ウェッジのバウンス削ってみる?薄芝やベアグラウンド対策に!

getty

ウェッジのバウンス削ってみる?薄芝やベアグラウンド対策に!

お気に入り

こんにちは、ライターのとやです!

これまで冬の薄芝や、ベアグラウンドからのショットで、バウンスが邪魔してトップを連発したことってありませんか?

夏の芝が元気なときなら気にもならなかったはずなんですが、バウンスが地面に当たってヘッドが跳ね返ってしまうとトップを連発してしまいます。

夏でもベアグラウンドからのショットは十分考えられるリカバリーショットの1つです。

ウェッジのバウンスを削って薄芝やベアグラウンド対策してみませんか?

ウェッジのバウンスはプロも削ってる!

ウェッジのバウンスはプロも削ってる!

getty

実はプロゴルファーもウェッジのバウンスを削っていると言われています。

1打で大きく賞金額が変動するプロゴルファーは、ウェッジのバウンスを自分オリジナルにリメイクしているんですね。

アマチュアでウェッジのバウンスを削っている方は少ないかもしれませんが、実はプロゴルファーにとっては比較的ポピュラーなリメイクです。

大きくバウンスを効かせたいショットを打つときは通常のウェッジを、バウンスが邪魔になりそうなショットではバウンスを削って邪魔しないウェッジをチョイスしていけば、アマチュアでもバウンスを削るチューニングの恩恵を受けることができそうです。

バウンスが邪魔するライは、薄芝とベアグラウンド

バウンスが邪魔するライは、薄芝とベアグラウンド

getty

バウンスが邪魔するライで考えられるのは、薄芝とベアグラウンドです。

フェアウェイやラフでは芝の上にボールが乗っている感じなので、少々ボールの手前を叩いてもヘッドは潜ってくれます。

しかし芝の厚みがなくすぐに地面があるようなケースでは、ヘッドが地面に当たって跳ね返ってしまいます。するとヘッドが上に跳ね上がりトップ。

ウェッジを使うような場面ではグリーンに近いことが予想されます。そこでトップなんてしようものなら奥のOBゾーンへ一直線……なんて事態になる場合も。

ウェッジのバウンスを邪魔に感じているのならやってみる価値あり

ウェッジのバウンスを邪魔に感じているのならやってみる価値あり

getty

バウンスが邪魔しないウェッジは場面によっては使いやすいクラブになるでしょう。

そのため普段ほとんど使わないようなクラブがもしあるのなら、バウンスを削ったウェッジを増強するのも1つの手ですね。

特にグリーン周りやトラブルショットでの出番が多くなるはずなので、スコアに大きくかかわってくる場面でのショットになるはずです。

そんなとき信頼できる1本があると、気持ちも大きく変わりますよね。

バウンスが効いたバンカーでの頼れる1本。そしてバウンスがなくクリーンに打てる1本。それぞれを用意する選択肢もありですね。

ウェッジのバウンス 削り幅は自分好みにカスタマイズ

ウェッジのバウンス 削り幅は自分好みにカスタマイズ

getty

ウェッジのバウンスを削る幅は、思いっきり削り込んでしまっても大丈夫ですし、少しだけ削ることも可能。

それはすべて自分の「欲しい1本」を作り上げるためのカスタムなんです。

もしあなたが理想のバウンスのウェッジに出会えていないのならば、バウンスを削って世界に1本だけのあなた専用ウェッジを作ってみてもいいですね。

バウンスは工房でも削ってくれるところもありますし、自分でグラインダーで削る方もいらっしゃいます。

「ウェッジのソールが跳ねる!」と気になるゴルファーの方はバウンスを削って自分好みにウェッジをカスタムしてみては?

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >

次の記事

ウェッジのバウンス削ってみる?薄芝やベアグラウンド対策に!

カートに追加されました。


×
グリッジカップH
GN20190618-0722