1人予約とオープンコンペでたくさん武者修行を積もう!

1人予約とオープンコンペでたくさん武者修行を積もう!

お気に入り

メンタルスポーツの代表的なスポーツであるゴルフですが、技術しかりメンタルも強化することは可能です。

1人予約を多用しよう

1人予約を多用しよう

なんでもプラス思考にできる人がうらやましい限りです。常にマイナスなことばかり考えています。

どうも奏son輝です。

メンタルを鍛えるには、上司からのイビリを軽くかわせるくらいの強靭な心臓を備え付けるか鍛えるかの2択です(笑)。

普段から気持ちの切り替えなどゴルフ以外での鍛え方ももちろんありますが、オススメは1人予約です。

知らない人同士で回るのでトラブルはないだろうかとかなり心配ですが、50回は1人予約でラウンドしましたが大きなトラブルはありません。

そしていつもの友人や会社の人同士じゃないというところに楽しさを感じ、メンタルも鍛えることができるということです。

メンタルだけでなくいつもと違う人と回る気遣いがありますので、エチケットやマナーを見られるし身につくはずです。

ミスを連発して迷惑をかけるかもしれない心配や、良い感じのプレッシャーもあり、新たな人間関係や自分の新たな力が生まれるチャンスでもあります。

ラウンドプレー人口が足踏みしているゴルフですが、意外に1人予約を利用している人は多いです。

メンタル強化も大事ですが、気軽にゴルフを楽しめて、何よりゴルフをやりたいと思った時の人数集めの苦労から解放されラウンドできるのはありがたいです。

オープンコンペに参加しては?

オープンコンペに参加しては?

次にメンタル強化に良いのはオープンコンペです。

魅力は何といっても賞品と緊張感ではないでしょうか。これは知り合いと同じ組でもラウンドできますが、自分はフリーでエントリーします。

たしかに賞品が豪華なイメージはあります。今までハワイ旅行なんかもありましたが、キャディバッグとかでもテンション上がります。

少し話は逸れましたが、メンタル強化で手っ取り早く修行できるのは、フリーでオープンコンペにエントリーすることです。

初顔合わせの緊張感と少しのミスも許せない、というかナアナアな関係性やラウンドはなくなります。

シビアにゴルフに向き合えるはずです。メンタル強化からプラス思考の脳に変えていきましょう。

動揺しない脳と身体作り

動揺しない脳と身体作り

メンタルの弱さが慎重さに直結するのがゴルフです。メンタルの弱さやネガティブさは簡単には克服できません。

性格を徹底的にマネジメントしメンタルの重要性を高めていく必要があります。

メンタルの弱いゴルファーは直感的に危険を察知する能力が欠けており、萎縮しビビり、その結果最後には諦めにつながる傾向があります。

上手い人はリスクを察知したら徹底的にハザードやバンカーを避けます。もちろん無理にピンを狙うのを避けいいスコアを出します。

今の自分ができることをきちんと管理し、自分を知り自分を貫き通すことがメンタル強化につながります。スコア安定のための大きな強みになることを自覚しましょう。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか。それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。