タイガーのメモリー・オブ・メモリアル~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#123

getty

タイガーのメモリー・オブ・メモリアル~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#123

お気に入り

今週の米ツアー競技はジャック・ニクラウスが大会ホストの「ザ・メモリアル・トーナメント」です。

日本のファンには2014年、松山英樹が米ツアー初優勝を遂げたトーナメントとして馴染みがありますが、この大会はまた、タイガー・ウッズが得意とする舞台でもあります。

タイガーはこれまで大会最多の5勝(1999年~2001年の3連覇、2009年、2012年)をマーク。

今回は、大会6勝目、かつサム・スニードのツアー最多勝記録=82勝に並ぶ勝利が期待されています。

そこで今週は、タイガーへの期待がさらに高まる、「ザ・メモリアル」における彼のスーパーショットを振り返ってみましょう。

2009年ファイナルラウンド 11番パー5

上掲のYouTubeですが、タイガーのスーパーショットは1分26秒あたりからスタートします。

この年のタイガーは絶好調。メジャー優勝はありませんでしたが、年間6勝を挙げて、賞金王&フェデックスカップ・チャンピオンになっています。

この「ザ・メモリアル」は3日目を終えてトップと4打差の7位タイ。

そして、最終日はこの日のベストスコア=65をマークし、見事な逆転優勝を遂げたのでした。

その快進撃のラウンドを象徴するのが、11番パー5でのこのイーグル。

ラフからのダウンヒルというとても難しいアプローチ。ソフトなタッチで打ち出されたボールは、まさにカップに吸い込まれるようです。

1999年ファイナルラウンド 14番パー4

noimage

ツアー転向3年目の1999年は、タイガーが年間8勝(賞金王)を挙げたシーズンです。

その2勝目となったのが、この大会でした。

初日:68、2日目:66でトップに立つと、3日目も70の安定したスコアでトップを譲らず、最終日は69で、結局2位に2打差をつけての逃げ切り優勝でした。

さて、このシーンですが、ピンの奥はすぐ池ですから、これもソフトなタッチが求められます。

さすがのタイガーも……。

でも、さすがのタイガーなのです。

2012年ファイナルラウンド 16番パー3

最後は、今週多くのネットメディアでも紹介されているシーンです。

この大会史上一番のスーパーショットかも知れません。

2012年大会、タイガーが4打差を逆転して、大会5度目の優勝を引き寄せた一打です。

トップと1打差で迎えた16番パー3。タイガーのティーショットはグリーン右奥の深いラフの中。

そして、ピンの位置は、またもやダウンヒルで、奥に池! パーセーブも難しい状況からのミラクルショットでした。

マスターズで復活優勝を遂げたタイガー。得意のこの大会でどんなミラクルショットを見せてくれるのか。楽しみに見守ることにしましょう。

お気に入り
こせきよういち

かれこれ30年もフリーランスのライター稼業をやっています。活動のフィールドはゴルフ雑誌がメインですが、ゴーストライターとして単行本を執筆したり、某出版社の運営を手伝ったり、テレビ・ラジオのスポーツ番組の構成を手掛けたり……。昨年(2016年)はトランプ大統領をテーマにした単行本の一部執筆もしました(笑)。でも、目下一番忙しいのは、日々SNSにアップしているゴルフ関連の話題を収集する作業かな。ゴルフ界、スポーツ界がもっと元気になれるように、との視点から有益な、あるいは面白い情報を集め、発信しています。 Twitter: https://twitter.com/kohe46

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH