チャンスとピンチは表裏一体。最悪の場所を見抜いて攻めよう

getty

チャンスとピンチは表裏一体。最悪の場所を見抜いて攻めよう

お気に入り

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回のお話は、私が失敗したお話です。

チャンスの隣にはピンチもあるので、最悪の場所を見抜いて攻めるというお話です。

140ヤード

140ヤード

getty

少し前のラウンドレッスンの時のお話です。

グリーンセンターまで140ヤードのショートホール(パー3)でのことです。

私はその日ピン筋に打てていましたので、7番アイアン(7番で135ヤード打っています)で左サイドにあるピンに照準を合わせ打ちました。

打ち出されたボールは、ピンに向かいましたが、風の影響とつかまり過ぎたせいか軽いドローになりました。

グリーンの左は小さな崖になっていて、グリーンを外すと2メートルくらいの打ち上げになります。

この場面で一番打ってはいけない場所に打ってしまいました。

迂闊・油断

迂闊・油断

getty

調子の良い時に、油断や迂闊(うかつ)な心の緩みから、ミスが生まれピンチを招く。

今までに何度も経験したことなのに……。

その日は、方向性が良くピン筋に打てていた物ですから、何の躊躇(ちゅうちょ)もなくピンに打ち、結果大失敗をしました。

ピン筋から少しつかまり過ぎると、最悪の場所が待っている。

打つ時には、その最悪が見えていませんでした。

そういう時のミスは結果も悪くなるらしく、ボールは木の根っこにくっついていましたので、アンプレアブルです。

そのライからピンに対して2メートルの垂直に近い崖越えで、グリーンは下り傾斜です。

絶対に寄りません。

次の最悪のミスは、高さを出す時に起きやすいダフってしまうことです。

ダフればまたその壁を越える高さを出さなくてはならないショットになるので。

ここはグリーンに乗せることを最優先に考え少し大きめに、ピンより下5メートルにオンさせました。

2パットでダボです。

失敗が大きければそれだけ心に残る

失敗が大きければそれだけ心に残る

getty

ラウンドを終わってみれば、いつもと同じようなスコアで、好調なショットをスコアに活かせませんでした。

自分のことに集中していては生徒様のためのラウンドレッスンになりませんので、割り切っていますが、良い教訓になりました。

これからは、これと決めたショットを打つ時には、最悪の結果と最悪の場所を見極めて打つことを、考える習慣にします。

ピンを狙うなら、当たり前のことですが。

しかし、同じ失敗を何度も何度も繰り返してしまいます。

反省が大きければ大きいほど心に残るのかも知れませんので、しばらくあのミスを思い続けることにします。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

お気に入り
レッスンプロ・クラフトマン 河野

 私は、趣味が高じてプロにまで成ってしまいました。 それには、沢山の壁がありました。一つの壁を乗り越えると又絶壁のような壁に 当たり、「この壁は絶対に乗り越えられない」と思いながらもコツコツと地味に 練習をしていますと、或る日ヒントに遭遇します。 その繰り返しで小さな成功体験を重ねたおかげで、ハンデ0に成りアマチュアでは日本と言う試合にも出場する事が出来、倶楽部チャンピオンにも成れました。 今は、得た知識と技術を生徒様に出来るだけ分かり易く、レッスンすることが仕事です。 そして得た知識と技術で本も10冊程、楽天ブックス様にて出版させて頂きました。 https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%B2%CF%CC%EE%CF%C2%C7%B7&x=0&y=0   「ハンデ14からハンデ0までの軌跡」 http://460262.golsta.jp/add/1254804340264     レッスンプロ・クラフトマン 河野和之 http://www3.plala.or.jp/kkouno/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。