シャンクが出たら右肩、右ヒザ、グリップを見直そう!

getty

シャンクが出たら右肩、右ヒザ、グリップを見直そう!

お気に入り

上手い人はシャンクが出ません。すべてにおいて修正点があるからミスが出るのです。シャンクを認めきちんと治して上達していきましょう。

いろいろ見直していきましょう

いろいろ見直していきましょう

ずっとずっと長い付き合いになりそうなシャンクです。自分の場合、飛距離が出てくるとかなり怪しいです。

どうも奏son輝です。

シャンクは上級者の証と言われたことがありますが違います。シャンクはスイングが悪いから起こってしまうのです。シャンク以外も出るはずです。

正しいスイングを身につけるために重要なポイントのひとつに、左手の引きつけもあります。

ゴルフは左手と右手の動きが違いますから、左手の動きを覚えないとダウンブローも覚えられません。

どうしてもシャンクが止まらない場合は、クラブを変えるという緊急処置があります。

距離が残っている時はアイアンではなくユーティリティを短く持って打ちましょう。

グリーン周りでシャンクが止まらない場合は、アプローチからパターに持ち替えるべきです。

バンカーだってパターで出すことができます。

まずはミスの種類からシャンクを外すことです。シャンクを打たないことで心を落ち着ければシャンク自体が治ることも珍しくありません。

すべて上向きになっていくはずです

すべて上向きになっていくはずです

ペチッという音と共にボールが右斜めに飛んでしまうのがシャンクです。何が起こっているかというとボールがホーゼルに当たっているのです。

シャンクが出るとフェースが開いていると思う人が大半だと思いますが、実はダウンスイングでクラブが外に振られることでボールがクラブフェースに当たらず、ホーゼルでとらえてしまっているのです。

クラブはなんで外に振られてしまうのでしょう。その理由は体の右サイドの突っ込みです。

ダウンスイングで右肩や右ヒザが前に突っ込んでしまうとクラブの軌道も外側に膨らみシャンクするのです。

シャンクが出始めたら右サイドの突っ込みに注意しましょう。胸を右に向けたまま振り下ろせば体が開きませんのでシャンクは出ないはずです。

焦らずに対処しましょう

焦らずに対処しましょう

右膝や右肩の他に、グリップにも原因があると思います。

ウィークグリップで握っている方ほど、アウトサイドインのスイングでフェースのネック寄りで打つことが多くなります。

知っているとは思いますが、フックグリップまたはストロンググリップが強くなってくると反対にインサイドアウトの軌道になり、フェースのトウ寄りにボールが当たるようになります。

先ほども書きましたが、ウィークグリップで握った場合はアドレスで右腕もしくは右肩が前に出て、両肩を結んだラインが左を向き過ぎてしまうことがよくあります。

この両肩を結んだ線というのはスイングの軌道に大きな影響を与え、両肩のラインに沿ってスイングしやすくなりますので、左を向いていれば必然的にアウトサイドインになります。

フックグリップの方は逆で、右肩を後ろに引いてしまうようになり両肩のラインは必要以上に右を向き、スイング軌道はインサイドアウトになります。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。シャンクを治せばすべて上向きになっていきベストも出せるはずです。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。