲がらないスイングを習得する第一歩です。

左手1本での素振りを軸にしたら、自然と左手主導でのスイングの感覚がつかめます。打ち急ぎから生じる振り遅れの予防にも効果的です。

実際に左手1本でティーアップしたボールを打ってみるのもいいと思います。実際にボールを打つ時はウェッジなどの短めのクラブで行ってみましょう。

アドレスの際に右手に力が入り過ぎていることも問題です。

ドライバーは左手の小指、薬指、中指の三本の指を軸に右手は添えるだけ、くらいの感覚で良いと思います。

getty

ドライバーを握る手にも意識したい点があります。

グリップする右手の親指と人差し指が大きく開かないようにすることです。2本の指の間が閉まってないと不安定になってしまいます。

右手の親指と人差し指の付け根のVの字が右肩の方を指すようにも気を付けましょう。ストロンググリップは無駄な力を入れることなく振り抜くことができます。また、フェースの開閉を少なくし、方向性を安定させやすくなります。

グリップを意識し過ぎると腕に力が入りがちです。腕に力が入ると飛距離が落ちてしまいます。

正しいグリップを無意識にできるようになることが、スライスやフックそしてチーピンといったあらゆる悩みを一番早く解決することができるでしょう。

丁寧に丁寧に仕上げていきたいところです。

大事? 体重移動

大事? 体重移動

飛ばそう飛ばそうと意識して体重移動をし過ぎている人は多いです。最近のヘッドの大きいドライバーは体重移動をそこまで必要としていないのです。

体重移動を控えめにし、腰の回転する力で振り抜くことが飛んで曲がらないショットにつながります。

良いスイングをすることで自然に体重移動はできてきます。

バックスイングで右足に体重をかけ過ぎるとダウンスイングの際に逆に左に大きく体重移動する必要が出てきます。

体重移動の左右幅が大きくなれば、打つタイミングがとても難しくなってしまうのです。

体重移動の幅は右股関節から左股関節までにし右に回転すれば自然に右股関節に体重が乗り左に回転すれば左股関節に自然に体重が乗ると考えましょう。

体重移動はあまり意識しないでスイングしてみましょう。

体重移動が気になる方はトップの時点で右股関節にフォローで左股関節にそれぞれ体重が乗っているか確認してみてください。

スムーズなスイングを意識しましょう。

スムーズなスイングを意識しましょう。

一つずつ見ていると意外と簡単なことですが、一度に意識すると頭が混乱します。しかし意識を忘れると普段のクセがついてしまうために改善にはなかなか難しいものがあります。

簡単に、まずは2、3個くらいに絞って直していきましょう。

左手のリードで振り抜くことと、グリップはストロンググリップにして体重移動は控えめにする。

これくらいからで良いのではないでしょうか?

練習場で何度も練習するのはもちろんコース当日の調整の際にも左手だけでスイングやグリップする手の位置関係の確認をしましょう。

ドライバーが安定し飛んで曲がらないショットが打てれば攻め方が有利になります。

パーやバーディーを狙える確率も高くなり今までよりもずっとおもしろくなります。

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


グリッジカップG