スイングの形を気にする前に、リズムとテンポを意識してみよう

getty

スイングの形を気にする前に、リズムとテンポを意識してみよう

お気に入り

「チャー・シュー・メン」みたいにタイミングを合わせる方法が幼き頃に流行りました。タイミング次第ではボールの行方も変わってくるはずです。

1つだけテーマを決めてラウンド

1つだけテーマを決めてラウンド

最近は形にこだわらず自分探しの練習をしています。100人100通りの形があることに気付きました。

どうも奏son輝です。

なかなか100を切ることができない時や、目標を達成しようとする時に何を改善しようかと考えるのがスイングの形だと思います。

先ほども書きましたが、スイングの形は人それぞれあり、力も違えば体の柔らかさも違います。

スイングの形を変える前に、まずはスイングのリズムやテンポを見直してみてはいかがでしょう。

スイングのリズムやテンポを一定にしていけば、自分なりの再現性を高めることが間違いなくできます。

以前書きましたが、再現性はゴルフではとても大切な要素で、高くなると芯をとらえやすくなって飛距離が伸びるし、精神的にもリラックスすることができます。

まず、自分に合ったリズムとテンポを見つけて、安定してスイングできるようになりましょう。

それだけでも、自分のクセや球筋が分かってくるはずです。

リズムとテンポ

リズムとテンポ

先ほど書きましたが、スイングは形を改善するよりもスイングリズムやテンポを改善していったほうが上達しやすいです。

形だけでスイングの形を変えようとすると、ただ漠然と頭に入れるしかありません。これでは成長どころか衰退していく一方です。

しかしリズムやテンポでスイングのタイミングをつかむと、スイングに自分の基準ができ、安定した動作そして安定した自分の球筋が出てきます。

人は自分が快適だと思うリズムが決まっています。私生活も普段の自分のペースでやっている時のほうが、よりよいパフォーマンスをすることができます。

ゴルフスイングも同じで、自分のリズムやテンポでスイングをすることができれば、変に力を入れることなくスイングすることができます。

自分に合ったリズムを見つけて、そのリズムやテンポを無意識に感じながらスイングの動作を習慣化させて再現性の高いスイングを作っていきましょう。

修正点を絞っていきましょう

修正点を絞っていきましょう

何度も言いますが、スイングが上手くいかない時はスイングの形を修正したくなる人が多いかもしれません。

スイングで大事なのは形だけではありません。プロもみんながみんな同じスイングフォームではありません。

形よりもリズムやテンポを見直していったほうが絶対に再現性の高い安定したショットができるようになり、弾道の安定性や飛距離が向上します。

同じ初心者ゴルファーの皆さん、練習をしてもなかな納得がいかないと長くお悩みのあなたも、リズムとテンポを意識してスイングを上達させていきましょう。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
フォーティーンDJ4bk_191209-200131
フォーティーンDJ4bk_191209-200131

カートに追加されました。