チーピンで悩んでいるのなら……まずはグリップを見直してみよう

getty

チーピンで悩んでいるのなら……まずはグリップを見直してみよう

お気に入り

左に打ちたい打ちたいと練習すれば右に飛びます。右に打ちたいと思えば左に飛んでいく。

教科書通りにやっているはずがなんでなんでしょうかね?

その日暮らしの修正方法

その日暮らしの修正方法

ゴルフコンペで優勝しましたが、スコア的にはいつも通りだし球筋もあまり変わりませんでした。運だけです。

なかなか理想通りのスイングフォームには近づきません。どうも奏son輝です。

運も実力と言いますがそうは思いません。スポーツは調子が落ちたりフォームが崩れたりということが付きものです。

特にトラブルが突然やってくるスポーツがゴルフです。さっきまでナイスショットを連発していたのに訳が分からなくなります。

最近の自分のミスは、フェースでしっかりとらえているのに左への引っ掛けが多発してしまう症状が出てしまいます。いわゆるチーピンです。

ラウンドの途中にいきなり理由も分からず突然左への引っ掛けが多発します。

どうしたらいいか分からずに修正しようと試みますが、いつも以上に左へ引っ掛けます。

改善しようと軌道を極端にインサイドアウトにしたりボールがつかまりにくい硬いシャフトのクラブに変えたりしますが後の祭りです。

ボールが左に出るということは、インパクトでフェースが強く閉じているくらいは分かります。原因を見つける糸口は今のところそれ以上ありません。

1つ1つ潰してはいくものの

1つ1つ潰してはいくものの

getty

原因を模索しながら考えることはたくさんあります。ラウンド中はできません。その日は一旦諦めます(笑)。

フェースの向きが確認しやすくボール位置が真ん中にくる7番アイアンで練習してみましょう。

アドレスを取りゆっくりバックスイングをします。さらにゆっくりインパクトまで持っていきます。確認事項があります。

フェースが強く左を向いていれば原因はグリップにあります。アドレスからバックスイングに向けて最初の形に戻っていないということは、アドレスと同じ形のインパクトに無理があるということになります。

自分も同じ部類ですが、この手のタイプの人はグリップの形が知らず知らずの内に変わってきていることが原因に挙げられます。

クラブを垂直に立てて強く握り込んでいることが多いんです。

前腕とクラブが直角になっている方です。アドレスをすると強いハンドファーストや強いフックグリップの形でアドレスすることになってしまいます。

これではアドレスの形にインパクトの形が戻ってきません。強くフェースが閉じて引っ掛けが起きてしまいます。

修正しようとインパクトの形でリーディングエッジを飛球方向へ向け直してみますが、違和感だけです。

ほんの少しの微調整

ほんの少しの微調整

getty

自分みたいに左への引っ掛けチーピンを修正するには、まずはグリップを見直してみましょう。

左手を前に伸ばし、クラブを垂直ではなく小指を支点にして少し前に倒した状態で握ります。右手を合わせアドレスをしてみてください。

アドレスをしてインパクトの形での強い違和感が解消されます。グリップが浅く怖いと感じる方もいると思います。

親指と人差し指でキュッと摘むように固定してあげるとかなり安定します。バックスイングからインパクトまでゆっくりクラブを動かし確認しましょう。

アドレスの形にフェースが戻ります。知らず知らずの内にグリップの形が変わってしまうことは実はよくあります。

同じ初心者ゴルファーの皆様いかがでしたか。ボールをとらえているのに左にしか飛ばない方はまずはグリップに注意です。

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG