DJが快挙(?)達成!~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#122

getty

DJが快挙(?)達成!~世界のゴルフ界の面白情報を拾い読み#122

お気に入り

最近一番の話題といえば、やはりブルックス・ケプカが2連覇を果たした「全米プロ選手権」です。

ですが、ここで取り上げるのはそのケプカではなく、惜しくも2位になったダスティン・ジョンソンについて。

彼は、今大会である快挙を達成しました。

その快挙とは、「ランナーアップ・グランドスラム」。ランナーアップは準優勝のことですから、4大メジャーすべてで2位になること。

ダスティンはその史上8人目の達成者になったのです。

自虐動画で話題を呼んだウーストハイゼン

過去7人の顔ぶれは、クレイグ・ウッド(達成年:1939年)、アーノルド・パーマー(同64年)、ジャック・ニクラウス(同64年)、トム・ワトソン(同84年)、グレッグ・ノーマン(同89年)、フィル・ミケルソン(同2015年)、そしてルイ・ウーストハイゼン(同17年)。

ちなみに、グランドスラム達成のゲーリー・プレーヤーとタイガー・ウッズはともに全英オープンで2位になっていません。

もともと大きな話題になる記録ではありませんが、7人目のウーストハイゼンは17年の全米プロで達成後、帰りの機上で悔しい胸の内を歌に託し、その動画をSNSにシェアところ、ファンの間で大評判になりました。

ウーストハイゼンはアンドラ・デイのヒット曲「ライズ・アップ」を口パクで歌ったのですが、その歌詞の内容は、


あなたがメリーゴーラウンドのような毎日に、
打ちのめされ、疲れ果て、
闘う気力を失っても、
私はあなたのなかに闘志が見える。
私たちはやり抜けるわ。
山だって動かせる。

だから、私は立ち上がるの、
あの日のように。
立ち上がるの、
何も恐れるものはない。
立ち上がるの、
何度でも何度でも。
……

というもの。

この歌をダスティン・ジョンソンに捧げます。

6人目の達成者=ミケルソン

6人目の達成者=ミケルソン

getty

もうひとり、この歌を捧げたいのが、「ランナーアップ・グランドスラム」6人目の達成者=フィル・ミケルソンです。

彼が、何度でも何度でも立ちあがって目指しているのは、もちろん来月6月開催の全米オープンです。

全米オープンでは過去6度のランナーアップがありますが、優勝はまだなのです。

勝てば、本物の「グランドスラム」でも6人目の達成者になります。

舞台は彼が得意とするべブルビーチ。今年2月にはここで開催された「AT&Tぺブルビーチ・プロアマ」で圧勝したばかりです。

注目、期待しましょう。

ところで、先週の「全米プロ選手権」では71位タイに終わり、ファンの熱い声援に親指を立てて応えるシーンばかりが目立っていました。

でも、何事にもポジティブなフィルはそれをネタに、

「(今日の)ラウンドは期待したものではなかったけど、僕たちは記録を樹立した。今日は1397回もサムアップ(親指を立てるポーズ)をしたんだ」

だから、こうして親指の筋肉をクールダウンさせているんだ、とSNSに動画をシェア(下掲のインスタ動画)。

おかげで今回はニューヨークのファンに大モテ。大会でも群を抜く人気者のようでした。

お気に入り
こせきよういち

かれこれ30年もフリーランスのライター稼業をやっています。活動のフィールドはゴルフ雑誌がメインですが、ゴーストライターとして単行本を執筆したり、某出版社の運営を手伝ったり、テレビ・ラジオのスポーツ番組の構成を手掛けたり……。昨年(2016年)はトランプ大統領をテーマにした単行本の一部執筆もしました(笑)。でも、目下一番忙しいのは、日々SNSにアップしているゴルフ関連の話題を収集する作業かな。ゴルフ界、スポーツ界がもっと元気になれるように、との視点から有益な、あるいは面白い情報を集め、発信しています。 Twitter: https://twitter.com/kohe46

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人